ビジネスゲーム研修「The 商社」ビジネスゲームを使った研修でリーダーシップを徹底強化

ビジネスゲームを使った研修でリーダーシップを徹底強化

ビジネスゲームの研修、The 商社

ビジネスゲームの研修で使うゲーム概要 カード説明


ビジネスゲーム研修「The 商社」は、1〜6人でチームとなり、
全体として5〜10チーム、50人ほどでプレイします。
(研修人数が50人を超える場合は複数のグループに分けることで対応できます)
各チームにはビジネスに必要な3要素「ヒト・モノ・カネ」を象徴した、「ビジネスカード・ 資源カード・資金カード」が配られます。この3種類のカードは特定の組み合わせの
セットとすることで、「新規ビジネス」として成立し、新しいカードと「固定資産」を
得ることができます。
ビジネスゲーム「The 商社」の勝利条件は、他のチームよりも多くの「資産カード=
現金」と「設立した新規ビジネス=固定資産」を集めること
です。3種類のカードは自由にチーム間で交換や買い取り、借り受けといったやり取りができます。カード資産を
上手く運用し、他チームとの交渉を進め、トップを狙いましょう。
研修を通じて外部との交渉やチームビルディングに必要な、コミュニケーションと
リーダーシップを学ぶのがビジネスゲーム研修「The 商社」の目的です。参加者に「なぜビジネスで他者を尊重することが大切なのか」を学んでもらうことが可能です。

ビジネスゲーム研修の流れ

●ビジネスゲームの研修の流れ

ビジネスゲームの導入実績

研修実績
エム・シー・ヘルスケア株式会社
大阪成蹊大学
株式会社インテージ
株式会社オスカーJ.J
株式会社ジョブウェブ
株式会社タニタ
※研修レポートはコチラ
株式会社日本経済新聞社
株式会社パソナ
株式会社リブ・コンサルティング
株式会社DMM.comラボ
※研修レポートはコチラ
銀座コーチングスクール(株式会社アンテレクト)
シーシーアイ株式会社
ジブラルタ生命保険株式会社
富山県庁
富山商工会議所青年部
凸版印刷株式会社
日軽物流株式会社
日本青年会議所コンサルティング部会
日本ユニコム株式会社
パナソニック デバイスエンジニアリング株式会社
※研修レポートはコチラ
富士ゼロックス中部株式会社
MXモバイリング株式会社
World Financial Consultants Group
製作実績
トヨタ自動車株式会社
※トヨタ自動車さまでの紹介ページ
オムロン株式会社
※オムロンさまでの紹介ページ(営業職向け)
※オムロンさまでの紹介ページ(技術職向け)
オリックス銀行株式会社
株式会社エフリード
株式会社島津製作所
株式会社東邦ビジコン
株式会社和不動産
株式会社矢島不動産
株式会社H.I.S
東京海上システムズ株式会社
豊島株式会社
阪和興業株式会社
ファミリーマート株式会社
富士フイルムメディカル株式会社
EMCジャパン株式会社

※敬称略
実績一覧はコチラ

導入企業事例

自立の確立
パナソニック デバイスエンジニアリング株式会社さまでの研修実績
150人が一堂に会し、同時にビジネスゲーム「The 商社」での研修を行いました。通常ならば体験型研修は講義型研修と異なり、参加者の一人一人が活発に動くため大人数での実施は困難とされています。ですが、ビジネスゲーム「The 商社」はわずか3人の講師で体験型研修を実施することに成功しました。
その結果、全社員が役職や部署の壁を越えて交流し、親睦を深めることができました。

販売コース

ビジネスゲームの研修コース

  • ビジネスゲームを使った研修

講師を派遣し、ビジネスゲーム「The 商社」での
研修を行います。
ゲーム参加と振り返りを通じて、
参加者をビジネスパーソンとして大きく成長させ、
組織の団結を強めます。

人数:
10〜100名
(170 名以上での研修実績もございます)
時間:
2時間〜6時間
対象:
中小企業様の全社員参加でのご利用。
大企業様の部署内、複数部署間で実施。
商工会や経営勉強会、サークルでの導入。
金額:
20万円〜(税抜)

ビジネスゲームの研修のカードセット購入コース

  • ビジネスゲームを使った研修

ビジネスゲーム「The 商社」のカードセットを購入してご活用して頂くコースです。開催される研修で自由にご利用できます。ルールの変更や、カードの追加、削除なども任意で行っていただけます。
ご購入後の料金は一切発生しません。
また、研修やルール改変などでアドバイスをお求めの際には、株式会社プロジェクトデザインが無料で
ご相談を承ります。

対象:
人事部として社内研修を実施される方
金額:
80万円(税抜)

 

リーダーシップとはどんなスキルか?

