オンライン
ビジネスゲームの決定版
The 商社 Online

ビジネスゲーム
「The 商社 Online」
が解決するニーズ
NEEDS

Needs1新任管理職に管理職の役割を伝えたい

「管理職は従業員の一人ではなく、経営の一員である」。この前提に立った時に、新任管理職が第一に理解すべき自身の役割は「経営ビジョンを実現すること」であると定義できます。

 

「The 商社 Online」では自社の拡大(資金・資産の最大化)というゲーム内の目標達成を目指す中で、頭(理屈)では分かっていても、なかなか腹落ちさせることが難しい「ビジョンづくり」「戦略・計画立案」「組織運営・管理」の重要性を体(体感)で理解することができます。

Needs2新入社員(や新任のリーダー職)に対してビジネスの基礎の大切さを腹落ちさせたい

現実の仕事と同様に「The 商社 Online」でも、全てが見通せず先の見えない中でどのような行動を自身がとっていくのか(セルフリーダーシップ)、また実際に動いていくことで、相手とどのような取引を目指していくのか(win-win)について、気づきが得られるように設計されています。

 

自分たちの行動した結果がすぐに受け取れるビジネスゲームだからこそ、ビジネスの基礎とされることが、どのような結果を生み出していくか、体験をもって身に付けることができます。

Needs3内定者や新入社員などの特定層に対してチーム意識を醸成させたい (チームビルディング研修を実施したい)

「The 商社 Online」は、新入社員に求められるチームビルディング(仕事は個人プレーではなくチームプレーであること)の学びや、役割を持って自律的に活動することの意味などに、気付きが得られるように設計されています。

 

また、ビジネスゲームが持つ「楽しさ」は新入社員同士の交流を促し、同期の絆や横のつながりを作る効果も期待できます。

「The 商社 Online」が生まれた背景BACKGROUND

「The 商社」は2010年、リーマン・ショックを契機に生まれたビジネスゲーム研修です。

 

“黒船によって開国に至り、国中が混沌としていた明治の時代に、資源がないと言われていた日本を出て、己のリーダーシップとクリエイティビティを武器に世界と商売を始めた、岩崎弥太郎をはじめとする野武士のようなビジネスパーソンの気概をもう一度取り戻したい”

 

この思いを宿したプロジェクトデザイン初のビジネスゲーム研修「The 商社」は国内の様々な企業や団体で導入・実施されるに留まらず、世界で使われるビジネスゲーム研修になりました(四ヶ国語に翻訳されています)。

 

そして今、私たちはCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)という大きな苦境の真っただ中にいます。リーマン・ショックの時がそうであったように、COVID-19が私たちに与える影響は甚大です。私たちの将来世代に重い負担を強いる可能性が高いであろうことは想像に難くありません。

 

“私たち現役世代が「よく生き」、将来世代に負債を残さないようにするために、今一度、ひとりひとりがリーダーシップとクリエイティビティを少しずつでも磨くことが求められているのではないか”

 

そんな思いから「The 商社」のオンライン版として「The 商社 Online」を開発しました。

「The 商社 Online」とはABOUT

ビジネスゲーム「The 商社 Online」は3~6人程のチームを組み、他のチームと様々な交渉を行いながら、ビジネスを設立していくことで自社を拡大していくゲームです。

 

ゲーム内でチームの戦略検討や取引ではオンラインでのコミュニケーションツールを使い、非対面で議論や交渉に臨まなければならないため、参加者はゲームの体感を通じて現在のビジネス環境での立ち振る舞いを学べます。

 

また、共通の体験からチームビルディングに効果的に働き、リーダーシップが自然と身に付く研修となっています。ただ講義を受けるだけでは得られない「実感」を伴うことで研修後にも自分の中に強く残り、研修効果の定着・行動の改善に繋がります。

