大企業から中小企業まで300社以上が導入体感型チームビルディング研修
The 商社

参加人数:10~150人/研修時間:3~6時間
カード:4種類/ファシリテーター:1人

チームビルディング研修
The 商社とは?
ABOUT

大手企業から中小企業まで300社以上が導入する
ビジネスゲームを活用した体感型研修

ビジネスゲーム「The 商社」は4~6人程のチームを組み、他のチームと様々な交渉を行うゲームです。
常にビジネスマン同士の取引として交渉に臨まなければならないため、参加者はゲームを通して自発的にWin-Winの関係を成立させることの重要性に気付きます。また、チーム対抗のためチームビルディング力、リーダーシップ力が自然と身に付く研修となっています。
ただ講義を受けるだけでは得られない「実感」を伴うことで、研修後にも自分の中に強く残り、行動の改善に繋がります。

大手企業から中小企業まで300社以上が導入(導入企業一部抜粋)

  • 株式会社日立製作所
  • ヤフー株式会社
  • ソフトバンク株式会社
  • デル株式会社
  • MXモバイリング株式会社
  • グロービス株式会社
  • 株式会社リクルートキャリア
  • ランサーズ株式会社
  • ジブラルタ生命保険株式会社
  • 株式会社みずほフィナンシャルグループ
研修受講者 さま
南九イリョー株式会社 さま

チームビルディング研修を
The 商社で行う理由
REASON

Reason1

経営感覚も身に付く明確な「ビジョン」共有

チームビルディングの目的は「1+1を2以上にする」と表現されるように、個人だけではできないことを成し遂げることにあります。
そうしたチームビルディングで第一に始めるべきはビジョンの共有であり、ビジョンが共有されなければチームの足並みは揃わず、本来の力を発揮できません。
ビジネスゲーム研修「The 商社」は、この「ビジョン共有」の重要性を体感してもらうため、ゲームのゴールを経営感覚も養える「資産を最大化すること」に明確に設定しています。

Reason2

達成感を共有し、チームの団結力を深める

チームメンバーをただの仕事相手を越えた「仲間」として感じられる時。それは 共同作業により苦難を乗り越え、達成感を共有した時です。団結を深めるチームビルディングにはこの達成感の共有が不可欠です。
ビジネスゲーム研修「The 商社」は、ただゲームで勝利すること以外にも カードのセットを揃え「ビジネスの設立」を達成し、報酬を獲得するなど、 随所に達成感を感じられる工夫がされています。絶え間ない達成感と昂揚感でチームの団結力を深めます。

Reason3

社内・社外でWin-Winの関係を築く重要性の理解

現在はテクノロジーの進化に伴い市場の変化が速くなっており、自社が持つ「ヒト・モノ・カネ」だけで経営することは厳しく、外部パートナーを巻き込んだビジネスが求められています。
「The 商社」はこの様なビジネスの実態に合った”自社(自分たちのチーム)だけでなく、取引先や関係会社(他チーム)とWin-Winを築く意識や発想”が必要な内容となっており、一般的なチーム内で完結できるビジネスゲーム研修とは異なります。

Reason4

お互いの長所が分かる・認め合う

ビジネスは人間同士の付き合いであることから、相手の嫌な一面を見ることもあります。しかし、それを上回る相手の長所への理解があれば、チームは機能します。
ビジネスゲーム研修「The商社」では、ゲームを進めるために「リーダーシップ」「交渉」「戦略眼」など多くの能力を発揮する必要があるため、参加者それぞれの「長所を承認しあう」ことがチームビルディングにおいて必要であることが、ゲームを通じて理解されます。

Reason5

ビジネスに活かせる知識を獲得

ビジネスゲーム研修は実際のビジネスをモデル化したものであるため、研修で得た気づきはそのままビジネスの場に応用できるノウハウとなります。
この学びで重要なのは、ゲーム終了後の振り返りワークになります。この振り返りでの問いかけを工夫することで得られる気づきを多様にしたり、深めたりすることができます。
参加者に気づいてほしい内容はクライアントさま毎に異なるので、振り返りワークの内容も研修ごとに調整してあります。

Reason6

リーダーシップの養成

ビジネスゲーム研修はチームを組んでゲームに臨むため、個人の能力の高さより、チームの団結力が勝敗を決定づけます。
そのため、研修を通じてリーダーシップを取れる人を見つけることができ、さらにそのリーダーシップを学び取ることができます。
振り返りワークではコーチング形式の問いかけを通じて、「良いリーダーシップとは何か」を全員が学び取れます。そこで、優れたリーダーとは、決して独断専行ではなくメンバーを一人一人尊重し、彼らに共通のビジョンを示せる能力を持つ人であることが体感として理解されます。

その他以下の様な特長があります。

1時間での実施が可能

ゲーム時間は60分。目的に応じて、30~120分の振り返りを行うことで、更に学びは深まります。

30~150人の大人数にも対応可能

1グループ1~6人、5~8グループ(=5~48人)での実施が可能です。
ファシリテーターを増やすことで、30~150人の大人数でも柔軟に対応します。

社内講師を育成することが可能

4時間のファシリテーター研修を受けることで、どなたでもThe商社を活用した研修を講師として行うことが可能です。
人事部が中心となって繰り返し社員教育にご活用頂くことで、社内に「人を育てる」文化が定着いたします。

