地域共生社会

ビジネスゲーム「地域共生社会」カード一覧

「地域共生社会」は行政・医療・介護・福祉・教育に関わる方、地域課題に向き合う方にお勧めのビジネスゲームです。

当事者意識・SDGsと地域共生の関連性を理解し、住民1人1人が生きがいを持って暮らせる地域社会について考える機会をご提供します。

※「地域共生社会」は厚生労働省と慶應義塾大学からの依頼を受け、特定非営利活動法人issue+designとの共同開発によって生まれました。

「地域共生社会​」のコンセプト

当事者意識

少子高齢化に伴う社会保障費の増大により、これまで人々の暮らしを支えてきた社会システム(公的支援基盤)のアップデートが必要とされていますが、それは容易ではありません。

例えば、コロナ対策は国や自治体・エッセンシャルワーカーの尽力に加えて、国民1人1人の主体的な行動(三密回避やマスク着用)があってこそ感染の抑え込みに成功しました。このように、社会全体で大きなことを成し遂げようとするならば、他者に頼るのでなく、1人1人の意識変革と行動が重要です。

「地域共生社会」では1人1人が地域でできることを自ら行う当事者意識を身に付けることを重視しています。

SDGsと地域共生の関連性

地域共生の取り組みを通じて解決すべき貧困や健康・福祉の課題はSDGsのゴール(17の目標の1番・3番)と一致します。

「地域共生社会」ではゲーム中に自身や他者が疾病・障害・貧困の状態になる疑似体験を通して、支援の大切さ(SDGsの理解・実践にも通じる考え方)を理解します。

「地域共生社会」とは

「地域共生社会」は参加者が架空のまちの住民として10~60人のチームを組み、市民・事業者(医療・介護・福祉従事者)・行政などの役割に分かれて12年間で様々なアクションに取り組みながら、自分を含めた住民全員が誰も取り残されずに “自分らしく生きがいを持って暮らすこと” を目指すビジネスゲームです。

自分らしく生きがいを持てている度合いはWP(Well-Being Point)という指標で示され、このWPを上げていくことが1つの目標となります。ゲームの中では現実世界同様に様々なライフイベントが起こり、新たな出会いや出産などでWPが上がることもあれば、自分や家族の病気・別離などでWPが下がり、疾病・障害・貧困状態になることもあります。

「地域共生社会」では、自分が元気な時はアクションを実行してWPを上げられても、ひとたび疾病・障害・貧困状態になると1人で(他者の助けなしで)そこから抜け出すのは難しいこと、自分が幸福な時は他者が困っている状況に気づきにくいこと、他者のWPを上げて助けるのが難しいことに気付きます。

この「地域共生社会」を通してお伝えするのは、次の2つです。

1つ目は当事者意識。

日本は世界でも稀に見る少子高齢化に伴う社会保障費の増大により、これまで人々の暮らしを支えてきた社会システム(公的支援基盤)がキャパオーバーになりつつあります。アップデートが必要とされていますが、容易ではありません。

例えばコロナ対策は、国や自治体・エッセンシャルワーカー(医療・福祉・保育、運輸・物流、小売業などの生活必須職従事者)に任せるだけでなく、国民1人1人の主体的な行動(三密回避やマスク着用)があってこそ感染の抑え込みに成功しました。

このように、社会全体で大きなことを成し遂げようとするならば、他者に頼るのでなく、1人1人の意識変革と行動が重要です。「地域共生社会」では、1人1人が地域でできることを自ら行う当事者意識を身に付けることを重視しています(それにより、周囲の人を巻き込んで社会システムのアップデートに働きかけていくことができます)。

2つ目はSDGsと地域共生の関連性。

地域共生の取り組みを通じて解決すべき貧困や健康・福祉の課題はSDGsのゴール(17の目標の1番・3番)と一致します。これらの課題を解決する上で大切なことは、地域に住む人が世代・分野・制度を超えて繋がり、支え合う環境を作ることです。それが、医療や行政の負担を減らし、1人1人の暮らしと生きがいを実現する地域作りに繋がります。

「地域共生社会」では、ゲーム中に自分が疾病・障害・貧困により行動できなくなる、あるいは、自分は元気でも周りにいる誰かが疾病・障害・貧困に苦しみ、取り残されてしまっている状況を体験します。そして、これらの体験を通じて、自分が周りに目を向けること・必要に応じて支援すること・自分が困っていたら1人で抱え込まずに助けを求めることの大切さ(SDGsの理解・実践にも通じる考え方)を理解します。

「地域共生社会」の振り返り

ビジネスゲーム実施後は、学習効果を高めるための振り返りを行います。

※上記の振り返りスライドの内容は一例です。

導入事例

富山県滑川市の滑川市社会福祉協議会にて実施させていただいた「地域共生社会」の組織内研修のレポートをお届けします。

詳しく見る

料金プラン

対面版のビジネスゲーム
「地域共生社会」

参加人数:10~40人 / 研修時間:3~4時間
¥ 200,000~
  •  
料金プランの詳細は、サービス紹介資料にてご案内させていただいております。

研修実施の流れ

(1)お問い合わせ

研修実施日の2カ月前のお問い合わせを推奨します。スケジュール調整や研修準備にご協力いただける場合は最短2週間での研修実施も可能です。

(2)ご提案

ご希望の研修内容や期待する研修効果をお聞きしながら、貴社に最適な研修プログラムをご提案します。

(3)研修準備

ご提案内容に納得いただき、弊社にて研修申込を確認次第、研修準備に着手いたします。

(4)研修実施

弊社より派遣させていただく講師の主導で研修を実施します。

ビジネスゲーム研修
ラインナップ

  • 数あるビジネスゲームの中から自社に合うビジネスゲームが何かを知りたい
  • 自社が抱える組織課題に対してビジネスゲームでどんなことが出来るのかについて情報交換したい

