大企業から中小企業まで300社以上が導入ビジネスゲーム研修の決定版
The 商社

参加人数:10~150人/研修時間:3~6時間
カード:4種類/ファシリテーター:1人

The 商社とは?ABOUT

チームビルディングやリーダーシップの向上など
「組織力」の向上を図るビジネスゲーム研修

ビジネスゲーム「The 商社」は4~6人程のチームを組み、他のチームと様々な交渉を行うゲームです。
常にビジネスマン同士の取引として交渉に臨まなければならないため、参加者はゲームを通して自発的にWin-Winの関係を成立させることの重要性に気付きます。また、チーム対抗のためチームビルディング力、リーダーシップ力が自然と身に付く研修となっています。
ただ講義を受けるだけでは得られない「実感」を伴うことで、研修後にも自分の中に強く残り、行動の改善に繋がります。

大手企業から中小企業まで300社以上が導入(導入企業一部抜粋)

  • 株式会社日立製作所
  • ヤフー株式会社
  • ソフトバンク株式会社
  • デル株式会社
  • MXモバイリング株式会社
  • グロービス株式会社
  • 株式会社リクルートキャリア
  • ランサーズ株式会社
  • ジブラルタ生命保険株式会社
  • 株式会社みずほフィナンシャルグループ
研修受講者 さま
南九イリョー株式会社 さま

The 商社の特長FEATURE

「経験学習モデル」に沿った学びのデザイン

同じような経験をしても成長する人としない人がいますが、その差は学習者が経験から学ぶサイクル(※)を持っているかどうかだと言われています。
ゲームを使った当社の研修はこのサイクルにそって参加者が自分自身で学べるようデザインされています。
※デービッド・コルブ「経験学習モデル」

 

経験ゲームに熱中し「経験」が生まれる
  • 現実のビジネス世界を再現したゲーム
  • 自然と熱中が生まれるしつらえ
  • チームプレイなので「経験の見える化」が起こる
省察問いによって自ら振り返る
  • 知識を与えられるのではなく、問いによって自ら学ぶ
  • グループで省察を共有することで、気付いていなかったことに気づく
  • 行動レベルの気づきだけでなく、その行動を生み出している自分の考え方のクセにも気づく
  • 身体と頭と感情を使うので深く学べる
概念化自分自身で学びを言語化する
  • 自分の言語で学びを概念化する
  • 今の自分に必要だと心底納得したものを持ち帰る
実践(試行)具体的にやってみる
  • 具体的な小さな一歩を設定する
  • 2回目のゲームプレイをする(いずれもオプション)
Feature1

参加型研修だからスキルが自然と身に付く

「The 商社」のキモは、「人対人」「組織対組織」の交渉にあり、コンピュータシミュレーションのような自分の都合だけを考えた取引は成立しえません。
常にビジネスマン同士の取引として交渉に臨む必要があるため、現実のビジネスでも共通する“相手を尊重したWin-Winの関係”を成立させることの重要性を自発的に発見することができます。
ただ講義を受けるだけの一方的な座学研修とは異なり、実社会でスムーズに活用できる「気づき」を得ることができます。

Feature2

ビジネスゲームで気付く「強み」「弱み」「才能」

「交渉」では様々な才能が開花します。他チームに積極的に話しかけていける人。チームの意見をまとめ指示を出せる人。手持ちの資産を時に慎重に、時に大胆に活用する経営判断を下せる人。
ビジネスゲームを通して、自分や仲間たちの適性を知ることで、チームとしての実力を最大限引き出すために必要な、 役割分担とコミュニケーションの重要性をすべての参加者が認識できるようになります。自身の最大の強み、伸ばすべきセールスポイントを発見させてあげる研修は非常に喜ばれます。

Feature3

自分で目標を立て、実行に移す「自律」の確立

ビジネスゲーム「The 商社」では自分自身の体験から自律の仕事における重要性に「気づく」ことができます。
ゲームでトップを求めて競い合う中で、ただ他の参加者の意見されるままでは現状の改善、打破は不可能であり自分から積極的に動いていかなければならないことを肌で感じるからです。
ゲームを通じて、知らず知らずのうちに「PDCAサイクル」を回すことを体得していきます。

Feature4

対人ビジネスとコミュニケーションの楽しさが分かる

「The 商社」は参加者同士のコミュニケーションがキモになります。チームメンバーと相談し合い、他チームと交渉することで、次々とビジネスを成立させていくことで強い達成感を獲得できます。
「コミュニケーションしたことで成功に繋がった」という成功体験を蓄積していくことで、「仕事が楽しい」とはどういうことなのか体感することができます。

その他以下の様な特長があります。

1時間での実施が可能

ゲーム時間は60分。目的に応じて、30~120分の振り返りを行うことで、更に学びは深まります。

30~150人の大人数にも対応可能

1グループ1~6人、5~8グループ(=5~48人)での実施が可能です。
ファシリテーターを増やすことで、30~150人の大人数でも柔軟に対応します。

社内講師を育成することが可能

4時間のファシリテーター研修を受けることで、どなたでもThe商社を活用した研修を講師として行うことが可能です。
人事部が中心となって繰り返し社員教育にご活用頂くことで、社内に「人を育てる」文化が定着いたします。

