新卒・第二新卒採用

私たちは、人と組織の変革(トランスフォーメーション)を支援する会社です。

今、私たちのビジネスを取り巻く環境の変化は驚くべきスピードで進行しています。DXやGX、AIなどの新しい潮流に上手く対応し、持続的成長を遂げるために必要なことは何か。

それは人と組織の変革だと考えます。

個人の才能と情熱を解き放つ「人の変革」。
組織文化をより良い方向に変える「組織の変革」。

私たちは、ビジネスゲームというテクノロジーを活用した人と組織の変革支援のプロジェクトを通じて、自走型の人材やチームへと変わっていくプロセスを伴走します。

ビジネスゲームを活用した研修の様子

目次

人と組織の意識を変える、ビジネスゲーム

変革(トランスフォーメーション)とは、さなぎから成虫へ自らの姿を変える蝶のように、これまでとは全く異なる新しい姿になることを意味します。

今、社会やビジネスを取り巻く環境変化は激流のようであり、その渦中にいる私たち(人や組織)は、様々な観点における変革に迫られています。

<変革の例>

  • 経済的価値と社会的価値の両立を目指す経営の実践(地球環境や社会のサステナビリティの観点における人と組織の変革
     
  • 組織の縦(経営と現場)と横(部門間)の共創的コミュニケーションの実現(経営と現場の一体化・脱セクショナリズムの観点における人と組織の変革) 
     
  • 多様な価値観・柔軟性のある働き方を前提とする組織の運営(画一的な価値観・硬直的な働き方を前提とした組織からの脱却の観点における人と組織の変革
     
  • 自分自身でキャリアを切り拓く意識の獲得(リスキリング・脱会社依存のキャリア形成の観点における人と組織の変革

 

ここで、皆さんにお聞きしたいことがあります。「人や組織が変革を行っていく上で、最も重要なことは何でしょうか?」という質問です。

ある人は「お金」が重要だと答えるでしょう。確かに、組織を運営していく上でお金はガソリンのようなもので必要不可欠です。また、ある人は「仕組み」が最も必要だと考えるかもしれません。組織を組織として成立させる上では仕組みや制度を整えることは極めて重要なので、これも説得力のある回答と言えます。

その上で、私たちは「人の意識を変えること」が最も重要であると考えています。

何か新しいことを成す上で、最初に必要になるものが本人の意識です。変革の意志が最初にあり、その先に、必要に応じてお金を調達したり、仕組みを整えていけば良いのだと思います。

意識を変えるとは、今まで無関心だったものに関心を持つことであり、これまでは不要だと思っていたことが必要なことなのだと気づくことです。そして何より、自分は無力ではなくて周囲に影響を及ぼすことができると思えるようになることが大切です。

こういった意識の変化が、変革の起点となり、変革を進める原動力になることを信じて、私たちは「人と組織の意識を変える」ビジネスゲームというツールを開発・提供しています。

ビジネスゲームの活用事例

組織のコミュニケーションを促進したい。
社員のサステナビリティの意識を高めたい。
自社の仕事内容に興味をもってもらいたい。
地域のカーボンニュートラルに関する関心を高めたい。

このような様々な目的において「人と組織の意識を変える」ツールとしてビジネスゲームを活用いただいています(下記はその一例です)。

ビジネスゲームとは

私たちは2010年の創業以来、200種類を超えるビジネスゲームを開発してきました。

私たちのビジネスゲームを活用した研修は、企業・官公庁・学校・国連本部等の様々な組織で実施され、これまでに20カ国・30万人以上の方々がビジネスゲームを体験されています。

ビジネスゲームとは、飛行機のパイロットが訓練を積む「フライトシミュレーター」のようなものです。ビジネスゲームでは、現実の世界における経済活動や社会活動のエッセンス(本質的要素)を抽出し、繰り返しトレーニングできるようにゲームとして表現しています。