そんな場合は、お気軽にお問い合わせください。

The 商社

「The 商社」は新入社員・次世代リーダー・管理職・経営層などの全てのビジネスパーソンにお勧めのビジネスゲームです。

 > 詳しく見る

The Team

「The Team」は上司と部下という立場の違いがあるからこそ起きる矛盾や問題、チームワークの違いをゲーム体験を通じて伝えるビジネスゲームです。

 > 詳しく見る

The Shop​

「The Shop」はBtoCビジネスを展開されている企業の方にお勧めのビジネスゲームです。店舗経営者・店舗リーダーの方に対して戦略・計数能力・状況を打開する創造性を身に付ける機会を提供します。

> 詳しく見る

The Engineers​

「The Engineers」は就活生・内定者・新入社員に対して技術職や研究開発職に必要な能力と新たに何かを生み出すゼロイチ(0→1)の面白さを伝えるビジネスゲームです。

 > 詳しく見る

The Manager​

「The Manager」は次期マネジメント層として活躍されたい方・経営陣にアドバイスする職種の方(コンサルタントや士業など)にお勧めのゲームです。

 > 詳しく見る

The 財務諸表

「The 財務諸表」は現場の管理職やマネージャーにお勧めのビジネスゲームです。財務諸表を読み解く力の構成要素となる、コストとリターンの視点・B/SとP/Lの関連性・分析力を身に付ける機会を提供します。

 > 詳しく見る

Fortune Map

「Fortune Map」は資産運用を始めたい方・金融商品を扱う方(ファイナンシャルプランナー・保険外交員・不動産業など)にお勧めのビジネスゲームです。

 > 詳しく見る

The 介護​

「The 介護」は介護施設の運営会社や介護施設向けのサービスを提供する企業にお勧めのビジネスゲームです。

 > 詳しく見る

人事制度ゲーム​

「人事制度ゲーム」は人事制度に関わる方や人事制度の社内浸透を進めたい企業にお勧めのビジネスゲームです。

 > 詳しく見る

健康経営ゲーム​

「健康経営ゲーム」は経営層や健康経営を推進する立場の方にお勧めのビジネスゲームです。健康と業績の連動・関係の質・健康投資の重要性を理解し、健康経営を促進する機会を提供します。

 > 詳しく見る

働き方改革ゲーム​

「働き方改革ゲーム」は働き方改革を推進したい組織や社員のエンゲージメント向上を図りたい企業にお勧めのビジネスゲームです。

 > 詳しく見る

2030SDGs​

「2030SDGs」はSDGsの導入・浸透を図りたい組織にお勧めのビジネスゲームです。SDGsの本質・トランスフォーム(変容)の重要性を理解する機会を提供します。

 > 詳しく見る

SDGs de 地方創生​

「SDGs de 地方創生」は行政やまちづくりに関わる方・地域理解を深めたい企業にお勧めのビジネスゲームです。

 > 詳しく見る

SDGsアウトサイドインカードゲーム​

「SDGsアウトサイドインカードゲーム」はSDGsを企業活動に取り入れたい方・新規事業の創造に関心のある方にお勧めのビジネスゲームです。

 > 詳しく見る

地域共生社会

「地域共生社会」は行政・医療・介護・福祉・教育に関わる方、地域課題に向き合う方にお勧めのビジネスゲームです。

 > 詳しく見る

ビールゲーム Online​

「ビールゲーム Online」はコミュニケーション・報連相の不足によるチーム力の低下(テレワーク時代ならではの組織課題)を解決するビジネスゲームです。

 > 詳しく見る

The Action!~SDGsカードゲーム~

「The Action!~SDGsカードゲーム~」はSDGsの概念を理解し、私たちの生活や仕事の近くに潜む社会課題を実感し、よりよい未来に向けて1人1人がアクションを起こす大切さを自覚するビジネスゲームです。

 > 詳しく見る(外部サイトにリンクします)

「CHANGE FOR THE BLUE」カードゲーム

「CHANGE FOR THE BLUE」カードゲームは海洋ゴミ問題について考えるゲーム型のアクティブラーニング学習教材です。小学生高学年から中学生向けの授業でご利用いただけます。

 > 詳しく見る

サステナブルチェーン

「サステナブルチェーン」はサステナブルなバリューチェーンを再構築したい企業や、商売の原理原則やマーケティング思考を社員にインプットしたい企業にお勧めのビジネスゲームです。

 > 詳しく見る

ビジネスゲーム体験会

ビジネスゲームは体験型の研修ツールです。お客様自身が参加者としてビジネスゲームを体験いただくことで、その本質的な価値を理解することができます。是非、ビジネスゲーム体験会にお越しください。

Contact Us

問い合わせ

お問い合わせ

お見積り依頼の他、ちょっと知りたい・聞いてみたいことへの相談にも対応させていただいております。是非、お気軽にお問い合わせください。

<相談内容の例>

  • 数あるビジネスゲームの中から自社に合うビジネスゲームが何かを知りたい
  • 自社が抱える組織課題に対してビジネスゲームでどんなことが出来るのかについて情報交換したい
  • ビジネスゲームの共同開発について興味があるので少し詳しい情報を提供してもらいたい
資料請求

私たちプロジェクトデザインの会社案内やビジネスゲームのサービス紹介資料をダウンロード可能です。興味のある資料をお気軽にご利用ください。

<ダウンロード資料の種類>

  • 会社案内資料(収録内容:ビジネスゲームとは/プロジェクトデザインの強み/ビジネスゲーム一覧/私たちがお応えできるニーズ等)
  • サービス紹介資料(収録内容:ゲーム概要/コンセプト/学習効果/活用例/料金プラン等)