ブログBLOG

具体的でわかりやすい!SDGs17の目標毎の企業の取り組み例

2019/10/19

様々な企業のSDGsアクションをSDGs17の目標に分類しました。具体的にSDGsの取り組みを進めていく上で、参考になる情報があれば何よりです。

 

 

SDGs17の目標とは?

SDGsとは2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するために17の目標(ゴール)が設定されています。

 

※SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」を意味し、略して「SDGs(エスディージーズ)」と呼ばれます。

 

SDGs17の目標は以下の通りです。

 

SDGs17の目標

目標1【貧困】
あらゆる場所あらゆる形態の貧困を終わらせる。

 

目標2【飢餓】
飢餓を終わらせ、食料安全保障 及び栄養の改善を実現し、持続可能な農業を促進する。

 

目標3【保健】
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する。

 

目標4【教育】
すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する。

 

目標5【ジェンダー】
ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行なう。

 

目標6【水・衛生】
すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する。

 

目標7【エネルギー】
すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的なエネルギーへのアクセスを確保する。

 

目標8【経済成長と雇用】
包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する。

 

目標9【インフラ、産業化、イノベーション】
強靭(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る。

 

目標10【不平等】
国内及び各国家間の不平等を是正する。

 

目標11【持続可能な都市】
包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する。

 

目標12【持続可能な消費と生産】
持続可能な消費生産形態を確保する。

 

目標13【気候変動】
気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる。

 

目標14【海洋資源】
持続可能な開発のために、海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する。

 

目標15【陸上資源】
陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する。

 

目標16【平和】
持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する。

 

目標17【実施手段】
持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する。

 

SDGs17の目標

 

本記事では、このSDGs17の目標毎に企業の取り組みをご紹介していきます。

 

目標1【貧困】に関する企業の取り組み例

クラウドクレジット

“マイクロファイナンス機関は、低所得者層や貧しい人々の収入や生活向上のために少額の融資を行う機関で、貧しい人々の自立をサポートするという社会的意義を持ちます。マイクロファイナンス機関へ融資を行う「 ペルー金融事業者支援ファンド 」「 ペルーマイクロファイナンス支援ファンド 」への投資を通じて、「貧困をなくそう」「働きがいも経済成長も」「人や国の不平等をなくそう」という目標の達成に寄与します”

 

・詳細:SDGs達成に向けた取り組み|クラウドクレジット

 

目標2【飢餓】に関する企業の取り組み例

キューピー

“大切な原料をしっかり使い切ること、それをお客様にお届けすることを前提に、どうしても商品化できないところは、堆肥や飼料、染料の原料など新たな用途として活用しています。カット野菜の場合、商品に使用できない部分を長期保管できる乳牛用の発酵飼料として有効活用しています”

 

・詳細:トピックス③ 捨てればゴミ、活用すれば資源|キューピー

 

目標3【保健】に関する企業の取り組み例

日本生命

“「ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保障保険“ChouChou!シュシュ”」は、女性のプロジェクトチームの中でも関心の高かった“出産”・“不妊治療”に着目して考案した商品です。実際に医師にヒアリングを実施するなど、医療機関の協力も得ながら、開発には約2年半を要しました。出産時の給付に加え、特に精神的・肉体的負担が大きい特定不妊治療を保障し、生命保険会社として経済面での支援を行うことで、政府の少子化対策や社会保障制度とともに社会的課題の解決に貢献したいと考えました”

 

・詳細:生命保険を通じた社会的課題への挑戦|日本生命

 

サントリーホールディングス

“サントリーグループは、1976年に「サントリー宣伝コード」を制定し、飲酒に関する宣伝・広告表現の自主規制を業界に先駆けて開始しました。その後、アルコール関連の専門組織「ARS委員会」と、事務局であるARS室を設置。1.責任あるマーケティングの実践、2.社内外への適正飲酒の啓発などを行っています”

 

・詳細:アルコール関連問題への取り組み|サントリーホールディングス

 

目標4【教育】に関する企業の取り組み例

KUMONグループ

“2017年にはバングラデシュの首都ダッカに公文式教室をオープンし、2018年3月には、BRACが新会社 「 BRAC Kumon Limited 」を設立しました。バングラデシュ国内において公文式直営教室およびフランチャイズ教室の開設・運営事業を担い、同国内での公文式普及を推進していきます 。こちらは中高所得層向けの教室であり、ここでの収入を無償で運営されているBRACスクール運営にまわすことにより、貧困層の子ども達への持続的な教育支援を目指しています”

 

・詳細:持続可能な未来のための教育|KUMONグループ

 

