ホーム > お役立ち情報一覧 > 新入社員研修の検討マニュアル

新入社員研修の検討マニュアル

新入社員研修を検討する上で必要になる考え方やノウハウをご紹介します。

Contents(目次)

新入社員研修の目的

新入社員研修(新人研修)の第一義的な目的は、新入社員の即戦力化です。

その上で、新入社員が高い成果を上げ続けるための自律的成長と持続的成長の土台を作ることも新入社員研修の重要な目的に位置付けられます。

新入社員は「習うより慣れよ」が重要なのだから新入社員研修は必要ない。

そんな意見を耳にすることがありますが、それは新入社員研修に対して期待値が低いことの裏返しかと思います。確かに「習うより慣れよ」は一つの真実ですが、まっさらで吸収力のある新入社員には「習うことで早く慣れる」ポテンシャルがあります。

ゆえに、新入社員研修は投資対効果の高い取り組みである認識を持ち、自社の新入社員の即戦力化・自律的成長・持続的成長に資する新入社員研修プログラムを検討することを推奨します。

新入社員研修カリキュラムの3要素

新入社員の即戦力化・自律的成長・持続的成長を実現する新入社員研修のカリキュラム(プログラム内容)は3つの要素に分けることが可能です。そして、カリキュラムの設計の際は、どれか1つの要素に偏ることを避け、それぞれの要素のバランスを考慮することを推奨します。

1. マインド醸成

社会人の入り口に立ちながらも、どこか学生気分が抜けきっていない。そんな新入社員に対して「自分は何かをしてもらえて当たり前」という “お客様マインド” から脱却を促しつつ “社会人マインド” を醸成すること。

それが新入社員研修プログラムの一丁目一番地の目的です。

  • 自分から主体的に仕事に関わる
  • 周囲の期待に応えることを意識する
  • チームワークで仕事に取り組む

などの仕事に取り組む上でのマインド(意識)醸成に新入社員研修は最適です。

2. スキルアップ

社会人としてのスキルアップは配属先でのOJT(On the Job Training)や本人の努力に委ねられる部分が大きい一方で、新入社員研修の場でこそスキルアップすべきことがあります。

それは新入社員の配属後の成長スピードを加速させることに役立つ汎用スキルです。

G-PDCAサイクルやタスクブレイクダウン、タイムマネジメントやロジカルシンキングなどの基礎知識をインプットすることで、現場配属から戦力化までの期間を短くすることができます。

3. 関係構築

新入社員が周囲(部署の上司や先輩社員)とコミュニケーションを図り、仕事を円滑に進めるための関係性を築く上で、ビジネスコミュニケーションの基礎・ビジネスマナーは極めて重要です。

また、新入社員研修の中にチームビルディングに関するプログラムを盛り込むことで、新入社員同士の関係構築(横の繋がり作り)を後押しすることが可能になります。

私たちプロジェクトデザインは新入社員研修プログラムの3要素(マインド醸成・スキルアップ・関係構築)を組み合わせた研修プログラムをご提案します。

> 詳しく見る

新入社員研修のトレンド

「他社もやっているから」という理由だけで短絡的にトレンドに飛びつくのは危険ですが、トレンドを無視するのもお勧めできません。トレンド(流行りもの)には、それが流行るだけの理由があります。今、どのようなトレンドがあるのかを知ること、そして、そのトレンドを取り入れるべきか否かを検討することを推奨します。

1. オンライン研修

コロナ禍は企業のテレワーク導入だけではなく、人と組織のありとあらゆるコミュニケーションのオンライン化を急速に進めました。オンライン商談にオンラインセミナー。オンライン会社説明会にオンライン面接。もちろん、オンライン研修も例外ではありません。

ただ、そのような中においても、新入社員研修をオンライン研修形式で実施することに関しては、

  • 新入社員同士の交流が難しそう
  • 新入社員の人柄が分かりづらそう
  • 研修内容が伝わらなさそう

などの理由でオンライン研修の導入を見送るケースを見受けます。しかし、その懸念は杞憂に過ぎません。新入社員はオンラインコミュニケーション(オンライン授業やオンライン面接)に慣れた世代であり、私たちが想像する以上にオンライン研修に難なく順応します。

また、近年は「Zoom」や「Microsoft Teams」に代表されるオンラインコミュニケーションツールの発展が目覚ましく、これらのツールの使い方次第で、オンライン研修でも “対面研修と遜色のないレベル” の研修を実現可能になっています。

以上の背景を踏まえると、新入社員研修の実施形式についてはオンライン研修がスタンダードである認識を持つことを推奨します。

私たちプロジェクトデザインではオンライン版のビジネスゲームを活用したオンライン研修をご提供します。

> 詳しく見る

2. メンタルヘルス

現代社会はストレス社会であり、いつ・誰が心の病になっても不思議ではありません。事実、厚生労働省によると、心の病気で病院に通院や入院をしている人は国内で約420万人にのぼると言われています。

