ホーム > サービス一覧 > 新入社員研修

新入社員研修

研修内容

新入社員の活躍に必要なマインド醸成・スキルアップ・関係構築の3要素を組み合わせた研修プログラムをご提案します。

研修対象者

  • チームビルディングが必要な新入社員
  • 現時点の能力評価をしたい新入社員
  • 部門配属後に再学習が必要な新入社員

新入社員研修のコンセプト​

プロジェクトデザインの新入社員研修は3つの要素を盛り込んだプログラムをご提供します。

1. マインド醸成

社会人の入り口に立ちながらも、どこか学生気分が抜けきっていない。

そんな新入社員に対して「自分は何かをしてもらえて当たり前」という “お客様マインド” から脱却を促しつつ “社会人マインド” を醸成すること。それが新入社員研修プログラムの一丁目一番地の目的です。

  • 仕事には主体的に取り組む
  • 周囲の期待に応えることに仕事の基準を置く
  • チームワークで仕事に取り組む

等の仕事に取り組む上での基本的なマインド(意識)を醸成する場に新入社員研修は最適です。

2. スキルアップ

社会人としてのスキルアップは配属先でのOJT(On the Job Training)や本人の努力に委ねられる部分が大きい一方で、新入社員研修の場でこそスキルアップすべきことがあります。

それは新入社員の配属後の成長スピードを加速させることに役立つ汎用スキルです。G-PDCAサイクルやタスクブレイクダウン、タイムマネジメントやロジカルシンキング等の基礎知識をインプットすることで、現場配属から戦力化までの期間を短くすることができます。

3. 関係構築

新入社員が周囲(部署の上司や先輩社員)とコミュニケーションを図り、仕事を円滑に進めるための関係を築く上で、ビジネスコミュニケーションの基礎・ビジネスマナーは極めて重要です。

また、同期入社社員が一堂に会する新入社員研修という場は社員同士の親睦を深めることで新入社員同士の関係性構築(横の繋がり作り)を後押しします。

研修プログラム例

貴社の新入社員研修のニーズに合わせた研修プログラムをご提案いたします。
例えば、ビジネスゲームのみを実施する1日間のプログラムもご提案可能です。

本研修で実施可能なビジネスゲーム

The 商社

「The 商社」は新入社員・次世代リーダー・管理職・経営層などの全てのビジネスパーソンにお勧めのビジネスゲームです。

経営資源を効率的に機能させる3要素・1+1を2以上にするチームワーク・自身の強みや弱みへの気づきを通じて、ビジネスパーソンがそれぞれの立場で活躍していくための能力を学ぶことができます。

研修実施の流れ

(1)お問い合わせ

研修実施日の2カ月前のお問い合わせを推奨します。スケジュール調整や研修準備にご協力いただける場合は最短2週間での研修実施も可能です。

(2)ご提案

ご希望の研修内容や期待する研修効果をお聞きしながら、貴社に最適な研修プログラムをご提案します。

(3)研修準備

ご提案内容に納得いただき、弊社にて研修申込を確認次第、研修準備に着手いたします。

(4)研修実施

弊社より派遣させていただく講師の主導で研修を実施します。

プロジェクトデザインの研修の特長

私たちプロジェクトデザインの研修は、ビジネスゲームを活用することで学習効果を高め、研修受講後の行動変容に繋げます。

シミュレーション

ビジネスゲームとは、ビジネスのシミュレーション(模擬訓練)ゲームです。「ゴールを定め、計画を立て、行動し、結果を振り返りながらよりよいアクションに繋げていく」というビジネスの基本原則をゲームとして表現しています。

ビジネスゲームは飛行機のパイロットが訓練を積むフライトシミュレーターのようなものです。ビジネスパーソンはビジネスゲームを通じて自身が必要とする様々な知識・能力を身に付けるための実践的な訓練を積むことができます。

新しい知識・能力の獲得が必要とされる階層別研修、リーダーシップやチームワークなどのテーマ別研修にビジネスゲームを活用いただけます。

ゲームの楽しさ

ビジネスゲームの最大の特長は「自分の意思決定や行動によって状況が刻々と変わり、順位や勝敗が生まれる」というゲームならではの楽しさにあります。

ゲーム参加者はゲームを楽しむ過程でゲームの世界に没頭していき、素の自分(仕事をしている時の思考や行動の癖)が引き出されていきます。

普段、仕事でリーダーシップを発揮している人はゲーム内でも目立つ行動を取り、根回しが得意な人は他チームと積極的にコミュニケーションを取る。頭脳タイプの人は状況分析や計画にじっくりと時間をかけ、行動タイプの人はとにかく自分が動くことで何とかしようとする。

素の自分が出るからこそ、ゲーム参加者はゲーム内で上手く出来たこと・出来なかったことにリアリティを感じ、 ゲームの世界の学びを現実の世界への学びとして自然と受け入れやすくなります 。

振り返り

ビジネスゲームはビジネスゲームを実施して終わりではありません。学習効果を高めるために、ビジネスゲーム実施後に振り返りを実施します。

デービット・コルブの「経験学習モデル」に基づき、ビジネスゲームという【経験】をした直後に、振り返りの場で【省察】と【概念化】を行うことで【実践】への橋渡しを行います。

メンタルモデル

ビジネスゲームではゲーム終了後の順位や売上利益等の【結果】をもとに、参加者のゲーム中の【行動】を振り返りながら、自身の行動の前提となる価値観や考え方を表す【メンタルモデル】を発見します。

研修の学びを実践するということは、これまでの行動を変容させるということです。ビジネスゲームでは、この行動変容を実現するためにも、自身の行動を支配するメンタルモデルの発見を大切にしています。

エンパワーメント

「社会が抱える大きな問題に対して、自分自身があまりに小さく無力な存在に感じられる」

「巨大な組織の中で、自分が歯車の一部のように感じられ、自分が動くことに無力感がある」

今、私たちが直面しがちなこれらの現実に立ち向かうために、ビジネスゲームではゲーム体験を通じて「自分の行動が小さな波紋を生み出し、波紋が重なり合い、やがて周囲を巻き込み変化を促す大きな渦となる感覚」を掴む機会を提供します。

自分の考え方や動き方次第で大きく複雑な課題(社会課題や属する会社全体の課題)を解決し得るという気付きは、ゲーム参加者の行動変容を促します。

ビジネスゲーム体験会

ビジネスゲームは体験型の研修ツールです。お客様自身が参加者としてビジネスゲームを体験いただくことで、その本質的な価値を理解することができます。是非、ビジネスゲーム体験会にお越しください。

Contact Us

サービスの見積り依頼や相談は
お気軽にお問い合わせください。

会社案内や各種サービス資料は
資料請求をご活用ください。