ブログBLOG

【10月12日オンライン開催】ビジネスゲーム研修「The Engineers Online」体験会


「The Engineers」のオンライン版である「The Engineers Online」の体験会のご案内です。

「The Engineers」とは(ゲーム概要)

「The Engineers」は、就活生や内定者、新入社員向けに、技術職や研究開発職に必要な能力と、新たに何かを生み出すゼロイチ(0→1)の面白さを伝えるツールです。

「The Engineers」では、参加者が1つの会社のメンバーとして3~6人のチームを組み、顧客や市場が求める新商品を開発することで、利益を得ながら会社を発展させていきます。そして、最終的に保有する資金が最も多いチームの勝利となります。

参加者は自チームが保有する技術(技術カード)を組み合わせることで新商品の開発にチャレンジしますが、ただ闇雲に組み合わせるだけではチャレンジが成功する確率は極めて低くなります。

商品開発のヒントになる技術情報や顧客のニーズ情報(情報カード)を分析しながら、何らかの根拠を持って「どの技術とどの技術を組み合わせれば、何が生まれるのか」ということを考える必要があります。

ただし、新商品は顧客のニーズから生まれるものばかりではありません。

技術の組み合わせから新技術を生み出し、その新技術から画期的な新商品が生まれることもあれば、元素の周期表に代表されるように「特定の法則」に従って生み出される新商品も存在するため、参加者の仮説思考力やロジカルシンキング力が試されることになります。

また、ゲーム内では資金を使うことで「研究」を行い、新たな技術カードを取得することも可能です。商品開発によって得た利益(資金)をどのように研究に投資していくのか? 研究し、商品開発し、資金を回収し、また研究をする。「The Engineers」をプレイすることで、技術職や研究開発職を志す方々に必要な予算感覚を培うことができます。

なお、技術職や研究開発職を志望する方々に「The 商社」をプレイいただくと、自由度の高いルールに戸惑い、上手くコミュニケーションできない状況に陥ることがありますが、彼・彼女らにコミュニケーション力が不足しているかと言えば、そうとは限りません。

技術職や研究開発職に必要なコミュニケーション(何らかの仮説を基に議論すること)が求められる「The Engineers」のプレイ環境において、彼・彼女らは、雄弁に語ることができます(コミュニケーション力を発揮します)。

このように、「The Engineers」は技術職や研究開発職に必要な能力を試す・学びを得る機会として活用いただけます。

「The Engineers」のコンセプト

仮説思考・ロジカルシンキング​

商品開発や研究開発の仕事では、専門性とは別に、仮説を立てて法則を見つける力や、ロジカルに結論を導く力が必要とされます。「The Engineers」では、これらの能力を発揮することの必要性を伝えます。

予算感覚​

研究開発や商品開発に携わる者が心得るべきは「予算あっての研究開発・商品開発」であるということ。限られた予算の中でどのように商品やサービスを開発してお金を得るのか、そのお金をどう投資するのか? 「The Engineers」では、予算感覚を持つことの重要性を伝えます。

コミュニケーション​

コミュニケーション力の定義は職種毎に異なります。技術職や研究開発職のコミュニケーション力は、自分の仮説や考えを基にした議論をできるかどうかによって測ることが可能です。「The Engineers」では、技術職や研究開発職に必要なコミュニケーション力を試す機会を提供します。

「The Engineers」の活用例

インターンシップ ×「The Engineers」

「The Engineers」は技術者としての心構えや面白さを伝えるためのインターンシップコンテンツとして活用いただけます。また、技術者に求められる思考力やコミュニケーション力を見極めるためのアセスメントツール(主に集団面接の代替手段)にも活用可能です。

内定者研修・新入社員研修 ×「The Engineers」

内定者研修や新入社員研修に活用するビジネスゲームは「The 商社」を通常は推奨していますが、対象が技術職や研究開発職(エンジニア職)になる場合は「The Engineers」を推奨します。

ビジネスゲームの特長

特長1. シミュレーション(模擬訓練)

ビジネスゲームとは、ビジネスのシミュレーション(模擬訓練)ゲームです。「ゴールを定め、計画を立て、行動し、結果を振り返りながらよりよいアクションに繋げていく」というビジネスの基本原則をゲームとして表現しています。

ビジネスゲームは、喩えるならば飛行機のパイロットが自身の技術を磨くための訓練を積むフライトシミュレーターのようなものであり、ビジネスパーソンはビジネスゲーム研修を通じて自身が必要とする様々な知識・能力を身に付けるための実践的な訓練を積むことができます。