私たちが開発するビジネスゲームは3種類に分類され、各分野において、プロダクトの優位性を築いています。

(1)自社商品としてのビジネスゲーム​

企画・開発・マーケティング・営業・納品の全てのプロセスを内製(自社の社員で対応する体制)にすることで、高品質なゲームをつくることにこだわっています。

良いゲームをつくることが、お客様の反響や口コミを呼び、マーケティング上の優位性を築きます(事実、私たちは新規開拓でテレアポをしておりません)。

The 商社のカード一覧
ビジネスゲーム「The 商社」

(2)パートナーと共同開発するビジネスゲーム

ビジネスゲームの第一人者として認知されている私たちには、企業から「一緒にこんなゲームをつくませんか?」という提案や要望をいただくことが少なくありません。

例えば、SDGsゲームとして最も有名な「2030SDGs」は一般社団法人イマココラボとの共同開発によって生まれています。

カードゲーム 「moritomirai(モリトミライ)」

(3)お客様の依頼を受けて開発するビジネスゲーム

ビジネスゲームが持つ「楽しくて、学びになる」という特長は、インターンシップの仕事理解コンテンツとの相性が良く、トヨタ自動車や日立製作所、アシックスやオムロンなどの大企業からのオーダーが多い傾向にあります。

ビジネスゲームが「仕事理解コンテンツ」として優れている理由は下記の通りです。

“企業理念や仕事内容を伝えること自体は会社説明会でもできることです。しかし、会社説明会では企業側から1Wayで発信するので良い所ばかり伝わってしまう懸念があります。学生側も「会社説明会の場でどんなことを聞いたら企業の本質が分かるのだろうか?」と悩んでしまうことが多いと思います。

実際の仕事内容が理解できるインターンシップをやる選択肢もありますが、大多数の学生全てにインターンシップをやるのは現実的ではありません。また、インターンシップで分かることは、あくまでも、その職場限定の仕事内容や風土です。

もっとトヨタ全体のことを俯瞰的に見ることができる機会を用意することが学生の企業選びの入り口では重要ではないか?

そんな思いから、学生のキャリア教育・就活支援に繋がるコンテンツ、トヨタという会社を短期間で俯瞰的に疑似体験できるコンテンツとして「Global Impact」や「One Professional」を御社と一緒に開発させていただきました”

参考:【事例インタビュー】「企業の本質を短時間で俯瞰的に理解し、自分に合ってるかを確認・納得したい」という学生のニーズに応えるためのビジネスゲーム(トヨタ自動車)

トヨタ自動車の仕事理解セミナーで用いられている「Hunt the future」

ビジネスゲームの強み

「授業や講義で学んだ知識はすぐに忘れてしまうが、経験の中で得た知識はしっかりと記憶に残り、体に染みついている」。

これは皆さんにも心当たりがあると思います。

「経験」には深い気付きや学びをもたらす力があり、それは、人の意識を変える力(変革の原動力)にもなり得るものです。

私たちのビジネスゲームでは、経験を起点に学習を進める「経験学習」の理論を応用することで、ビジネスゲームを経験する誰もが、自分たちが変革すべきことについての気付きや学びを得られるようになっています。

経験というものは本来は得難いものです(現実の世界では、活動の結果と経験を得るためには多くの時間と労力が必要になります)が、ビジネスゲームでは短時間で活動の結果と経験(成功体験や失敗体験)を得ることができます。

この「高速経験学習」こそが、ビジネスゲームの最大の特長です。

経験学習の理論を応用した「高速経験学習」

組織について

プロジェクトデザインでは、元行政職員や経営コンサルタント、メーカーの営業経験者、教員、エンジニアなど、多様なバッググラウンドのメンバー総勢30名が活躍しています。

オフィスは富山・東京・京都・福岡メンバーが全国各地に散らばっており、かつ、リモートワークで働く社員も少なくないため、社内のコミュニケーションはオンラインが主体です。

オンラインの場合、メンバー同士のコミュニケーションが希薄になるため、全員が集まる合宿を行う、毎月オンラインの全社会議を行う、オンライン会議の際は近況を共有し合うなどの工夫をしています。

なお、社内に上下関係は全くありません(経営層やマネージャー層が偉いという雰囲気はありません)。良い仕事をすることに焦点を合わせて、立場や役割の壁を越えて意見を交わせる風土があります。

社員紹介

募集要項

募集職種

コンサルタント

仕事内容

お客様からの問い合わせ・リピート・紹介に対応いただき、お客様との商談のアポイントを設定します(当社ではテレアポによる新規開拓は行っていません)。

また、商談ではこちらの商品を一方的に売り込むことはしません。お客様の課題に向き合う中で、その課題解決策としてビジネスゲームが適切である場合に、初めてご提案をします。