明るい未来像を示す
明るい未来像を示すリーダーシップとして第一に求められることは「メンバーに安心感を与えること」です。組織が効果的に機能するためには、組織が一致団結していなくてはなりません。ですがメンバーが「この組織にいても大丈夫なのか、このリーダーについていっても大丈夫なのか」という不安を抱えていると、不安の衝動に駆られ身勝手に行動してしまいます。組織の足並みを揃えるためのリーダーシップの根幹がが安心感を与えることなのです。
リーダーシップと安心感について、マーカス・バッキンガムの著書「最高のリーダー、マネジャーいつも考えているたったひとつのこと」では『優れたリーダーは部下たちに共通する不安に注目する』と書かれています。優れたリーダーシップとは共通する不安を拭い去る明るい未来像を示すことなのです。しかもリーダーから与えられる安心感がメンバーに共通するものであることは、メンバーたちも自覚できるので、副次的に一体感を増す効果も期待できるのです。

未来への道筋を描く
未来への道筋を描く明るい未来像を示すことができても、もし未来像があまりにも実現不可能に思えるものだとすれば、やはり不安は拭えません。そのためリーダーシップの第2の要項は未来に続く道筋を描くことです。すなわち目標を達成するための具体的な戦略の構築がリーダーシップとして求めらます。
5W2Hまで明確にした戦略が組めれば理想的ですが、始めからすべてを決定しておくことは現実的ではありません。そこで、まずは「いつ、どの数値的な成果目標を、どのくらいの値にするのか」を決定してタスクブレイクダウンすることだけはリーダーシップとして発揮せねばなりません。

資源投資の決断力
資源投資の決断力経営資源の代表とされる「ヒト・モノ・カネ」、最近は「情報・時間」を追加して考えることも多くなってきましたが、これらの資源は有限です。したがって経営資源の投資先と投資する量を、そのリターンを予測した上で決断することがリーダーシップとして求められます。
この投資の際には、その理念と経済性が組織のメンバーや外部のパートナーに説明できる形になっている必要があります。理解が得られなくては一致団結はありえないのですから。経営理念の面でも投資の回収可能性の面でも、論理的に説明できる説得材料を揃えた上で、投資判断を行えるのもリーダーシップの重要な要素です。

上とのコミュニケーション:数値目標
上とのコミュニケーション:数値目標リーダーシップを発揮する役職の中でも、次世代管理職はとりわけ幅広い、多様なコミュニケーションをを求められます。以下では上下左右に分類してコミュニケーションを説明していきます。
まず次世代管理職は、その上司とのコミュニケーションを取ります。この場合のコミュニケーションの軸となるのは「数値目標」です。どの時点で、どの数値が、どの値になっているかというマイルストーンを設定することになります。
次世代管理職には、リーダーシップとして2種類の能力が求めらます。一つは上司の要望の真意、つまりその数値目標が会社全体でどうして必要なのかを理解する俯瞰的な観察能力。もう一つは現場の状態からどの程度の実現可能性があるかを報告する力です。この2つを組み合わせて、マイルストーンの確実な達成プランの提示や、より良いマイルストーンの提案ができれば、上から求められるリーダーシップとしては合格点です。

左右のコミュニケーション:連携
左右のコミュニケーション:連携左右のコミュニケーションとは、自分と同じクラスの管理職同士の連携です。例えばマーケティング部門とセールス部門はお互いが情報共有することでより高い成果をお互いに生み出せます。マーケティング部門はセールス部門からクライアントの生の声、需要を聞くことで自社商品のニーズと本当の市場価値を知ることができます。そうすればマーケティング戦略は大幅に改善されます。一方セールス部門は、マーケティング部門が予めクライアントに、シンプルかつ十分な情報提供をしておいてくれれば、時間コストを大幅に削減できます。正しいマーケティングの成果により、クライアントの側で欲しい商品や求めるスペックがある程度決まっているからです。クライアントのニーズを喚起するというセールスのファーストステップが省けることは誠に嬉しいことです。
しかしながら、他部門とは滅多にコミュニケーションを取る機会がありません。そのため次世代管理職が自らその機会を設ける主体性が求められます。積極的に他部門に働きかける主体性は中々浸透していないからこそ、他と差をつけるためのリーダーシップのポイントです。