The 商社 研修の流れFLOW

現実のビジネスに沿ったリアルなゲーム研修が体感できます。

「The 商社」は計画、行動、決算という3つのプロセスを第1四半期として、第4四半期までの最終利益を競い合うビジネスゲームです。
ルールがシンプルなため、誰でも分かりやすく研修に参加することが出来ます。

ルール説明

The 商社のルール説明

ビジネスゲームのルールと、本研修を通して気付きを得てもらいたい「強い組織とビジョン」について認識していただきます。

実践

四半期ごとに計画・行動、決算を繰り返し、
最終利益を競います。

■計画

チーム内で与えられたカードを元に、ビジネスの設立に必要なカードや、チームとしての方向性を話し合います。

■行動

自分たちのビジネスを設立するために必要なカードを他チームと交渉して獲得します。
実際のビジネス同様、相手チームのメリット(Win-Winの構築)を考えながら交渉していきます。

■四半期決算

現在持っている現金と、固定資産の合計額を計算します。
他チームの状況もこの決算時に分かります。

振返り

自分と仲間の長所を発見

ゲームに参加し、自分自身の行動の振返り、順位に影響したのはどの行動だったのか、など振り返り 自分と仲間の長所を発見します。

2回目

振返りを通してより深い研修に(6時間コースのみ)

振返りを得てからもう一度プレイすることで、成長した自分たちに気付くことができます。
今までより明確かつ具体的に問題を解決することができます。

The 商社シリーズSERIES

目的別に特化した研修を揃えています。

ビジネスゲーム研修「The 商社」は以下3つの活用が可能です。貴社の課題に合わせて是非ご活用ください。
※内定者研修、「The 商社」をベースにしたオリジナル研修も実施しています。
 まずはお気軽にお問い合わせください。その他英語版はこちら

The 商社 提供形態OFFER

貴社の体制に合わせてご活用いただけます。

「The 商社」は全部で2つの提供形態があります。貴社の体制に合わせて「The 商社」をご利用いただけます。

研修講師派遣

講師を派遣し、ビジネスゲーム「The 商社」での研修を行います。
ゲーム参加と振り返りを通じて、参加者をビジネスパーソンとして大きく成長させ、組織の団結を強めます。

人数10〜100名
(170 名以上での研修実績もございます)
時間2時間~6時間
活用シーン中小企業様の全社員参加でのご利用。
大企業様の部署内、複数部署間で実施。
商工会や経営勉強会、サークルでの導入。
金額20万円~(税抜)

カードセット購入

ビジネスゲーム「The 商社」のカードセットを購入してご活用して頂くコースです。
開催される研修で自由にご利用できます。ルールの変更や、カードの追加、削除なども任意で行っていただけます。
ご購入後の料金は一切発生しません。
また、研修やルール改変などでアドバイスをお求めの際には、株式会社プロジェクトデザインが無料でご相談を承ります。

時間人事部として社内研修を実施される方
金額80万円(税抜)

製作者の想い~「The 商社」開発秘話~STORY

株式会社プロジェクトデザイン
代表取締役社長 福井 信英

大手企業だけではなく、全国の中小企業に貢献したい

The 商社は株式会社プロジェクトデザインが提供する研修教材の記念すべき1作目として、2010年創業と同時にリリースを始めたツールです。ビジネスゲーム「The 商社」を開発する以前は、企業からの依頼を受けて、個別に各社の事情に合わせたビジネスゲーム研修を作って納めると いう仕事をしていました。ですが、いつしか『これまでの経験をひとつのパッケージにまとめ、気軽に購入・体験できる研修教材を開発したい』 そういう思いが募るようになり、「The 商社」の開発に取り組むようになりました。

開発にあたり、特に意識した点は『「ビジネスゲーム」という形は手段であって、目的ではない』ということです。ゲームという形を意識し過ぎると、リアリティが失われます。「相手の立場を考えたり、ストレスがかかる中、何かを成し遂げる」という要素が欠落しているものが多いのです。

ビジネスは知恵を振り絞って企画を立てる場であると同時に、人と人との繋がりやコミュニケーションで成り立つものでもあります。そういった、ビジョンを描きチームをまとめる力や、win-win を考えながら取引をまとめる力などをひとつの研修教材で学べるように苦心いたしました。

プロトタイプを作成してからテストを重ね、現在では全国に 20 名を超えるファシリテーターの方々に協力頂き、20,000 人以上の方に体験頂くまでになりました。現在も毎月1回ニュースレターという形で商品の更新情報や活用事例を届け、商品の強化をはかっています。

是非、弊社のホームページを訪れた皆さんにもビジネスゲーム研修「The 商社」を体験頂き、ご自身のビジネスや人材育成に活かして頂ければと思います。

お問い合わせ・資料請求

PAGETOP

お問い合わせ・ご相談はこちら