海洋ゴミ問題の解決に向けたチームの取り組み・私たちにできること

海洋ゴミ問題の進展によって、私たちの子供や孫の時代で美しい海が消えてしまう。

そんな悲しい未来を避けるために、美しい海を守っていくために、今、私たち一人ひとりが具体的な行動を起こす必要があります。

その具体的な行動の一歩として、海洋ゴミ問題についての理解を深めたい方向けに、海洋ゴミ問題を俯瞰視した内容をお届けします。

Contents(目次)

海洋ゴミとは

海洋ゴミは、漂着ゴミ(海岸に漂着したゴミ)・漂流ゴミ(海を漂流するゴミ)・海底ゴミ(海底に堆積したゴミ)の総称であり、その多くがプラスチックゴミです。

漂着ゴミ・漂流ゴミ・海底ゴミにどんなものが多いかは環境省の取りまとめた海洋ゴミ実態把握調査のデータが参考になります。

<漂着ゴミの品目上位10種(個数ベース)>

  • ボトルのキャップ、ふた:17.6%
  • プラ製ロープ・ひも:16.6%
  • 木材:9.2%
  • 飲料用ペットボトル:6.9%
  • プラ製漁具:4.2%
  • プラ製食品容器:4.0%
  • プラ製荷造りバンド・ビニールテープ:3.7%
  • ウレタン:3.5%
  • プラ製食器:3.5%
  • プラ製ブイ:3.2%

<漂流ごみ(東京湾:平成30年度)>

  • その他プラスチック製品:35%
  • 食品包装、弁当空、お菓子袋など:28%
  • ペットボトル:11%
  • その他:11%
  • 木材:7%
  • レジ袋:6%

<漂流ごみ(大阪湾:平成30年度)>

  • その他プラスチック製品:52%
  • 食品包装、弁当空、お菓子袋など:39%
  • レジ袋:6%
  • ペットボトル:2%
  • その他:1%

参考:海洋ごみ実態把握調査(平成22~令和元年度)のとりまとめについて|環境省

プラスチックゴミの量が、魚の量よりも多くなる未来

2016年の世界経済フォーラム(ダボス会議)で毎年800万トン超のプラスチックが海に流出していること、2050年までには海洋プラスチックが魚の総重量を超える試算が発表されました。

ちなみに、800万トンという量はサンマ500億匹分(1匹160グラムで換算)、普通自動車800万台分(1台1トンで換算)、ジェット機2.3万台分(B777-300ERの最大離陸重量約350トンで換算)。膨大な量であることがイメージできます。

プラスチックゴミとマイクロプラスチック

プラスチックは耐腐食性や耐水性、着色性などの優れた材料特性と生産コストの低さを理由に急速に普及していきました。

洗剤の容器やバケツに使用される高密度ポリエチレン(HDPE)、レジ袋や紙パック容器に使用される低密度ポリエチレン(LDPE)、ストローやペットボトルのキャップに使われているポリプロピレン(PP)やハンガーや食品用トレイに使用されているポリスチレン(PS)など、私たちが想像する以上に日常生活の至る所にプラスチック製品が使われています。

プラスチック製品はポイ捨てや不法投棄などの不適切な形で放置されることでゴミとなるだけでなく、海を漂流・漂着するプラスチックゴミが時間が経つにつれ劣化と破砕を重ねながら、次第にマイクロプラスチック(直径5ミリメートル以下の小さなプラスチック微細片)になります。

そして、このマイクロプラスチックには漂流の過程で汚染物質が表面に吸着し、それを誤飲した海洋生物への害を受けることが問題視されています。

また、マイクロプラスチックを含めたプラスチックは自然分解されにくく、長きに渡って(数百年間以上も)自然界に残り続ける点も、海洋ゴミ問題の解決を一層困難なものにしています。

海洋ゴミの8割は陸から流入してくる現実

海洋ゴミはどこからやって来るのでしょうか。

海洋ゴミという名称からは、海に直接的に捨てられたゴミのイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが現実は違います。

海洋プラスチックごみの約8割が陸域からの流入となっているのです。街中で投棄・ポイ捨てされたゴミが雨や風によって排水溝に入り、河川をつたい、海へと流れ出ています。

海洋ゴミ問題の影響

1. 海の生き物への影響

2018年にインドネシアの国立公園の海岸に打ち上げられたマッコウクジラの死体から約6キロのプラスチックゴミが発見されました。また、2019年にイギリスの砂浜で見つかったクジラの死体からは、驚くことに、100キロものプラスチックなどのゴミの塊が発見されたことが大きなニュースとなりました。

日本では2021年に沖縄美ら海水族館より発表された調査結果が話題になりました。2019年以前の約30年間に死んだ状態で沖縄本島沿岸に漂着したウミガメ3種計484個体を調べたところ、そのうち約20%が海洋ごみを誤食していたのです。

