ブログBLOG

【参加者の声】オンラインでビジネスゲーム研修を体験!『働き方改革ゲーム Online ~After COVID-19~』


こんにちは!プロジェクトデザイン広報の武井です。

 

プロジェクトデザインでは、これまで集合研修として実施していたビジネスゲーム研修をオンライン研修でもご提供していくことを4月に発表しました(参考:オンラインビジネスゲーム研修を始めます。)。

 

そして、オンラインビジネスゲーム研修を体験できる場として、無料のオンラインセミナー『働き方改革ゲーム Online ~After COVID-19~』を定期的に開催しています。

 

※『働き方改革ゲーム Online ~After COVID-19~』とは、リーマンショックや東日本大震災、COVID-19 などの大きな外部環境の変化が5年~10年に一度は発生するVUCAの時代において、会社の成長と個人の働きがいとの両立を目指すことを通じて「組織の働き方改革を考える機会」や「個人が変化の時代の生き方を考える機会」を創り出すことができるビジネスゲーム研修です。

 

オンラインセミナーはこれまでに4回開催し、企業の人事だけでなくNPOや教育関係など、様々な業種・職種の方約70名に全国各地からご参加いただいています(平均満足度は5点満点中4.2点)。

 

実際に参加された方は何を感じ、何を得られたのか。今回は、そんな「参加者の声」を、セミナー終了後のアンケートをもとにご紹介していきます。

 

・オンラインビジネスゲーム研修がどんなものか気になる
・オンラインセミナーに興味があるが、参加を迷っている
・オンラインセミナーでどんな発見や体験が得られるか知りたい

 

という方のご参考となりましたら幸いです。

 

<目次>
1)オンラインビジネスゲーム研修を体験した感想
2)オンラインビジネスゲーム研修体験からの学び、気づき
3)さいごに

 

 

1)オンラインビジネスゲーム研修を体験した感想

まずは、オンラインビジネスゲーム研修『働き方改革ゲーム Online ~After COVID-19~』を体験してみての感想をご紹介します。

 

オンラインでも感じられる「楽しさ」と「社会の変化」

ビジネス系ゲームがオンラインでも可能なことが体感できた

 

自らの意見を根拠を持ち、グループメンバーと限られた資源をどのように活かしていくのか、を楽しく議論することができ、その意志決定結果が瞬時に数字として見える化される

 

どの施策を実施するのか、を自らの部門のみでなく、他部門のカードも見ながら状況に合わせてメンバーの皆さんと合意形成していく過程の「誰もが主役感」がありました

 

社会変化が企業に与えるインパクトが感じられました

 

『After “COVID-19” powered by 働き方改革ゲーム』では、オンライン×体験型研修という形で「オンラインであっても、体験を通して学べる」ことを目指しています。

 

ゲームの中では、現実同様、外部環境が変化することで自社の置かれる状況が刻々と変わる…という場面も。これらの点について、上記のように「楽しさ」や「社会の変化」を体感していただけたようです。

 

チームビルディングの効果

初対面の人とも、チームを組んでプロジェクトを実行できる可能性を感じた

 

初めて会う方々とも、協力していくことができることを体験できた

 

単純にみんなで協力して経営するゲームでコミニュケーションも取りながら楽しく行えた

 

オンラインセミナー中の一コマ

 

「オンラインであっても、体験を通して楽しみながら学べる」というところから、このようにチームビルディングとしての効果を感じてくださった方もいらっしゃいました。

 

オンラインセミナー3時間は、ゲーム体験で「短く感じた」

ゲームということもあり楽しくあっという間の時間だった

 

時間は短く感じましたが、ダラダラしなくて良かったと思います

 

体験だったのでどうしても短く感じてしまいましたが、それを差し引いても満足いくものだったと思います。ディスカッションすることが多かったので飽きることもなく、オンラインといえども思った以上に議論もでき良かったと思います

 

最後にたくさん質問の時間を設けていただきありがとうございました

 

ビジネスゲーム研修では、あっという間に時間が過ぎる感想を持つ方が多くいらっしゃいます。受講者が飽きずに集中して参加できる。これはビジネスゲーム研修の特長でもあります。

 

また、セミナー終了後も30分ほどはZoomをつないだままにしております。受講者同士で自由に交流したり、ご質問・ご相談をしていただく時間として活用いただくことができます。

 

オンラインならではの課題

どのウェブ会議システムでもありますが、通信環境に対して上手く参加できない方もおられたところが課題と思います!