そのような状況において、テレワークという名の孤立環境で働く機会が増えたビジネスパーソンには、これまで以上にメンタルヘルス(心の健康)のケアが必要になるであろうことは明らかです。

ゆえに、これからビジネスパーソンとして歩み始める新入社員に対してメンタルヘルスの処方箋となる知識を伝えること、つまり、メンタルヘルスについて学ぶプログラムを新入社員研修に導入することには大きな価値があります。

私たちプロジェクトデザインでは健康と業績の連動・関係の質・健康投資の重要性を学ぶことが可能なビジネスゲーム「健康経営ゲーム」をご提供しています。新入社員のみならず、新入社員を管理する立場にある社員の方々にもお勧めです。

> 詳しく見る

3. 体験型研修

近年は、座学型研修との対比で体験型研修が注目を浴びています。

研修講師による講義を主体とする座学型研修では研修受講者の学習態度は受け身になりがちです。受け身の態度は集中力や学習意欲の低下を招き、学習内容研修の学び)の理解が浅いレベルに留まり、学習内容を実務に活かすことが難しいと言われます。

座学研修と言っても研修受者自らが身銭を切って学ぶケースであれば主体的な学習態度を維持できますが、新入社員研修は企業が強制力を持って受けさせる研修です。研修受講者の学習態度は受け身になりがちであると捉える必要があります。

この座学研修の学習効果の問題を解決する一つの研修手法に体験型研修が位置付けられます。体験型研修では研修受講者自らが自身の頭と体を動かす体験を通じて、主体的な学習態度を作り、集中力や学習意欲を高め、学習内容研修の学び)の理解を深めることで、学習内容を実務に活かしやすくする効果が期待できます。

また、体験型研修ではゲーム(やグループワーク)を実施する際に研修受講者同士のコミュニケーションが発生するため、互いの親睦を深める効果も期待できます。新入社員研修で関係構築(同期間のネットワーク構築)をする上でも体験型研修はお勧めです。

体験型研修のツールとしてお勧めなのがビジネスゲームです。私たちプロジェクトデザインが提供するビジネスゲームではゲームとしての楽しさと学習効果を高めることを両立する点に大きな特長があります。

> 詳しく見る

4. DX(デジタルトランスフォーメーション)

DXの推進には経営層や管理職、DX推進の中核社員などの限られた層・メンバーがコミットするだけでなく、新入社員を含めた全社的な取り組みが必要不可欠です。

新入社員に対してDX研修を実施する場合、そのプログラム内容は各社のDX推進の戦略や体制次第です。

ただ、比較的に時間的猶予があり、かつ、良い意味で(業務経験がないがゆえに)先入観の少ない新入社員だからこそ、DXについて集中的に深く学ぶことができ、それぞれの配属先部署でDX推進のハブ(結接点)として活躍する。

そんな重要な役割を担うことも可能です。

新入社員の育成スケジュール

新入社員の即戦力化の観点では「新入社員研修を4月の入社式後に一定期間実施して終了」ではなく、長期の視点で計画的に新入社員を育成することが推奨されます。

~4月:管理職・リーダー研修

新入社員研修は「新入社員の育成」という大テーマの中では脇役に過ぎません(役割は限定的です)。主役は配属部署の管理職やリーダーによるOJTであり、OJTをする側の彼・彼女に対して部下育成のノウハウや心構えを伝える研修が重要です。

4月:新入社員研修

4月1日の入社式直後からスタートする新入社員研修ではビジネスパーソンとしての基礎を総合的に学ぶ研修がお勧めです。また、この時期の新入社員研修には同期の親交を深めるという重要な役割もあります。

新入社員同士のネットワーク(人脈)形成を研修がサポートすることで新入社員が会社に早いタイミングで馴染めるようになります。ゆえに、4月の新入社員研修にはチームビルディングに役立つ研修プログラムを盛り込むことをお勧めします。

5月~8月:OJT

新入社員研修で学んだ新人が、配属直後に即戦力になるケースはほとんどありません。上司や先輩社員のOJTのもとに研修での学びを現場で実践することを通じて、新人は徐々に力をつけていきます。

新人へのOJTを含めた部下育成の方法は様々に考えられますが、上司とは別に、新入社員をサポートする役割を担う「メンター」をアサインする手法は新入社員のメンタルヘルスのケアにも繋がるという意味でお勧めです。

9月~10月:新入社員のフォローアップ研修

この時期は新人の間で「成果の程度」や「成長速度」に個人差が現れてくる時期です。

このタイミングで一度OJTの現場から距離を取り、研修の場で新入社員研修の学習内容がきちんと定着しているかを確認する、あるいは、より実務に即したスキルアップ重視の研修プログラムを実施することが推奨されます。

新入社員研修の課題と解決策

これまでは新たに新入社員研修を検討される方向けの内容をお届けしてきましたが、ここからは新入社員研修の課題が明確な方向けの情報をお届けします。

【課題】どうやって研修への主体的参加を促すか?

