ビジネスゲーム研修「The 商社」新人研修担当者様へ 新入社員のコミュニケーション能力を飛躍的にアップ!さらに自発的な目標設定と行動が身につく研修ツール

ビジネスゲームを使った研修でリーダーシップを徹底強化

ビジネスゲームの研修、THE商社セルフチェックシート
ビジネスゲームの研修、The 商社

ビジネスゲームの研修で使うゲーム概要 カード説明


ビジネスゲーム研修「The 商社」は、1〜6人でチームとなり、
全体として5〜10チーム、50人ほどでプレイします。
(研修人数が50人を超える場合は複数のグループに分けることで対応できます)
各チームにはビジネスに必要な3要素「ヒト・モノ・カネ」を象徴した、「ビジネスカード・ 資源カード・資金カード」が配られます。この3種類のカードは特定の組み合わせの
セットとすることで、「新規ビジネス」として成立し、新しいカードと「固定資産」を
得ることができます。
ビジネスゲーム「The 商社」の勝利条件は、他のチームよりも多くの「資産カード=
現金」と「設立した新規ビジネス=固定資産」を集めること
です。3種類のカードは自由にチーム間で交換や買い取り、借り受けといったやり取りができます。カード資産を
上手く運用し、他チームとの交渉を進め、トップを狙いましょう。
研修を通じて外部との交渉やチームビルディングに必要な、コミュニケーションと
リーダーシップを学ぶのがビジネスゲーム研修「The 商社」の目的です。参加者に「なぜビジネスで他者を尊重することが大切なのか」を学んでもらうことが可能です。

ビジネスゲーム研修の流れ

●ビジネスゲームの研修の流れ

 

ビジネスゲームの導入実績

研修実績
エム・シー・ヘルスケア株式会社
大阪成蹊大学
株式会社インテージ
株式会社オスカーJ.J
株式会社ジョブウェブ
株式会社日本経済新聞社
株式会社パソナ
株式会社リブ・コンサルティング
株式会社DMM.comラボ
 ※研修レポートはコチラ
銀座コーチングスクール(株式会社アンテレクト)
シーシーアイ株式会社
ジブラルタ生命保険株式会社
富山県庁
富山商工会議所青年部
凸版印刷株式会社
日軽物流株式会社
日本青年会議所コンサルティング部会
日本ユニコム株式会社
パナソニック デバイスエンジニアリング株式会社
 ※研修レポートはコチラ
富士ゼロックス中部株式会社
MXモバイリング株式会社
World Financial Consultants Group
製作実績
トヨタ自動車株式会社
 ※トヨタ自動車さまでの紹介ページ
オムロン株式会社
 ※オムロンさまでの紹介ページ(営業職向け)
 ※オムロンさまでの紹介ページ(技術職向け)
オリックス銀行株式会社
株式会社エフリード
株式会社島津製作所
株式会社東邦ビジコン
株式会社和不動産
株式会社矢島不動産
株式会社H.I.S
東京海上システムズ株式会社
豊島株式会社
阪和興業株式会社
ファミリーマート株式会社
富士フイルムメディカル株式会社
EMCジャパン株式会社
※敬称略

実績一覧はコチラ

導入企業事例

自立の確立
パナソニック デバイスエンジニアリング株式会社さまでの研修実績
150人が一堂に会し、同時にビジネスゲーム「The 商社」でのチームビルディング研修を行いました。通常ならば体験型研修は講義型研修と異なり、参加者の一人一人が活発に動くため大人数での実施は困難とされています。ですが、ビジネスゲーム「The 商社」はわずか3人の講師で体験型研修を実施することに成功しました。
その結果、全社員が役職や部署の壁を越えて交流し、チームビルディングを実現することができました。

販売コース

ビジネスゲームの研修コース

  • ビジネスゲームを使った研修

講師を派遣し、ビジネスゲーム「The 商社」での
研修を行います。
ゲーム参加と振り返りを通じて、
参加者をビジネスパーソンとして大きく成長させ、
組織の団結を強めます。

人数:
10〜100名
(170 名以上での研修実績もございます)
時間:
2時間〜6時間
対象:
中小企業様の全社員参加でのご利用。
大企業様の部署内、複数部署間で実施。
商工会や経営勉強会、サークルでの導入。
金額:
20万円〜(税抜)

ビジネスゲームの研修のカードセット購入コース

  • ビジネスゲームを使った研修

ビジネスゲーム「The 商社」のカードセットを購入してご活用して頂くコースです。開催される研修で自由にご利用できます。ルールの変更や、カードの追加、削除なども任意で行っていただけます。
ご購入後の料金は一切発生しません。
また、研修やルール改変などでアドバイスをお求めの際には、株式会社プロジェクトデザインが無料で
ご相談を承ります。

対象:
人事部として社内研修を実施される方
金額:
80万円(税抜)

なぜ「The 商社」で新人研修するのか?