お客様の課題を明らかにし、その上で解決策を提案する。だからこそ、当社ではこの仕事に「コンサルタント」という職種名を付けています。

仕事のやりがい

お客様(社会や組織)の抱える課題は様々に異なるため、お客様に合わせた提案内容を企画することもコンサルタントの役割に含まれます。

単にビジネスゲームというモノを売るのではなく、お客様の課題を解決するソリューションとしてビジネスゲームを提案することは簡単ではありませんが、ここ(課題を解決する価値提供)に大きなやりがいがあります。

また、企業から「一緒にこんなゲームをつくませんか?」というご提案や要望をいただくケースにおいては、その企業とのパートナーシップのもとにビジネスゲームを共同開発していく上でコンサルタントに大きな裁量(※)が渡されます。

※ビジネスゲームの共同開発プロジェクトのリーダー(主担当)としてビジネスゲームの企画に関わることもできます。加えて、ゲームリリース後はプロダクトマネージャーとして、そのゲームを世の中に広める役割を担う機会もあります。

キャリアステップ

入社1年目は、上司となるマネージャーや先輩社員の指導のもとに、Webサイトの問い合わせ対応や商談の同席などの業務をお任せします。その後、業務の習熟度に応じて、顧客へのヒアリングや提案内容の検討などの高度な業務もお任せしていきます。

1年目から業務を1人で任せることはありません。その代わり、上司や先輩の仕事を間近に観察できるこの期間を活かして、お客様の話を徹底的に傾聴する姿勢や仕事に向き合うマインドを養うことを期待しています(もちろん、育成する側も皆さんの独り立ちに向けて最大限サポートさせていただきます)。

入社2年目以降は、単独でのコンサルティングもお願いする予定ですが、

  • プレイングマネージャー(コンサルタントとマネージャーの兼務)
  • ビジネスゲーム開発のスペシャリスト
  • 特定のビジネスゲームのプロダクトマネージャー
  • 研修講師(ビジネスゲーム研修を進行するファシリテーター)

など、ご自身の興味関心に応じたキャリアを歩むことも可能です。

応募要件

2025年新卒の方、または、第二新卒の方

歓迎要件

当社の求める人物像(下記)に当てはまる方を歓迎します。私たちは人材の多様性を重視しているため、特定の能力・志向性・経験などの要件は設けておりません。

求める人物像

  • 人や組織、社会の問題を解決する仕事に興味を持てる方
     
  • 誠実な方(自分を律することのできる人、約束を守れる人、相手の立場に立って物事を考えられる人、権利と義務・責任をセットで考えられる人)

雇用形態

正社員

勤務地

東京・富山・京都・福岡のオフィス勤務の他、リモート勤務も可能です(静岡や福井、千葉や神奈川で働いているメンバーもいます)。

  • 東京オフィス
    〒101-0065 東京都千代田区西神田2-5-9 HIビル4階
     
  • 富山オフィス
    〒936-0056 富山県滑川市田中新町25番地
     
  • 関西オフィス
    〒600-8357 京都府京都市下京区柿本町669-607
     
  • 福岡オフィス
    〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目18−33 博多イーストテラス 1F “Mol.t(モルト)”

勤務時間

9:00~18:00(休憩1時間)※勤務地によって異なる

働き方

本人の希望によっては週3日勤務や副業も可能です。

例えば、東京オフィスに勤務するコンサルタントの武井さんは入社4年目に山梨の魅力に惹かれて山梨に移住。プロジェクトデザインの業務とは別に、空いた時間を活用して地方創生に関連する活動をされています。

※基本的に、3年間は東京オフィスで勤務いただきます。その後は、好きな場所で働いていただくことも可能です(地元の地方創生に取り組んでいただけると嬉しいです)。

給与

月25万円(月給制)

昇給

年1回 ※人事評価による​

休日休暇

  • 年間休日125日(週休2日制・年末年始休暇・夏季休暇、慶弔休暇)
  • 有給休暇(10日~)​

待遇・福利厚生

  • 社会保険等完備
  • 育児休業
  • 交通費支給
  • 年間100万円の教育支援制度

選考プロセス

​書類選考→面接(2~3回)→内定

エントリーフォーム

Official Site

公式サイト

※ロゴをクリックいただくと公式サイトへ遷移します

Copyright © 2016 Project Design Inc. All Rights Reserved.