新入社員研修は、新人(新入社員)にとっての初仕事とも言えるものであり、緊張感を持って研修に臨む新人が多いものです。ただ、緊張感を持っているからといって研修に主体的参加をするわけでもありません。

新人が新入社員研修に主体的参加をしづらい原因は幾つか考えられますので、その理由に当たりをつけて、適切な対策を講じることを推奨します。

<原因と対策例>

  1. 原因:自身の役割の認識が不足している
    対策:研修の目的(研修の到達目標)をしっかりと伝える
  2. 原因:知らない人ばかりの環境に戸惑っている
    対策:新人同士が互いに打ち解け合えるゲームやワークショップの実施
  3. 原因:研修カリキュラム自体がつまらない
    対策:研修カリキュラムに主体的参加を強制する仕組みを埋め込む(例:座学形式の研修が多い場合、適度に体験型の研修を挟む)

【課題】現場で早期活躍できるための研修カリキュラムをどのように考えるべきか?

新入社員研修は(何か特段の理由のない限りは)例年と同じ内容で実施するケースが一般的です。これは合理的なやり方ではありますが、長い期間で見ると、当時設計した研修カリキュラムが時代遅れになってしまっているリスクを孕んでいます。

労力はかかりますが、配属先部門へのヒアリングを通じて、来年度の新人がどのようなスキルやマインドを身に付けるべきなのかを検討することが推奨されます。

また、配属先部門のヒアリングでは「相手が答えを持っていない」ことも起こります。そういった際には、本記事でもご紹介している新入社員研修のトレンドを踏まえながら、一緒に新人のあるべき成長の姿を議論・対話することが大切です。

新入社員研修のFAQ(よくある質問)

Q. 新入社員研修の内製化・外注の判断基準はどう考えれば良いのでしょうか?

研修を内製化すべきかどうかは下記の問いをもとに考えることをお勧めします。

  1. 学習内容が自社の競争優位・差別化に繋がる知恵や技術に関する場合は内製化
  2. 学習内容が最新の考え方や知識に関する場合は外注
  3. 学習内容がコモディティ化しており、コストダウンに繋げられるものは内製化

競争優位を築く土台となる組織のDNAを新入社員研修で学ぶ場合は内製化が良いです。新入社員研修の場でSDGsやD&I(Diversity and inclusion)などの新規性の強いテーマを学習する際には社内にノウハウがないことが想定されるので外注をお勧めします。

その上で、新入社員研修の学習内容のメインはビジネスの基礎になることを考慮すると、一般的には内製化が推奨されます。

もちろん、研修の実施規模(参加人数)や社内の研修講師体制などを踏まえて外注した方がコストダウンになる場合は外注が良いでしょう。ただし、単年度では外注の方にコストメリットがある場合でも、2~3年間のコストを見据えて今から内製化に取り組む判断は合理的です。

Q. デジタルネイティブ世代と呼ばれる今の新入社員にもPCスキルを身に付けるプログラムは必要なのでしょうか?

今どきの若者はインターネットが当たり前の世の中で育ってきた世代ですが、彼・彼女らが慣れ親しんでいるのは「インターネットで情報を調べる」「SNSでコミュニケーションする」「スマートフォンアプリを使う」などの消費者側の行動であり、エクセルやワードを使う生産者側(ビジネスサイド)の行動とは乖離があります。

もちろん、大学生の場合はゼミ活動や卒業論文執筆などでPCスキルを身に付ける機会もありますが、それは10年前・20年前から変わりません。

よって、デジタルネイティブ世代と言われる今の新入社員にも基本的なPCスキルを身に付けるための機会は必要であると思われます。

監修者プロフィール

亀井 直人

鳥取県立鳥取東高等学校卒業、福岡工業大学情報工学部情報通信工学科卒業。SE(インフラエンジニア)として長く経験を積む。プロジェクト遂行におけるチームのパフォーマンスを引き出すためにファシリテーション技術の習得・実践を続ける。特定非営利活動法人日本ファシリテーション協会では役員(2016年~2021年理事、2019年~2021年副会長)を務める。富士ゼロックス福岡在籍中にSDGsとビジネスゲーム”2030SDGs”に出会う。ビジネスゲームが持つ力の素晴らしさに触れ、2020年に研修部マネージャーとしてプロジェクトデザインに合流する。博多駅前”fabbit hakata ekimae”に福岡オフィスを構え、関わり合う方々との対話を楽しみにしている。鳥取県鳥取市出身。蟹と麦チョコが大好き。

  • 経済産業省認定情報セキュリティスペシャリスト
  • PMP(Project Management Professional)
  • NPO法人 SDGs Association 熊本 監事
  • Facebookアカウントはこちら

ビジネスゲーム体験会

ビジネスゲームは体験型の研修ツールです。お客様自身が参加者としてビジネスゲームを体験いただくことで、その本質的な価値を理解することができます。是非、ビジネスゲーム体験会にお越しください。

Contact Us

サービスの見積り依頼や相談は
お気軽にお問い合わせください。

会社案内や各種サービス資料は
資料請求をご活用ください。