地金を見せたな、悪党どもめ!

金塊『All that glisters is not gold.
 輝くもの必ずしも金にあらざるなり。』

シェイクスピア「ヴェニスの商人」より(小田島雄志訳)
 
見た目や普段の振る舞いとその人物の本性が異なる「外見と実態の差異」はシェイクスピアの重要なテーマの一つです。「オセロー」のイアーゴーしかり、「リア王」の3姉妹しかり、「ハムレット」のクローディアスとガートルードしかり。
 
だがな、ビジネスゲームでは本性を隠せねぇんだよ!
 
今回のビジネスゲーム社内テストは酷い結果でした・・・
いえ、ゲームのバランスや完成度に問題があったわけではありません。
ですがこれまで知らなかった、社員の嫌な面を直視することになりました。自分自身を含めて!
 

「The Essential oil」の概要

システム思考_The Essential oilビジネスゲーム「The Essential oil」は、森林から樹木を伐採し、エッセンシャルオイル(アロマオイル)を製造、販売するビジネスシミュレーションです。利益の獲得方法は仕入れ、製造、価格設定しての販売を繰り返すだけ。商品販売ゲームとしては最もシンプルな部類に入ります。
 
このゲームのキモは原材料である森林資源が有限であることにあります。ただ伐採をし続けていれば資源が枯渇し、営業を続けられなくなってしまいます。
そのため、企業活動を永続させるためには利益の一部を森林保護活動に充てる必要があるのです。
 
エコノミー(経済)を優先すればエコロジーに悪影響があり、
エコロジーばかりを考えればエコノミーが成り立たない。

そのジレンマを抱えているのがこのビジネスゲームの特徴です。
この課題は経済と生態系の両方を考えなくてはならないので、その相互関係を考える内に自然とシステム思考が身に付くのです。
 ※システム思考について説明した記事はコチラ
 

環境保護?あ〜、聞こえんな!!

ゲームを開始する前、このビジネスゲーム「The Essential oil」の制作者である代表の福井は、こんな懸念があったそうです。
『ウチの社員はみんなエコ・リテラシーの高い、いい人ばかりだから、ゲームがあまりにも穏便に終わってしまって、学びの要素が薄れてしまうんじゃないかな』
だが、奴らは弾けた。楽観は嘲笑された。
 
切り倒された丸田いざゲームが始まってみると、普段の善人の皮が剥がれたのか、それともゲームだからとハメをはずしているのか、出るは出るは悪行の数々。
・『自然と共生しよう!』と謳いながら、森林資源の限度をまるで考慮しない過剰伐採
・『森を守ろう!』と呼びかけながら、自分は雀の涙ほどしか森林保護に出資しない
・『……』何も言わずに、資源がなくなることを見越して、こっそりと自分だけは資源をあらかじめ貯蔵しておき、他人に協調する姿勢を見せない
・互いにけん制し合い、協力どころか情報共有さえしない
・遂に森林資源が底を尽き、他プレーヤーが行動不能になった途端、独占市場で荒稼ぎを始める
 
おかしい・・・
弊社は穏やかで、他人を思いやることができ、Win-Winを信条としていたはずなのに。
嘘・・・なのね・・・
 
殺伐とした平原しかも1位になったプレーヤーの優勝コメントが、輪をかけてひどい。
『ゲームの目的は最大の利益を上げること。森林がどうなっても利益に還元されない以上、関心を持てない』
この外道がァーッ!!

何がエコロジーだ!何が理想的な共生よ!
普段キレイゴトを並べておきながら、我が身を痛めることは何もせんのか!
 
なお、優勝して「害悪・ザ・害悪」の称号を手に入れ、上記のコメントを残したのは
私です。
そんな自分に腹が立つ!
 
 
とはいえ、実際の経済活動では、過去の日本の公害問題や中国のPM2.5のように、エコノミーのためにエコロジーを捨てることもままあります。ですが法的規制や、企業イメージの向上に繋がるなど、社会システムがあれば環境問題に取り組もうとする企業や個人も増えます。
これまで散々悪評を叫びましたが、実際にはそうなるのは自然な心理、仕方のないことなのです。
責めるべきは個人ではなく、全体を良い方向に導くように整えられていないシステムなのです。
 
 
 
さて、皆様はこのビジネスゲーム「The Essential oil」でも普段通りの礼節道徳を守れるでしょうか。
そして、自然と共生するためのシステムを見つけられるでしょうか。
非常に興味深いテーマだとは思いません?
 
 
システム思考を学ぶビジネスゲーム「The Essential oil」の体験会はコチラから
 
ライター:竹島雄弥
富山県立富山中部高等学校卒業
東京大学農学部環境資源科学過程生物・環境工学専修卒業
大学卒業後、ふるさと富山に帰郷。プロジェクトデザインに新卒で入社。主に研修コンテンツのロジック開発および、研修用に使用するエクセルのマクロを構築している。またWebマーケティングも担当しており、サイトの管理運営、テキストの製作を行う。大学時代には地球環境問題を積極的に学び、その中で学んだ「俯瞰的視点」「論理的思考」「系をモデル化する思考方法」「情報技術」などを活かして活躍している。
事務所内でのもっとも重要な仕事はおいしい紅茶を淹れることである。