「報連相」の徹底理解と
「組織開発」に使える
Talknote Game

ビジネスゲーム
「Talknote Game」
が解決するニーズ
NEEDS

Needs1組織開発を進めたい

Talknote Gameは参加者が5~12人でチームを組み、5つの階層・部門に分かれて1つの会社を経営していくゲームです。それぞれの階層・部門でゴールが異なる中において、どのように合意形成を図り、会社を経営していくのか。情報の非対称性がある組織で起こる組織課題について考えることで「組織課題はなぜ起きてしまうのか」「どうすれば解決できるのか」などの組織開発のヒントを参加者の一人一人が学ぶことができます。

Needs2報連相の大切さを伝えたい

Talknote Gameの参加者はゲーム体験を通じて、報・連・相(や命・解・援)の必要性や重要性を学ぶことができます。初めて部下を持つことになる新任管理職や上司とのコミュニケーションに不慣れな新入社員・若手社員に対する社員研修(主にコミュニケーション研修)の場で報連相の大切さを伝えることが可能です。

Needs3研修の学習内容の定着度を高めたい

ビジネスゲーム研修は受動的な座学型の研修ではありません。『ゲーム』というテクノロジーを活用した主体的な体験学習型の研修です。受講者はゲームを通じて思考し、行動することにより、学習内容がしっかりと定着していることを実感することができます。また、プロジェクトデザインのビジネスゲーム研修では、ゲームから深い学びを得ていただくために、ゲーム実施後は振り返りのワークショップを行います。

Talknote Gameが生まれた背景BACKGROUND

経営とマネジメントと現場。

 

部署や役職などの立場の違いはあれども、皆、同じ組織の仲間であり、互いに手を取り合って協力し合う関係性が理想とされています。しかし、現実はなかなか上手くいきません。部署間や階層間の対立により、組織は慢性的なコミュニケーション不全の状態にあります。

 

この組織コミュニケーションを改善するための手法に一つに「組織開発」があり、 組織開発を進めたいと考える企業を支援させていただくことを意識して作られたビジネスゲームがTalknote Gameです。

 

コミュニケーションによって組織を強くしていくためのサービスを開発・提供する、Talknote株式会社(エンゲージメントクラウド「Talknote」の運営会社)の監修の元に生まれたTalknote Gameでは、初めて部下を持つことになる新任管理職の社員、上司とのコミュニケーションに不慣れな新入社員・若手社員などを対象に、報・連・相(や命・解・援)などの組織活性化に必要なコミュニケーションの必要性や、ビジョンや理念を理解することの重要性など、組織開発のヒントを学ぶ場をご提供します。

Talknote GameとはABOUT

Talknote Gameは、ITベンチャー企業内のいくつかのレイヤーに分かれて組織運営を行う中で、組織内の階層間や部署間で起こっている情報の非対称性とコミュニケーションによる課題解決の可能性に気づいていただくとともに、組織開発の難しさと魅力を体感を通じて学んでいただくビジネスゲームです。

Talknote Gameの特長FEATURE

1学びを深めるための工夫

Talknote Gameでは、配布された行動カードの中から、そのターンに使用するカードを1枚選び、実行します。実行したカードによって会社の様々なパラメーターが変化していき、売上や利益、コストに影響を及ぼします。

また、各階層・部門間は直接コミュニケーションを取ることはできないように作られています。ゲーム中は、配布された付箋を使った文章でのコミュニケーションを取る必要があります。

コミュニケーションに制約がある中で、各階層・部門ごとに行動し、個人の実現したいゴールの達成を目指します。

Talknote Game 提供形態OFFER

研修講師派遣

講師を派遣し、ビジネスゲーム「Talknote Game」での研修を行います。ゲーム参加と振り返りを通じて、参加者をビジネスパーソンとして大きく成長させ、組織の団結を強めます。

人数5〜36名
時間2.5時間~4時間
活用シーン・初めて部下を持つことになる新任管理職や上司とのコミュニケーションに不慣れな新入社員・若手社員に対する社員研修(主にコミュニケーション研修として)
金額20万円~(税抜)

コンテンツ年間利用プラン
- サブスクリプションモデル

40000名以上の方にご利用いただき、今なお、利用者を伸ばし続けている「The商社」をはじめ、弊社が自信を持って実施しているコンテンツを何度でもご利用頂けます。

 

これから拡充するコンテンツも順次ラインナップに追加予定です。

導入実績RESULTS

Talknote Gameを始めとする弊社ビジネスゲーム研修は
大企業から中小企業まで300社以上の実績があります。

製造業

  • トヨタ自動車株式会社
  • 株式会社日立製作所
  • オムロン株式会社
  • 株式会社島津製作所

情報通信業

  • ヤフー株式会社
  • ソフトバンク株式会社
  • デル株式会社
  • MXモバイリング株式会社

金融・保険業

  • ジブラルタ生命保険株式会社
  • オリックス銀行株式会社
  • 株式会社みずほフィナンシャルグループ

サービス業

  • 監査法人トーマツ
  • グロービス株式会社
  • 株式会社リクルートキャリア
  • ランサーズ株式会社

よくあるご質問FAQ

  • プロジェクトデザインの手がけるビジネスゲームにはどんな特徴がありますか?

    • 「ビジネスゲーム」という形は手段であり目的ではありません。ゲームという形を意識し過ぎるとリアリティが失われます。「相手の立場を考えたり、ストレスがかかる中で何かを成し遂げる」という要素が欠落してしまいます。ビジネスは、知恵を振り絞って企画を立てる場であると同時に、人と人との繋がりやコミュニケーションで成り立つものでもあります。そういった、ビジョンを描きチームをまとめる力や、win-win を考えながら取引をまとめる力などの「ビジネスに必要となる様々な力」を研修教材で学べるようにビジネスゲーム研修を開発している点がプロジェクトデザインのこだわりであり、特徴になります。
  • 研修実施までにどのぐらいの時間がかかりますか?

    • 研修の目的や内容、実施規模等により、研修実施までにかかる時間は異なります。お問い合わせ頂けましたら、弊社担当者よりお電話・メールにてご連絡差し上げます。
  • 見積りをしてもらうことはできますか?

    • お見積りは、弊社担当者よりご案内させていただきますので、ご遠慮なくお問い合わせください。
PAGETOP

お問い合わせ・ご相談はこちら