このように、海洋ゴミ問題で最も影響が懸念されているのは海の生き物への影響です。放置された漁具(網)に絡まる、海洋ゴミを誤飲してしまうなどの被害は世界中で現在進行形で起きています。

2. 船舶の航行や漁業への影響

海洋ゴミの問題は海の生き物だけでなく、海と関わる人間にも影響を及ぼします。

漂流ゴミとの衝突によるスクリューの変形、船底のエンジン冷却水口へのプラスチックゴミの吸い込みによる障害、海底ゴミの堆積による漁場環境の悪化などの影響が問題視されています。

3. 観光業や沿岸域への影響

海洋ゴミの問題は観光業や沿岸域にも波及します。

漂流ゴミや漂着ゴミなどの海洋ゴミによって海岸の景観が損なわれてしまう他、海水浴やマリンスポーツを楽しむ人が海洋ゴミによって怪我をする危険性があります。その結果、観光客の減少という形で観光業への悪影響が生じています。

また、漂着したゴミの回収や処理に係る費用はその地域(市町村)の負担になる点も問題です。

海洋ゴミ問題の解決に向けたチームの取り組み

海洋ゴミ問題を解決するために私たち一人ひとりができることは何かを考える上では、先行者の事例が参考になります。

まずは、国や自治体、民間企業などのチーム(組織)が具体的にどのような事に取り組んでいるのかをご紹介します。

環境省

“国内外で関心が高まっているプラスチックを始めとする海洋ごみ問題への対策のため、海岸漂着物処理推進法第29条に基づき、都道府県や市町村等が実施する海洋ごみに関する地域計画の策定、海洋ごみの回収・処理、発生抑制対策に関する事業に対し、補助金による支援を実施する”

参考:海岸漂着物等地域対策推進事業|環境省

東京都

“海岸漂着物の発生抑制対策の一環として、小学生向けに、海ごみ問題を題材とした環境学習用テキストを作成いたしましたので、ぜひご活用ください”

参考:東京都の海ごみ対策|東京都環境局

神奈川県

“プラスチックによる海洋汚染が今、世界規模で大きな社会問題となっています。2018年夏、鎌倉市由比ガ浜でシロナガスクジラの赤ちゃんが打ち上げられ、胃の中からプラスチックごみが発見されました。SDGs未来都市である神奈川県は、これを「クジラからのメッセージ」として受け止め、持続可能な社会を目指すSDGsの具体的な取組として、深刻化する海洋汚染、特にマイクロプラスチック問題に取り組んでいます”

参考:「かながわプラごみゼロ宣言」| 神奈川県ホームページ

大阪府

“2019年1月28日に、大阪府と大阪市は、2019年G20大阪サミット及び2025年大阪・関西万博の開催地として、SDGs先進都市を目指し、使い捨てプラスチック削減のさらなる推進やプラスチックの資源循環の推進などを盛り込んだ「おおさかプラスチックごみゼロ宣言」を、共同で行いました”

参考:おおさかプラスチックごみゼロ宣言大阪府

株式会社プロジェクトデザイン

「CHANGE FOR THE BLUE」カードゲームは海洋ゴミ問題について考えるゲーム型のアクティブラーニング学習教材です。小学生高学年から中学生向けの授業でご利用いただけます。

海洋ゴミ問題は遠い未来の話ではなく私たちのすぐ身近に迫っています。けれども、このような大きな社会課題を前にすると、自分1人でやれることは小さく感じられ、中々行動に移せないものです。本ゲームを通して、海洋ゴミ問題を自分事として理解することで “海洋ゴミを減らす行動” の第一歩となれば幸いです。

※「CHANGE FOR THE BLUE」カードゲームは、海のゴミや汚れを減らす行動のシミュレーションを通して海洋ゴミ問題について考えるきっかけとしてもらえるように「CHANG FOR THE BLUE in富山実行委員会」と株式会社プロジェクトデザインが協業で開発したゲームです

参考:「CHANGE FOR THE BLUE​」カードゲームとは|株式会社プロジェクトデザイン

スズキ株式会社

“正しく回収されずに海に流れ込む大量の海洋プラスチックごみは近年大きな環境問題となっており、さらにそれらが自然環境下で微細に破砕されたマイクロプラスチックは生態系に及ぼす影響が懸念されている。こうした問題に対処するため、船外機がエンジン冷却のために大量の水をくみ上げながら走行し、冷却後にその水を戻す構造であることに着目し、戻り水用ホースに取り付け可能なフィルター式の回収装置を開発した。これにより、走行するだけで水面付近のマイクロプラスチックを回収することができる”