 

 オンラインでは資料の閲覧、フォーム入力、チーム内での協議など、せわしない感じでした

 

受講者のデバイスによっては、与える資料の量、文字の大きさにも配慮が必要

 

オンラインならではの課題である「通信環境(接続不具合)」や、オンラインでの閲覧に配慮した「資料の見やすさ」などについては、参加者の方々が出来る限りストレスなく参加できるよう、日々改善を重ねています。

 

 

2)オンラインビジネスゲーム研修体験からの学び、気づき

続いて、オンラインビジネスゲーム研修『働き方改革ゲーム Online ~After COVID-19~』の体験と、その後の振り返りを通して得られた学び、気づきとして、以下のようなことを挙げていただきました。

 

自身の考え方への自覚

施策のもたらす変化について、自分が考えるものとチームの仲間が考えるものとが正反対で驚きました。普段同業同士で話すことが多く、自分の価値観の偏りに気づけました

 

今までの考えで無意識に、これからを選択する事を気をつけたいと思いました

 

共有することの重要性

お互いの気持ちや、やりたいことを共有することが必要だなと感じました。そして判断の軸を共有してワイガヤでチームを作っていきたいと感じました!

 

企業では、自部門の課題への対応が精一杯で他部門と課題共有ができていない場面が多いと思います。このゲームでは部門の課題を全員で深掘りすることが可能で、企業内のコミュニケーション向上が図れると感じました

 

変化へ対応する必要性

カードゲーム内の外部環境の変化に対応する力というのは会社としてももっとも重要なことと思います。その変化に臨機応変に、各関係者と協議していく大切さなど学ばせていただきました

 

全体最適を考えた行動が重要であることを学びました。また、これまでの、ダラダラと結論先送りや、何が結論なのか不明な会議もオンライン化で一掃されると考えています。時間を区切ってアウトプットを出すことをこれまで以上に意識していきたいと思います

 

社会変化を、社内のキーパーソンと一緒に捉える、今後の動きを考える機会になりそう。社内での、意思決定・会議に向けた準備、時間の限られた中でメンバーの話をしっかりと聞き、議論するスキルを学ぶのに非常に良いかと。スタッフに、経営者視点でも物事を考えてみてもらう、視座を高める研修になりそう(その後の経営会議、スタッフを経営会議に招いて発言してもらうにも的を射た発言をしてもらえそう)

 

オンライン研修を実施する上でのヒント

アフターコロナのあり方を考えるきっかけにしたいと思います。おそらく、ウィズコロナの段階で緊急的に対応しているものを磨き上げるのがベースとなるでしょうが、それだけでは足りないのではとも考えています。また、弊会でオンライン研修を実施する際のヒントにもさせていただきます

 

皆様からの前向きなお話を遠隔研修(オンライン研修)の設計に活かしていきたいと思いました

 

変化を共有できているからこそ、話し合うチャンスが生まれているので、このようなパワフルなツールにより、推進していければと願っております

 

 

3)さいごに

いかがでしたでしょうか。

 

参加者の皆様が感じられた、「ここは良かった」「ここはこうしたらもっと良くなりそう」「こんな学びがあった」という率直なご感想・ご意見を紹介させていただきました。

 

少しでもオンラインセミナーの中身・様子が伝わっていましたら幸いです。また、ご自身の興味・関心と重なりそうな部分がありましたら、ぜひ一度体験にいらしてください。

 

▼オンラインセミナー『働き方改革ゲーム Online ~After COVID-19~』への参加申し込みはこちらから(ページ下部に申し込みフォームがあります)

 

皆様のご参加をお待ちしています!

 

 


ビジネスゲーム体験会・関連情報

PAGETOP

お問い合わせ・ご相談はこちら