オンライン研修のメリットFEATURE

1学習機会の格差の解消

研修受講者は、Web会議ツールにアクセスできるデバイスとネットワーク環境さえあれば、どこからでもオンライン研修を受講できるので集合研修で発生するコスト(研修会場費、研修受講者の交通宿泊費)を抑えることができます。また、オンライン研修では研修受講に伴う拘束時間が研修受講時間に限定されるため、移動時間や現地滞在時間が不要になり、受講者のスケジュール調整もしやすくなります。

 

ゆえに、これまではコスト面やスケジュール面で実施が難しかった集合研修(海外拠点を含めた責任者クラスを集めた研修、全国に散らばる内定者向けの研修、学生向けのキャリアセミナーやインターンシップ等)も、オンライン研修であれば実施しやすくなります。

 

つまり、大都市と地方、本社所在地と全国の拠点との学習機会の格差の解消にオンライン研修を役立てることができます。

2インタラクティブ(双方向)な研修設計

オンライン研修の場合、オフライン研修(集合研修)と比較して、双方向的な研修をすることが難しいという意見を耳にしますが、そんなことはありません。オンライン研修に使用するWeb会議ツールの機能を活用することでインタラクティブ(双方向)な研修設計は十分に可能です。

 

例えば「チャット機能」。受講者が講師に質問したい内容をチャット欄に記入することで、講師は適宜質問に回答することができるようになります。また、グループワークやグループディスカッションが必要な際には「ブレイクアウトルーム機能(受講者を少人数のグループに分けることのできる機能)」が有効です。そして、グループワークやグループディスカッションの発表をする際には、各グループの発表者が「画面共有機能」を活用することで、自身のPC画面を見せながらのプレゼンテーションが可能です。

 

オンライン研修にはオフライン研修と遜色ない、あるいは、オフライン研修を超えるインタラクティブ(双方向)な研修設計をできる可能性があります。

3感染症、天候不順等のリスク対策

オフライン研修では感染症の拡大や天候不順等によってスケジュール通りの開催が難しいケース、中止とせざるを得ないケースが起こり得ます。そんな場合に、オンライン研修は、オフライン研修の開催が急遽困難になった時の保険として機能します(もちろん、初めからオンライン研修での開催とすることが一番のリスク対策になります)。

「The 商社 Online」提供形態OFFER

研修講師派遣

講師を派遣し、ビジネスゲーム「The 商社 Online」での研修を行います。ゲーム参加と振り返りを通じて、参加者をビジネスパーソンとして大きく成長させ、組織の団結を強めます。

人数2~36名
時間3~6時間
活用シーン・管理職研にしごとの原理原則の重要性を伝える研修
・新入社員にビジネスの基礎の大切さを腹落ちさせる研修
・内定者や新入社員などの特定層にチーム意識を醸成させる研修

公認ファシリテーターによる研修

ビジネスゲーム「The 商社 Online」の公認ファシリテーターが研修を行います。

 

※「The 商社 Online」はファシリテーター養成講座を受講し、公認ファシリテーターになることで本ゲームを用いたワークショップを主催・開催することが出来ます。まずは「The 商社 Online」を体験可能なビジネスゲーム体験会にご参加ください。

導入実績RESULTS

「The 商社 Online」を始めとする弊社ビジネスゲーム研修は
大企業から中小企業まで300社以上の実績があります。

製造業

  • トヨタ自動車株式会社
  • 株式会社日立製作所
  • オムロン株式会社
  • 株式会社島津製作所

情報通信業

  • ヤフー株式会社
  • ソフトバンク株式会社
  • デル株式会社
  • MXモバイリング株式会社

金融・保険業

  • ジブラルタ生命保険株式会社
  • オリックス銀行株式会社
  • 株式会社みずほフィナンシャルグループ

サービス業

  • 監査法人トーマツ
  • グロービス株式会社
  • 株式会社リクルートキャリア
  • ランサーズ株式会社
PAGETOP

お問い合わせ・ご相談はこちら

MENU