目標5【ジェンダー】に関する企業の取り組み例

エスビー食品

“エスビー食品では、多様な人材の採用や育成、登用を積極的に進めることで企業活動に多様な視点を取り入れ、イノベーションを生み出すことのできる組織を目指しています。その一環として、2014年12月に「S&Bポジティブアクション」を制定し、女性の採用や管理職登用における具体的な数値目標を以下の通り定めて取組みを進めています”

 

・詳細:2019エスビー食品レポート(P34)|エスビー食品

 

ヤクルト本社

“当社の根幹事業である宅配ビジネスそのものが女性労働力に支えられていることから、女性従業員の活躍は人材戦略上の重要課題と捉えています。2016年4月に施行された「女性活躍推進法」への対応としても、法の趣旨に沿った行動計画を策定して基本的な考え方としてまとめ、各種施策を実施しており、女性管理職は増加傾向にあります”

 

・詳細:ヤクルトCSRレポート2019(P47)|ヤクルトグループ

 

目標6【水・衛生】に関する企業の取り組み例

明治グループ

“(株)明治の軽井沢工場で生産しているチーズラインにおいて、従来はチーズ原料を冷却する熱交換器に使用する井戸水を、1回の通水で下水に排水していました。そこで、冷凍機を設置し井戸水を循環させて冷却に再利用することで、年間の水使用量を約16,000m³削減しました”

 

・詳細:水資源|明治グループ

 

目標7【エネルギー】に関する企業の取り組み例

三菱商事

“2013年にオランダ公営の総合エネルギー事業者であるEneco社と提携し、ルフタダウネン洋上風力発電所を共同で建設・運営。2015年から操業を開始しており43本の風車で、オランダ15万世帯に電力を供給しています。クリーンエネルギーの供給を通じて低炭素社会への移行に貢献していきます”

 

・詳細:低炭素社会への移行[事例]|三菱商事

 

目標8【経済成長と雇用】に関する企業の取り組み例

成城石井

“成城石井は、身体障がい者、精神障がい者、知的障がい者の採用を推進しています。2018年度も障がい者の法定雇用率2.2%を遵守し(2019年2月末2.4%)、多くの方が従業員として活躍しています。今後も、職場におけるサポート体制の整備も含め、障がい者雇用促進に取り組んでいきます”

 

・詳細:働きがいも経済成長も|成城石井

 

目標9【インフラ、産業化、イノベーション】に関する企業の取り組み例

トヨタ自動車

“理想的な資源循環社会を実現するためには、資源枯渇リスクと事業機会創出の可能性を把握し、「エコな素材を使う」「部品を長く使う」「リサイクル技術の開発」「廃車されるクルマからクルマを作る」の4本柱で取り組む必要があります。究極の循環型社会の実現を目指し、世界各地で使用済み自動車(廃車)の資源が再びクルマを製造する際の資源として活用できるよう、「Toyota Global Car-to-Car Recycle Project」を推進していきます”

 

・詳細:Challenge 5 循環型社会・システム構築チャレンジ|トヨタ自動車

 

目標10【不平等】に関する企業の取り組み例

ソフトバンク

“当社は、LGBTなどの性的少数者も含めて、誰もが働きやすい環境を整え、社員がやりがいと誇りを持って活躍できる企業を目指しています。2016年10月から、社内規程上の配偶者は日本の法律で認められる配偶者に加え、同性パートナーも含まれるようになりました。これにより、当社の社員は該当する書類を提出し受理されれば、休暇や慶弔見舞金など配偶者を持つ社員を対象とした社内制度の適用を受けることができます。”

 

・詳細:ダイバーシティの推進|ソフトバンク

 

電通

“電通グループは、広告をはじめ事業活動に関わるすべてのコミュニケーション活動を、人権の観点からも豊かなものにしたいと考えています。そのため、社員一人一人が人権について正しい知識を身につけて理解を深め、その知見を業務に生かしていくことを目指しており、電通グループ全体で各種の社員研修を定期的に実施しています。また社員の能力発揮のためにも、ハラスメントの防止を徹底し、社員の人権を守ることも、重要なテーマであると考えています”

 

・詳細:人権の尊重|電通

 

目標11【持続可能な都市】に関する企業の取り組み例

ヤフー

“災害時にタイムリーな災害情報を、住民の方に伝えることを目指し、各自治体との協定締結を進めています。自治体から発せられる避難勧告・避難指示や、自治体が指定する避難場所等の情報、その他さまざまな災害に関する情報にアクセスできるよう、ヤフーが集約・整理して提供します。また、災害時に自治体の運営するウェブサイトがアクセスの集中により閲覧しづらい状況になることを防ぐため、キャッシュサイトを公開し、負荷軽減を実現します。現在、617自治体(2019年4月時点)と協定を締結しています”