下へのコミュニケーション:指示
下へのコミュニケーション:指示次世代管理職がもっとも時間を使うコミュニケーションが部下とのコミュニケーションです。ここで適切なリーダーシップを発揮できれば、チームとして成果を上げるのみならず、大幅な時間コストの短縮が望めます。
では部下に示すべきリーダーシップとは何でしょうか。この時のリーダーシップの目標は、部下自身に『自分は上司から尊重され、理解されている。そして自分に相応しい仕事を与えてもらっている』という納得と安心を抱いてもらうことです。これは部下の自己承認欲求を満たすことでもあります。
部下に納得と安心を持ってもらうためのリーダーシップの要の一つは、部下の長所を理解しているとはっきり言葉に出してあげることです。褒められたとき、特に自分が自信を持っている分野で褒められたときには誰もが非常に喜ぶものです。もう一つ見逃せないのは、仕事の意義を感じてもらうということです。無意味に思える労働は苦役ですが、割り振った仕事が会社全体にどのように貢献しているかを実感してもられば、やりがいと責任感を与えられます。こうして部下のモチベーションをコントロールするのは、リーダーシップの要諦です。

 

なぜ「The 商社」でリーダーシップ研修をするのか

目標の明示:チームが一丸とする目標を掲げる
目標の明示ビジネスゲーム研修「The 商社」では、あらかじめ目標を「現金と固定資産の総額を最大化すること」として与えています。これにより組織が共通の目標により一致団結したときに発揮できる力の強さを実感できます。それ故に、リーダーシップにおける目標設定の重要さを体感できる仕組みとなっているのです。

戦略立案:目標達成のための筋道を描ける
戦略立案またリーダーシップを持っている人はこの時点で活躍を始めます。資産を最大化するという大きな目標を達成するために、どのような戦略を構築すべきかを提案できるのです。ビジネスゲーム研修「The 商社」で勝利するための道筋は大きく分けて2種類あります。特定の固定資産ばかりを集めてその額面を倍にして計上できる「専門商社」か、幅広くビジネスを展開してすべての固定資産を倍にする「総合商社」になることです。この2つのゴールは「集中」と「分散」のまったく逆方向の戦略です。そのため迷いのないリーダーシップでどちらに舵切りをするかを選択することが勝利には必要となるのです。

経営資源管理:「ヒト・モノ・カネ」の適切な運用
経営資源管理代表的な経営資源である「ヒト・モノ・カネ」は、ビジネスゲーム研修「The 商社」ではそれぞれカードと参加者として表現されています。この資源はスタートの時点では、それぞれのチームに独自の強みがあるものの、横並びの状態になっています。それでも1ターン12分が経過しただけで1位と最下位では大きな差が生まれてしまいます。これはリーダーシップが発揮され適切に経営資源を投資できたチームと、無計画に行き当たりばったりで資源を浪費してしまったチームの差異です。具体的な数字やカードの枚数で資産が可視化されることで、どのチームでどのようにリーダーシップが発揮されているかを何時でも確かめることができます。

積極性:自らが率先して行動する
積極性人間は変化を嫌うものです。どうなるか分からない未知が訪れるより、安定した日常が繰り返されることを望みます。変化が起きるのさえ嫌なのに、自ら変化を起こすとなれば、かなり強い意志が必要とされます。ですが優れたリーダーシップを持つ人はこうした難題を乗り越え、自分から行動を起こしています。
ビジネスゲーム研修「The 商社」は、実は直接的にそうした意志の力を教え込むものではありません。その逆で「変化を自ら起こそうとしないと、ビジネスでは置いて行かれる」という失敗の舞台となることがほとんどです―もちろん、元から自発的に変化を起こすリーダーシップを持つ人はビジネスゲームでも活躍されるのですが―そうした失敗を通じて、自分がリーダーシップを取らなくてはならない時には、積極的に行動を起こしていくのだと決意してもらうのがビジネスゲーム研修の目的です。

説得力:論理的に他人と対話し、行動を促す
説得力1チーム4-6人でプレイするビジネスゲーム研修「The 商社」では、例えどれほど優秀な人がいても、その人一人だけが頑張っても絶対に勝てません。チームの力を結集してこそ良い結果が得られるのです。そのためにはチームメンバーに自分の意図を理解してもらった上で行動してもらう必要があります。仲間を自分の理念、目標に巻き込み、行動を促すリーダーシップが求められます。
また、ビジネスゲーム研修「The 商社」は他のチームとの交渉を通じてゲームが進行します。そのため競争相手である他チームを説得し、自分たちの利益を生み出す取引を成立させなくてはなりません。そのためには取引が「Win-Win」であり相手にも利益があることを説明する必要があります。論理的に相手を説得する対話能力もリーダーシップの要素としてビジネスゲーム研修で鍛えられます。

