楽しく交流でき、協力しあいながらスキルアップができる

 

ビジネスゲーム「The 商社」でのチームビルディング研修の光景

 
 

「The 商社」で得られるチームビルディングの効果

ビジネスゲームの研修、The 商社

ビジネスゲームの研修で使うゲーム概要 カード説明


ビジネスゲーム研修「The 商社」は、1〜6人でチームとなり、全体として5〜10チーム、50人ほどでプレイします。
(研修人数が50人を超える場合は複数のグループに分けることで対応できます)
各チームにはビジネスに必要な3要素「ヒト・モノ・カネ」を象徴した、「ビジネスカード・ 資源カード・資金カード」が配られます。この3種類のカードは特定の組み合わせのセットとすることで、「新規ビジネス」として成立し、新しいカードと「固定資産」を得ることができます。
ビジネスゲーム「The 商社」の勝利条件は、他のチームよりも多くの「資産カード=現金」と「設立した新規ビジネス=固定資産」を集めることです。3種類のカードは自由にチーム間で交換や買い取り、借り受けといったやり取りができます。カード資産を上手く運用し、他チームとの交渉を進め、トップを狙いましょう。
研修を通じて外部との交渉やチームビルディングに必要な、コミュニケーションとリーダーシップを学ぶのがビジネスゲーム研修「The 商社」の目的です。参加者に「なぜビジネスで他者を尊重することが大切なのか」を学んでもらうことが可能です。

ビジネスゲーム研修の流れ

●ビジネスゲームの研修の流れ

 

ビジネスゲームの導入実績

研修実績
エム・シー・ヘルスケア株式会社
大阪成蹊大学
株式会社インテージ
株式会社オスカーJ.J
株式会社ジョブウェブ
株式会社タニタ
※研修レポートはコチラ
株式会社日本経済新聞社
株式会社パソナ
株式会社リクルートキャリア
※研修レポートはコチラ
株式会社リブ・コンサルティング
株式会社DMM.comラボ
※研修レポートはコチラ
銀座コーチングスクール(株式会社アンテレクト)
シーシーアイ株式会社
ジブラルタ生命保険株式会社
富山県庁
富山商工会議所青年部
凸版印刷株式会社
日軽物流株式会社
日本青年会議所コンサルティング部会
日本ユニコム株式会社
パナソニック デバイスエンジニアリング株式会社
※研修レポートはコチラ
富士ゼロックス中部株式会社
MXモバイリング株式会社
World Financial Consultants Group
製作実績
トヨタ自動車株式会社
※トヨタ自動車さまでの紹介ページ
オムロン株式会社
※オムロンさまでの紹介ページ(営業職向け)
※オムロンさまでの紹介ページ(技術職向け)
オリックス銀行株式会社
株式会社エフリード
株式会社島津製作所
株式会社東邦ビジコン
株式会社和不動産
株式会社矢島不動産
株式会社H.I.S
東京海上システムズ株式会社
豊島株式会社
阪和興業株式会社
ファミリーマート株式会社
富士フイルムメディカル株式会社
EMCジャパン株式会社

※敬称略
実績一覧はコチラ

導入企業事例

自立の確立
パナソニック デバイスエンジニアリング株式会社さまでの研修実績
150人が一堂に会し、同時にビジネスゲーム「The 商社」でのチームビルディング研修を行いました。通常ならば体験型研修は講義型研修と異なり、参加者の一人一人が活発に動くため大人数での実施は困難とされています。ですが、ビジネスゲーム「The 商社」はわずか3人の講師で体験型研修を実施することに成功しました。
その結果、全社員が役職や部署の壁を越えて交流し、チームビルディングを実現することができました。

販売コース

ビジネスゲームの研修コース

  • ビジネスゲームを使った研修

講師を派遣し、ビジネスゲーム「The 商社」での
研修を行います。
ゲーム参加と振り返りを通じて、
参加者をビジネスパーソンとして大きく成長させ、
組織の団結を強めます。

人数:
10〜100名
(170 名以上での研修実績もございます)
時間:
2時間〜6時間
対象:
中小企業様の全社員参加でのご利用。
大企業様の部署内、複数部署間で実施。
商工会や経営勉強会、サークルでの導入。
金額:
20万円〜(税抜)

 

ビジネスゲームの研修のカードセット購入コース

  • ビジネスゲームを使った研修

ビジネスゲーム「The 商社」のカードセットを購入してご活用して頂くコースです。開催される研修で自由にご利用できます。ルールの変更や、カードの追加、削除なども任意で行っていただけます。
ご購入後の料金は一切発生しません。
また、研修やルール改変などでアドバイスをお求めの際には、株式会社プロジェクトデザインが無料で
ご相談を承ります。