①対人ビジネスとコミュニケーションの楽しさを伝える
新入社員研修を受けた学生たちが新入社員として最も成果を上げられるようになるためには、まず何よりも彼らの内に「意欲」「高いモチベーション」がなくてはなりません。彼らの胸に、会社の中で自分を社会人として成長させようという熱い思いがたぎっているならば、新入社員はたゆまず前進を続けていき会社に大きく貢献する人材になるでしょう。

 新入社員の「意欲」を燃やし続けるための燃料になるのは、「仕事を楽しむ気持ち」です。

 順調に成果を出せているうちは心配は要りませんが、社会という現実に生きていれば必ず「壁」に突き当たります。『契約が取れない』『納期までに仕上がらない』『クライアント様を怒らせてしまった』などなど、自分が想定したような結果が出せず、改善案も中々実らずに苦しい思いをする経験は誰にでもあります。特に対人ビジネスではクライアント様とトラブルが発生した時に、新入社員は若さ故にうまく心の整理ができないことが多いのです。そのような時期に仕事に何の楽しみも見出していないと、若手社員は辞表をしたためるペンを取るでしょう。このような悲観的局面にも新入社員が正面から向き合い、乗り越えるためには「仕事をしていて楽しい」という充実感が必要になってきます。
 ですが、学生の時分は責任感を伴う仕事を経験したことがないため、「仕事が楽しい」という実感はまるで想像もつきません。むしろ上司に叱られ、先輩に煙たがられ、同期に見下される恐ろしさばかりが新入社員の頭をよぎります。
 そうした恐怖を取り除き、人対人のビジネス、さらにはコミュニケーション全般の面白さを新入社員に知ってもらえるのがビジネスゲーム「The 商社」です。このビジネスゲームでは参加者同士のコミュニケーションがキモになります。チームメンバーと相談し合い、他チームと交渉することで、次々とビジネスを成立させていくことで強い達成感を獲得できます。そうして「コミュニケーションしたことで成功に繋がった」という成功体験を新入社員が蓄積していくことで、「仕事が楽しい」とはどういったことなのかが分かるようになります。このビジネスとコミュニケーションへの喜びは、体験から得られたですので他人のいかなる言葉よりも説得力を持って新入社員の心に根付きます。従って、苦境においても耐え、乗り越えられるタフさを新入社員に与えてくれるのです。
②コミュニケーションの本質を理解する
残念ですが、コミュニケーション能力を「ただ場を盛り上げて、相手をおだてる能力」だとお考えの方は、ここでお引き取り下さい。当社ではそうした能力の開発を承っておりません。
 しかし、「お互いの意思疎通」と「情報の共有」、そして「信頼関係」に重きを置かれているクライアント様はどうぞこのままお進みください。我が社の研修は、必ずご期待に沿うものとなります。
 コミュニケーションという言葉の定義、指し示す意味が錯綜する中で、その目的と本質も見失われがちです。ですが、本当のコミュニケーションとは、「互いに信頼し合い、協力することで、一人では為し得なかったことを実現すること」がその目的になります。ビジネスゲーム「The 商社」ではコミュニケーションにおける混乱を打ち破り、Win-Winの関係をしっかりと構築できるスキルを参加者に習得させます。
 ビジネスゲーム「The 商社」は、チームメンバーと意志統一を図り、他チームと相互理解を実現せねば必ず窮し、敗するゲームです。ゲームをプレイしていれば、勝利に近付くためにはチームで目標を一つにまとめ上げることと、それを全員が把握していることが不可欠であることをはっきり認識するようになります。加えて、他チームと交渉するために「相手の立場に立って、相手の求めていることを知る」ことと「相手に自分が何をしてあげられるかを明確に伝える」、双方向の視点からの相互理解が必要であることを悟ります。そこから発展し、自分に有利な状況をもたらしてくれる商談を成立させるのは相手を利する行動であるというWin-Winに気が付くのです。
 こうして人対人のビジネスを模擬体験することで、参加者である新入社員のコミュニケーション能力は急速に成長します。
③自分で目標を立て、実行に移す「自律」の確立
「言われたことをやっているだけ」の、責任ある社会人になりきれない学生が多くいます。企業としては新入社員に「能動的な行動」を求めたいところですが、そうした自発性は他人に言われたところで身につくものではありません。
 「自律」は、新入社員が自分自身で獲得しなくてはその意味も、価値も、効力もあり得ないのです。
 そしてビジネスゲーム「The 商社」では自分自身の体験から自律の仕事における重要性に「気づく」ことができます。
 「気づく」。これこそがビジネスゲーム「The 商社」の提供する、他の講義型の研修では決して為し得ない価値です。自律の本質と重要性を、参加した新入社員たちはゲームでトップを求めて競い合う中で発見します。ただ他の参加者に意見されるままでは現状の改善、打破は不可能であり、自分で判断して自分から積極的に動いていかなければならないことを肌で感じます。
 そうして、知らず知らずのうちに、目標を設定して、行動に移し、結果と見比べて善後策を練るというPDCAサイクル」を回すことを体得していきます。ビジネスゲーム研修でなくては、この「自律性」を身に付けて、今後の社会活動に活かしていくことは不可能です。
④新入社員が持つ個性と強みの発見
近年の若手社員の意識調査では、職場に「自分を成長させてくれること」と「自分を認めてもらうこと」を求める傾向が強くなっています。そうした新入社員にとって最も嬉しいことは、自分の個性を認めてもらえ、「自分にはコレができる」という強みを活かして成長していけることです。最近の若者は承認欲求が強く、自分らしい生き方、働き方を重視します。社員を大切にする会社であることを伝えたいならば、新入社員に喜んでもらえる研修として、彼らが自分の強みを発見できる新入社員研修を行うことをお勧めします。
 新入社員の個性を顕在化させ、それがビジネスでどのように武器とすることができるのかが明白になる舞台に、ビジネスゲーム「The 商社」はなることができます。ビジネスゲームの中で、新入社員はあらゆる役割に気軽に挑戦できます。リーダー、交渉役、情報収集担当者、作戦参謀、資産管理人など、自分の特性にあった仕事を発見できるのです。
 特に、4~6人のチームで活動することになるため、他の人と比較できるということが非常に大きなポイントです。比較することで思い込みではなく、本当の自分の強みが何なのかを新入社員たちは理解できます。
 強みを理解することで、新入社員はどのような形で自分が活躍すべきか、貢献すべきかを知ることができます。この適性に合わせて仕事を割り振ってあげれば、新入社員の能力を十二分に生かしていけます。そして新入社員に楽しく仕事をしてもらえるようになるでしょう。
⑤ビジネスゲームならではの高い定着率と学習効果
皆さんにも、学生時代につまらない授業中に寝てしまった経験はありますよね?しかし、体育の授業中に居眠りした剛の者は中々いないでしょう。自分の体を動かしている間は眠ってしまうことも、集中力が著しく低下しぼんやりとしてしまうこともありません。多くのセミナー講師や先生たちを悩ませる、「講義をろくに聞いてくれない」という問題はビジネスゲーム研修とはまるで無縁です。参加者は常に活発に動き続け、ゲームを楽しみます。
教育の第一関門である「話を聞いてもらえない」という壁をビジネスゲームは易々と乗り越えていきます。
 次に、講義の第二の問題点として、「ともすれば意見の一方的な押し付けになりかねない」という恐れがあります。こちらもビジネスゲームの新入社員研修では心配ご無用。なぜならばビジネスゲーム研修の学びは、自分自身の体験から生じる「気づき」であるためです。自分で「気づいた」内容であるならば、誰に反発することもなく、参加した新入社員の心の中にすんなりと根付きます。
 そして研修の最も憂慮すべき「学習内容を実際のビジネスで活かせない」問題も、株式会社プロジェクトデザインのビジネスゲーム研修はクリアしています。なぜならば、元々実際のビジネスをモデル化して作られたのが我が社のビジネスゲームであるからです。
入念な企業へのヒアリングと、経営コンサルタントとしての知見を土壌にして生まれたため、非常に高いリアリティを保ちながら、それでいてゲームとしての面白みを兼ね備えています。そのゲームから得た学習成果は、スムーズに、あるべき姿へと帰るように、実際のビジネスに応用されるのです。