The 商社 研修の流れFLOW

現実のビジネスに沿ったリアルなゲーム研修が体感できます。

「The 商社」は計画、行動、決算という3つのプロセスを第1四半期として、第4四半期までの最終利益を競い合うビジネスゲームです。
ルールがシンプルなため、誰でも分かりやすく研修に参加することが出来ます。

ルール説明

The 商社のルール説明

ビジネスゲームのルールと、本研修を通して気付きを得てもらいたい「強い組織とビジョン」について認識していただきます。

実践

四半期ごとに計画・行動、決算を繰り返し、
最終利益を競います。

■計画

チーム内で与えられたカードを元に、ビジネスの設立に必要なカードや、チームとしての方向性を話し合います。

■行動

自分たちのビジネスを設立するために必要なカードを他チームと交渉して獲得します。
実際のビジネス同様、相手チームのメリット(Win-Winの構築)を考えながら交渉していきます。

■四半期決算

現在持っている現金と、固定資産の合計額を計算します。
他チームの状況もこの決算時に分かります。

振返り

自分と仲間の長所を発見

ゲームに参加し、自分自身の行動の振返り、順位に影響したのはどの行動だったのか、など振り返り 自分と仲間の長所を発見します。

2回目

振返りを通してより深い研修に(6時間コースのみ)

振返りを得てからもう一度プレイすることで、成長した自分たちに気付くことができます。
今までより明確かつ具体的に問題を解決することができます。

The 商社シリーズSERIES

目的別に特化した研修を揃えています。

ビジネスゲーム研修「The 商社」は以下3つの活用が可能です。貴社の課題に合わせて是非ご活用ください。
※内定者研修、「The 商社」をベースにしたオリジナル研修も実施しています。
 まずはお気軽にお問い合わせください。その他英語版はこちら

The 商社 提供形態OFFER

貴社の体制に合わせてご活用いただけます。

「The 商社」は全部で2つの提供形態があります。貴社の体制に合わせて「The 商社」をご利用いただけます。

研修講師派遣

講師を派遣し、ビジネスゲーム「The 商社」での研修を行います。
ゲーム参加と振り返りを通じて、参加者をビジネスパーソンとして大きく成長させ、組織の団結を強めます。

人数10〜100名
(170 名以上での研修実績もございます)
時間2時間~6時間
活用シーン中小企業様の全社員参加でのご利用。
大企業様の部署内、複数部署間で実施。
商工会や経営勉強会、サークルでの導入。
金額20万円~(税抜)

カードセット購入

ビジネスゲーム「The 商社」のカードセットを購入してご活用して頂くコースです。
開催される研修で自由にご利用できます。ルールの変更や、カードの追加、削除なども任意で行っていただけます。
ご購入後の料金は一切発生しません。
また、研修やルール改変などでアドバイスをお求めの際には、株式会社プロジェクトデザインが無料でご相談を承ります。

時間人事部として社内研修を実施される方
金額80万円(税抜)

製作者の想い~「The 商社」開発秘話~STORY

株式会社プロジェクトデザイン
代表取締役社長 福井 信英

大手企業だけではなく、全国の中小企業に貢献したい

The 商社は株式会社プロジェクトデザインが提供する研修教材の記念すべき1作目として、2010年創業と同時にリリースを始めたツールです。ビジネスゲーム「The 商社」を開発する以前は、企業からの依頼を受けて、個別に各社の事情に合わせたビジネスゲーム研修を作って納めると いう仕事をしていました。ですが、いつしか『これまでの経験をひとつのパッケージにまとめ、気軽に購入・体験できる研修教材を開発したい』 そういう思いが募るようになり、「The 商社」の開発に取り組むようになりました。

開発にあたり、特に意識した点は『「ビジネスゲーム」という形は手段であって、目的ではない』ということです。ゲームという形を意識し過ぎると、リアリティが失われます。「相手の立場を考えたり、ストレスがかかる中、何かを成し遂げる」という要素が欠落しているものが多いのです。

ビジネスは知恵を振り絞って企画を立てる場であると同時に、人と人との繋がりやコミュニケーションで成り立つものでもあります。そういった、ビジョンを描きチームをまとめる力や、win-win を考えながら取引をまとめる力などをひとつの研修教材で学べるように苦心いたしました。

プロトタイプを作成してからテストを重ね、現在では全国に 20 名を超えるファシリテーターの方々に協力頂き、20,000 人以上の方に体験頂くまでになりました。現在も毎月1回ニュースレターという形で商品の更新情報や活用事例を届け、商品の強化をはかっています。

是非、弊社のホームページを訪れた皆さんにもビジネスゲーム研修「The 商社」を体験頂き、ご自身のビジネスや人材育成に活かして頂ければと思います。

PAGETOP

お問い合わせ・ご相談はこちら