新しい知識・能力の獲得が必要とされる階層別研修はもちろん、リーダーシップやチームワーク等の特定テーマの知識・能力の習熟を深めるための実践的な研修にビジネスゲーム研修を活用いただけます。

特長2. ゲームならではの「楽しさ」

ビジネスゲームの最大の特長は「自分の意思決定や行動によって状況が刻々と変わり、順位や勝敗が生まれる」 というゲームならではの楽しさにあります。

ゲーム参加者は、ゲームを楽しむ過程でゲームの世界に没頭していき、素の自分(普段の仕事をしている時の思考や行動の癖)が引き出されていきます。

普段、仕事でリーダーシップを発揮している人はゲーム内でも目立つ行動を取り、根回しが得意な人は他チームと積極的にコミュニケーションを取る。頭脳タイプの人は状況分析や計画にじっくりと時間をかけ、行動タイプの人はとにかく自分が動くことで何とかしようとする。

素の自分が出るからこそ、ゲーム参加者はゲーム内で上手く出来たこと・出来なかったことにリアリティを感じ、 ゲームの世界の学びを現実の世界への学びとして自然と受け入れやすくなります 。

特長3. ゲーム実施後の「振り返り」

ビジネスゲーム研修はビジネスゲームを実施して終わりではありません。学習効果を高めるために、ビジネスゲーム実施後に振り返りを実施します。

デービット・コルブの「経験学習モデル」に基づき、ビジネスゲームという【経験】をした直後に、振り返りの場で【省察】と【概念化】を行うことで【実践】への橋渡しを行います。

「The Engineers」を活用した研修の振り返りスライド例

特長4. 「メンタルモデル」の発見

ビジネスゲーム研修ではゲーム終了後の順位や売上利益等の結果をもとに参加者のゲーム中の【行動】を振り返りながら、自身の行動の前提となる価値観や考え方を表す【メンタルモデル】を発見します。

研修の学びを実践するということは、これまでの行動を変容させるということです。この行動変容を実現するためにも、ビジネスゲーム研修では自身の行動を支配するメンタルモデルの発見を大切にしています。

特長5. ゲームを通じた「エンパワーメント」

「社会が抱える大きな問題に対して、自分自身があまりに小さく無力な存在に感じられる」

「巨大な組織の中で、自分が歯車の一部のように感じられ、自分が動くことに無力感がある」

今、私たちが直面しがちなこれらの現実に立ち向かうために、ビジネスゲーム研修では、ゲーム体験を通じて「自分の行動が小さな波紋を生み出し、波紋が重なり合い、やがて周囲を巻き込み変化を促す大きな渦となる感覚」を掴む機会を提供します。

そして、自分の考え方や動き方次第で大きく複雑な課題(社会課題や会社全体の課題)を解決し得るという気付きは、ゲーム参加者の行動変容を促します。

開催詳細

【日時】

2021年10月12日(火)13:00 ~ 16:00(受付開始12時30分)

【プログラム内容】

第1部 「The Engineers Online」の体験
第2部 「The Engineers Online」の活用事例紹介

【開催形式】

オンライン開催(Web会議ツール「Zoom」と「Unity」を使ったWebアプリを使用)

※1 当日使用するWeb会議ツール「Zoom」は、こちらから事前にダウンロードをお願いいたします

※2 本ゲームはインターネットブラウザを利用いたしますが、企業様のVPN環境やセキュリティの設定によってはシステムに接続できない場合があります。ゲームシステムに接続できるか、以下のURLから事前にご確認をお願いいたします。

・接続テスト用URL

 https://pd-connectivity-test-port1.web.app

*InternetExplorerからは接続いただけません
*体験会当日と同環境(PC環境とインターネット環境)にてご参加ください
*接続不可の場合はお申込みフォームにてお知らせください

【ご準備いただきたい環境とお持ち物】

1. PCからの参加を推奨します(スマートフォンの使用は非推奨です)

2. ブラウザは、OSがWindowsの場合は「Edge、Chrome、FireFox」、OSがMacの場合は「Safari、Chrome」の中から最新バージョンの準備をお願いします。

3. WEBカメラ、または、USBプラグインカメラ(PCにカメラが内蔵されている場合は不要)、音声機器マイク付きイヤホンをご準備ください

【参加費】

無料

【定員】

24名

【お申込み】

下記「体験会参加申込フォーム」より申し込みをお願いします


ビジネスゲーム体験会・関連情報

PAGETOP

お問い合わせ・ご相談はこちら

MENU