参考:スズキ、世界初の船外機用マイクロプラスチック回収装置を開発|スズキ

レンゴー株式会社

“近年、マイクロプラスチックによる海洋汚染が世界的な問題となっています。ビスコパールは土壌中だけでなく、海水中の微生物によって水と炭酸ガスに分解される環境にやさしい素材で、海洋生分解性の国際的な認証である「OK biodegradable MARINE」認証を取得しています。海に流出する可能性のあるプラスチックビーズを代替することで、海洋マイクロプラスチックごみ低減に貢献することができます”

参考:ビスコパール|製品案内|レンゴー株式会社

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社

“FSC®認証紙ストローを2020年1月より段階的に導入し、現在は国内の全店舗で提供しています。この変更により、年間約2億本分のプラスチックストローの削減につながります”

参考:FSC®認証紙カップとストロー不要の新リッド採用でプラスチック削減に大きく貢献|スターバックス コーヒー ジャパン

海洋ゴミ問題の解決に向けて私たちにできること

海洋ゴミ問題を解決するためにはチームで取り組むことも重要ですが、私たち一人ひとりができることに取り組み続けることも同じぐらい重要です。

これからご紹介する取り組みはReduce(リデュース)・Reuse(リユース)・Recycle(リサイクル)の3Rの推進であり、誰でも実践可能なものばかりです。気軽に取り組めるものから、小さく始めてみてはいかがでしょうか。

一人の行動が与える影響は微々たるものであっても、それを多くの人が行うことによって、やがて企業や自治体・国を巻き込んだ大きな影響へと発展します。

毎日の生活の中でゴミを減らす(Reduce・Reuse)

お店側の努力もあり、レジ袋をもらわずにエコバックを利用する習慣は日本社会にも一般化しつつありますが、その調子で、自分ができる範囲でゴミを減らす行動を増やすことが大切です。

例えば、これまでコンビニ弁当を買っていたのを止めて、手作りお弁当を作るようにするのはハードルが高いかもしれません。ただ、マイ箸やマイスプーンを持参するぐらいであればできるかもしれません。

それができれば、割り箸やプラスティックスプーンのゴミを減らすことに貢献できます。

外で出たゴミは家に持ち帰る(Reduce)

バーベキューやお祭り、ピクニックやイベント参加などの際に生じるゴミ。荷物になるのでその場に捨てたくなる気持ちは分かりますが、そのゴミを持ち帰ることで海洋ゴミ問題に少なからず貢献できます。

どうしてもゴミを捨てる必要がある場合は、ゴミを分別した上で、指定の場所に捨てるようにしましょう。

エシカル消費を実践する(Reduce・Recycle)

エシカルとは「倫理的な」「道徳的に正しい」という意味を持つ言葉で、エシカル消費とは人や社会、地球環境に配慮した消費行動を指しています。

分かりやすく言い換えるならば、エシカル消費とは、商品そのものの価値だけでなく、その商品が出来上がるまでのプロセスや商品が消費された後のことにまで注目して商品の選択を行うことを意味します。

海洋プラスチックゴミを減らす観点では、プラスチックの使用を抑えた商品を選ぶこと、プラスチック製品のリサイクル活動(再商品化)に積極的な企業の商品を選ぶことなどがエシカル消費の実践と言えます。

プラスチックゴミの分別を徹底する(Recycle)

2022年4月1日より施行されるプラスチック資源循環法によって、家庭ゴミの新たな分別回収が導入されます。

これまで主に燃えるゴミとして捨てていたプラスチック製品(例:クリアファイル)についても分別・回収・リサイクルを行うことで、プラスチックごみの大幅削減を目指します。

当たり前ではありますが、こういった新たな取り組みに積極的に協力していくことで、海洋ゴミ問題の解決に貢献できます。

監修者プロフィール

大槻 拓美

富山県滑川市在住。長野県伊那市出身。2001年4月伊那市役所入庁。徴税担当、結婚支援担当などを経て、移住定住・地方創生事業担当を歴任。プライベートでは高校生や大学生が地域と関わる活動の支援や、地区の交通安全協会会長を担うなど幅広く地域活動に従事。また、カードゲーム「SDGs de 地方創生」のファシリテーターとして高校や大学、企業などの研修会にも多数登壇。こうした活動を通じ、人と人との対話を促進して疑似体験から深い学びや行動変容を生み出すゲーミフィケーションの可能性に魅せられ、21年間の行政職員生活にピリオドを打ち、2022年4月より現職。「海なし県出身者だからこそ、海ごみ問題に取り組んでいきたい」と自ら志願し、「CHANGE FOR THE BLUE」カードゲームのファシリテーターを務める。

Contact Us

お気軽に、お問い合わせください

各種お問い合わせ
「CHANGE FOR THE BLUE」のイベント開催依頼やメディア取材、 その他各種ご依頼・お問い合わせはこちら
公認ファシリテーターになりたい方
ファシリテーターになって自分のイベントを開催したい方はこちらのページをご覧ください