対象:
人事部として社内研修を実施される方
金額:
80万円(税抜)

 

チームビルディングがなぜ必要なのか

今いるメンバーで最大の成果を出すことが組織運営の理想です。チームビルディングとはそうした組織作りのことを指します。
チームビルディングでは次のような条件が必須項目とされています。
 

目標がチームで共有されている
目標の共有「目標」は大きなところでは経営理念の実現、小さなところではKPI(重要業績評価指標)の達成が挙げられます。いずれにせよ最優先で達成するべきことは何かをチームの誰もが把握することからチームビルディングは始まります。
さらに良いチームビルディングを達成するには目標がポジティブで、達成することで明るい展望が持てると示されていることが必要になります。こうしたチームビルディングの成功例としては、トヨタの豊田章男社長が掲げた「もっといいクルマをつくろうよ」という方針があります。みんなで「いいクルマ」を作ることで一致団結し、業績を大幅に改善しました。

チームメンバーに信頼感が生まれている
信頼感組織論に基づく人材マネジメントの方針としては個人最適と組織最適に大別されます。チームビルディングはどちらかと言えば個人最適に根差しています。組織最適のマネジメントでは個人は自分の仕事に集中していれば成果に繋がりますが、チームビルディングのような個人最適のマネジメントでは、個人と個人同士が仕事の範疇を越えた絆を持っていなくてはなりません。個人最適だけでは組織全体での効率化が達成し辛いのです。そのためメンバー同士が自発的にコミュニケーションを取ってくれるほどの信頼関係をチームビルディングは求めているのです。
信頼関係はあるときには気づきにくいものですが、失われてしまったために凋落した企業は多くあります。

それぞれの力が発揮される工夫がされてる
長所を発揮先述の通り、チームビルディングは個人の能力を最大限に発揮することに重点を置いた個人最適のマネジメントです。個人個人が本来持つ能力と長所を、お互いが認め合わなくてはなりません。例えば人当りの良い人には接客や対面での営業を、数字に強い人には成果指標の分析を任せるなど、業務をセグメントし、集中的に任せてしまうのがチームビルディングの理想形となります。これは人材マネジメントにおける「選択と集中」と言えるでしょう。砕けた言い方をすると「思い切って、一任してしまう」ことです。こうした役割分担でお互いの良さを引き出し、相乗効果を生む、つまり「1+1」を2以上にすることがチームビルディングの目的です。

 

なぜビジネゲーム「The 商社」で研修するのか?

目標の共有
目標の共有チームビルディングの目的は「1+1を2以上にする」と表現されるように、個人だけではできないことを成し遂げることにあります。そうしたチームビルディングで第一に始めるべきは、目標の共有であることは疑いの余地もありません。その目標はチームの誰もが認識しやすいように明文化されているべきです。一方で「目標の共有」があいまいな形になっていると、チームの足並みが揃わず力を発揮できません。
ビジネスゲーム研修「The 商社」では、ゲームの目標を「資産を最大化すること」にあらかじめ設定してあります。そのためビジネスゲーム研修での体験を通じて「目標を共有してチームが一体化することで大きな力を発揮できる」という実感を持ってもらうことができます。

達成感を共有し、交流を深める
達成感を共有し、交流を深めるチームメンバーをただの仕事相手を越えた「仲間」として感じられる時。それは 共同作業により苦難を乗り越えたときです。この時に得られる達成感が団結を深めるチームビルディングには不可欠です。 ビジネスゲーム研修「The 商社」は、ただゲームで勝利すること以外にも達成感が得られるような工夫がされています。 カードのセットを揃え「ビジネスの設立」を達成し、報酬を獲得することで、 小さな達成感を小出しに連続して提供しています。この絶え間ない達成感と昂揚感で交流を深め、ビジネスゲーム研修でのチームビルディングを実現します。

お互いの長所を認め合う
お互いの長所を認め合うビジネスゲーム研修「The商社」では「ビジネスの設立」という小さなイベントを繰り返し達成して進行していきます。このイベントを達成する時には「リーダーシップ」「団結」「交渉」「戦略眼」「資産管理」など多くの能力が発揮されます。そのため参加者それぞれの個性、長所が如実に表れるのです。そしてその長所がいずれもビジネスに貢献するものであることも明らかになります。人間同士の付き合いですから、どうしても嫌な一面を見ることもあるでしょう。ですがそれを上回る相手の長所への理解があれば、チームは機能します。チームビルディングではそうした長所を承認しあうことで仲間同士を結び付けているのです。