 

・詳細:災害協定によるタイムリーな災害情報の提供|ヤフー

 

日立製作所

“日立は、鉄道の総合システムインテグレーターとして、先進的なITとOTを活用した、安全で信頼性の高い、革新的な鉄道ソリューションを提供することで、人と人をつなぎ、コミュニティの活性化、都市の発展に貢献していきます。ソリューションには、高速車両や無人運転技術、予知保全、ダイナミックヘッドウェイなどがあります”

 

・詳細:事業戦略で貢献する目標|日立製作所

 

目標12【持続可能な消費と生産】に関する企業の取り組み例

メルカリ

“梱包材のリユースを推し進める第一歩は、「すぐに捨てない」という習慣づくりから。今回製作した「メルカリエコパック」は、数百回の使用に耐えうる手軽な梱包材。お客さまからお客さまの間をバトンのように行き来し、繰り返し使用されることを想定しており、「受け取った梱包材をそのままリユースし、次へつなぐ習慣」を広げることを目的としています”

 

・詳細:メルカリエコパック|メルカリ

 

目標13【気候変動】に関する企業の取り組み例

ダイキン工業

“当社の主力商品であるエアコンは、使用時のCO2排出量が特に大きいため、インバータをはじめとした省エネエアコンや低温暖化冷媒を用いたエアコンを世界中で普及させることに注力しています。2020年度に温室効果ガス排出量を6,000万t-CO2抑制という目標に対し、2018年度には6,700万t-CO2抑制できたと試算しています”

 

・詳細:環境負荷を低減する製品・サービスの開発と普及促進|ダイキン工業

 

目標14【海洋資源】に関する企業の取り組み例

パナソニック

“当社は約20年にわたり、WWFジャパンとの協業を通じて「海の豊かさを守る」活動を行っています。2018年3月から本社を含む2拠点の社員食堂でMSC及びASC認証を取得した持続可能な水産物(サステナブル・シーフード)をWWFジャパンやサプライヤー企業の協力を得て導入しています。今後も順次導入拠点を増やし、2020年に国内の全ての社員食堂での導入を目指します”

 

・詳細:サステナブルシーフード|パナソニック

 

目標15【陸上資源】に関する企業の取り組み例

サラヤ

“地球環境の保全および気候変動への対策と持続可能な原料調達の実現を目指します。マレーシア ボルネオ島では生物多様性の保全に取り組み、持続可能なパーム油を活用したRSPO認証製品の開発も推進しています。エジプトでは砂漠の緑化についての研究を進めており、乾燥地帯でも育つホホバの苗を植え、その種子から高品質なホホバオイルを抽出して商品へ応用しています”

 

・詳細:トップコミットメント|サラヤ

 

目標16【平和】に関する企業の取り組み例

オムロン

“オムロンでは、事業を支え、信頼を醸成する基盤として、様々なテーマから構成される「オムロングループルール」を策定しています。変化する社会に対し、適切でスピーディーに対応し、様々なリスクを統合的に管理していくため、グローバル全拠点で浸透活動を推進します。また、重要リスクであるサイバーセキュリティにも対応していきます”

 

・詳細:リスクマネジメント|オムロン

 

目標17【実施手段】に関する企業の取り組み例

Kaien

“就業支援や学習支援の現場では、常にご家族、医療機関、教育機関、行政、福祉、一般企業との連携によりサービスの改善を図っており、セミナーや合同イベントなども頻繁に企画しています。また、パートナーシップ制度を設け、全国の企業・団体がKaienのノウハウを活用し、ひとりでも多くの発達障害者が有意義な人生を送る一助となるよう、サービスを展開しています”

 

・詳細:KaienはSDGs達成に参画しています|Kaien

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

SGDsのために自社がすべきこと・できることをゼロから考えることは難しいと思いますが、SGDs17の目標毎の先行事例を知ることで「こういった取り組みであれば自社でもできそうだ」と考えやすくなると思います。

 

具体的にSDGsの取り組みを進めていく上で、本記事の情報を活用いただければ何よりです。

 

ご案内:SDGsアウトサイドイン・カードゲーム

 

「SDGsアウトサイドイン・カードゲーム」は、世界が直面する環境問題や社会課題をビジネスの力で解決することにチャレンジし、新たなイノベーションで持続可能な社会を目指すことを学べるカードゲームです。

 

ご興味のある方は、ぜひ体験会イベントにお越しくださいませ。

 

・詳細:SDGsアウトサイドインカードゲーム

 


ビジネスゲーム体験会・関連情報

PAGETOP

お問い合わせ・ご相談はこちら