販売コース

ビジネスゲームの研修コース

  • ビジネスゲームを使った研修

講師を派遣し、ビジネスゲーム「The 商社」での
研修を行います。
ゲーム参加と振り返りを通じて、
参加者をビジネスパーソンとして大きく成長させ、
組織の団結を強めます。

人数:
10〜100名
(170 名以上での研修実績もございます)
時間:
2時間〜6時間
対象:
中小企業様の全社員参加でのご利用。
大企業様の部署内、複数部署間で実施。
商工会や経営勉強会、サークルでの導入。
金額:
20万円〜(税抜)

ビジネスゲームの研修のカードセット購入コース

  • ビジネスゲームを使った研修

ビジネスゲーム「The 商社」のカードセットを購入してご活用して頂くコースです。開催される研修で自由にご利用できます。ルールの変更や、カードの追加、削除なども任意で行っていただけます。
ご購入後の料金は一切発生しません。
また、研修やルール改変などでアドバイスをお求めの際には、株式会社プロジェクトデザインが無料で
ご相談を承ります。

対象:
人事部として社内研修を実施される方
金額:
80万円(税抜)

The 商社のお問い合わせはこちら

THE商社を活用した新人研修・新入社員研修に関するご質問、ご相談は電話またはメールフォームからお問い合わせください。
その他、新人研修・新入社員研修に関するご相談も受け付けています。

電話メール
会社名*
担当者名*
電話番号*
メールアドレス*
お問い合わせ件名*
お問い合わせ内容*



PAGETOP