ビジネスに活かせる知識を獲得
ビジネスに活かせる知識を獲得ビジネススキルをアップする効果もビジネスゲーム研修には備わっています。ビジネスゲーム研修は実際のビジネスをモデル化したものであるため、研修で得た気づきはそのままビジネスの場に応用できるノウハウとなります。この学びで重要なのは、ゲーム終了後の振り返りワークになります。この振り返りでの問いかけを工夫することで得られる気づきを多様にしたり、深めたりすることができます。参加者に気づいてほしい内容はクライアントさま毎に異なるので、振り返りワークの内容も研修ごとに調整してあります。例えば「なぜこの順位になったのか」の問いに対して自分なりの回答を容易し、共有することで自分のチームにある強み、他のチームが発揮した良さを確認できます。

リーダーシップの養成
リーダーシップの養成リーダーシップはチームビルディングにおいて注目度の高い能力です。ビジネスゲーム研修ではチームを組んでゲームに臨みます。そこでは個人の能力の高さより、チームの団結力が勝敗を決定づけます。活躍したチームを見てください、必ず優れたリーダーシップを発揮している人がいるのです。
ビジネスゲーム研修ではリーダーシップを取れる人を見つけることができ、さらにそのリーダーシップを学び取ることができるのです。振り返りワークではコーチング形式の問いかけを通じて、「良いリーダーシップとは何か」を全員が学び取ることができます。
また、優れたリーダーとは、決して独断専行ではなくメンバーを一人一人尊重し、彼らに共通のビジョンを示せる能力を持つ人であることが分かるでしょう。

製作者の想い


市岡経営支援事務所 商工会議所の経営講座

The 商社は株式会社プロジェクトデザインが提供する研修教材の記念すべき1作目として、2010年創業と同時にリリースを始めたツールです。ビジネスゲーム「The 商社」を開発する以前は、企業からの依頼を受けて、個別に各社の事情に合わせたビジネスゲーム研修を作って納めると いう仕事をしていました。

ですが、いつしか『これまでの経験をひとつのパッケージにまとめ、気軽に購入・体験できる研修教材を開発したい』 そういう思いが募るようになり、「The 商社」の開発に取り組むようになりました。

開発にあたり、特に意識した点は『「ビジネスゲーム」という形は手段であって、目的ではない』ということです。ゲームという形を意識し過ぎると、リアリティが失われます。「相手の立場を考えたり、ストレスがかかる中、何かを成し遂げる」という要素が欠落しているものが多いのです。

ビジネスは知恵を振り絞って企画を立てる場であると同時に、人と人との繋がりやコミュニケーションで成り立つものでもあります。そういった、ビジョンを描きチームをまとめる力や、win-win を考えながら取引をまとめる力などをひとつの研修教材で学べるように苦心いたしました。

プロトタイプを作成してからテストを重ね、現在では全国に 20 名を超えるファシリテーターの方々に協力頂き、20,000 人以上の方に体験頂くまでになりました。現在も毎月1回ニュースレターという形で商品の更新情報や活用事例を届け、商品の強化をはかっています。

是非、弊社のホームページを訪れた皆さんにもビジネスゲーム研修「The 商社」を体験頂き、ご自身のビジネスや人材育成に活かして頂ければと思います。

販売コース

ビジネスゲームの研修コース

  • ビジネスゲームを使った研修

講師を派遣し、ビジネスゲーム「The 商社」での
研修を行います。
ゲーム参加と振り返りを通じて、
参加者をビジネスパーソンとして大きく成長させ、
組織の団結を強めます。

人数:
10〜100名
(170 名以上での研修実績もございます)
時間:
2時間〜6時間
対象:
中小企業様の全社員参加でのご利用。
大企業様の部署内、複数部署間で実施。
商工会や経営勉強会、サークルでの導入。
金額:
20万円〜(税抜)

ビジネスゲームの研修のカードセット購入コース

  • ビジネスゲームを使った研修

ビジネスゲーム「The 商社」のカードセットを購入してご活用して頂くコースです。開催される研修で自由にご利用できます。ルールの変更や、カードの追加、削除なども任意で行っていただけます。
ご購入後の料金は一切発生しません。
また、研修やルール改変などでアドバイスをお求めの際には、株式会社プロジェクトデザインが無料で
ご相談を承ります。

対象:
人事部として社内研修を実施される方
金額:
80万円(税抜)

The 商社のお問い合わせはこちら

研修依頼・ご購入やその他ビジネスゲーム「The 商社」に関するご質問、ご相談は電話またはメールフォームからお問い合わせください。

電話メール
会社名*
担当者名*
電話番号*
メールアドレス*
お問い合わせ件名*
お問い合わせ内容*

弊社からの News Letter が不要の方はチェックを入れてください



PAGETOP