指導力:部下が納得できる指示を出す
指導力部下を持った時に一番大切になってくるリーダーシップ、それが指導力です。しかしながら、指導や教育には誰にでも通用する万能の解決策「銀の弾丸」は存在しません。ある人には褒め言葉でも、ある人には侮辱として感じられる言葉もあるのです。ある人には応援になっても、またある人にはストレスに感じられることもあります。
人材育成はそれほどの難題ですが、一つだけリーダーシップとして共通して発揮されるべき指導力があります。それは「部下の長所に注目する」ということです。人には個性があります。戦略眼に恵まれた人、資産管理を適切に行える人、メンバーをまとめるのが上手な人、他組織との交渉に優れた人。適切な役割分担をし、彼らの力を組み合わせれば、組織力は最大化されます。この指導力がリーダーシップとして一番欠かせないものです。ビジネスゲーム研修「The 商社」は全ての人が自分の長所を活かす機会が与えられるので、リーダーが長所を見つけることができ、リーダーの指導力を伸ばすことができるのです。

 

製作者の想い


市岡経営支援事務所 商工会議所の経営講座

The 商社は株式会社プロジェクトデザインが提供する研修教材の記念すべき1作目として、2010年創業と同時にリリースを始めたツールです。ビジネスゲーム「The 商社」を開発する以前は、企業からの依頼を受けて、個別に各社の事情に合わせたビジネスゲーム研修を作って納めると いう仕事をしていました。

ですが、いつしか『これまでの経験をひとつのパッケージにまとめ、気軽に購入・体験できる研修教材を開発したい』 そういう思いが募るようになり、「The 商社」の開発に取り組むようになりました。

開発にあたり、特に意識した点は『「ビジネスゲーム」という形は手段であって、目的ではない』ということです。ゲームという形を意識し過ぎると、リアリティが失われます。「相手の立場を考えたり、ストレスがかかる中、何かを成し遂げる」という要素が欠落しているものが多いのです。

ビジネスは知恵を振り絞って企画を立てる場であると同時に、人と人との繋がりやコミュニケーションで成り立つものでもあります。そういった、ビジョンを描きチームをまとめる力や、win-win を考えながら取引をまとめる力などをひとつの研修教材で学べるように苦心いたしました。

プロトタイプを作成してからテストを重ね、現在では全国に 20 名を超えるファシリテーターの方々に協力頂き、20,000 人以上の方に体験頂くまでになりました。現在も毎月1回ニュースレターという形で商品の更新情報や活用事例を届け、商品の強化をはかっています。

是非、弊社のホームページを訪れた皆さんにもビジネスゲーム研修「The 商社」を体験頂き、ご自身のビジネスや人材育成に活かして頂ければと思います。

販売コース

ビジネスゲームの研修コース

  • ビジネスゲームを使った研修

講師を派遣し、ビジネスゲーム「The 商社」での
研修を行います。
ゲーム参加と振り返りを通じて、
参加者をビジネスパーソンとして大きく成長させ、
組織の団結を強めます。

人数:
10〜100名
(170 名以上での研修実績もございます)
時間:
2時間〜6時間
対象:
中小企業様の全社員参加でのご利用。
大企業様の部署内、複数部署間で実施。
商工会や経営勉強会、サークルでの導入。
金額:
20万円〜(税抜)

ビジネスゲームの研修のカードセット購入コース

  • ビジネスゲームを使った研修

ビジネスゲーム「The 商社」のカードセットを購入してご活用して頂くコースです。開催される研修で自由にご利用できます。ルールの変更や、カードの追加、削除なども任意で行っていただけます。
ご購入後の料金は一切発生しません。
また、研修やルール改変などでアドバイスをお求めの際には、株式会社プロジェクトデザインが無料で
ご相談を承ります。

対象:
人事部として社内研修を実施される方
金額:
80万円(税抜)

The 商社のお問い合わせはこちら

研修依頼・ご購入やその他ビジネスゲーム「The 商社」に関するご質問、ご相談は電話またはメールフォームからお問い合わせください。

電話メール
会社名*
担当者名*
電話番号*
メールアドレス*
お問い合わせ件名*
お問い合わせ内容*
弊社からの News Letter が不要の方はチェックを入れてください



PAGETOP