ホーム > イベント > その他のイベント > 【2月15日15時】ビジネスゲームファシリテーション探究講座 〜フォローアップ編〜

【2月15日15時】ビジネスゲームファシリテーション探究講座 〜フォローアップ編〜

本講座は、パターンカード「ゲーム型ワークショップ実践パターン ~ポケットから取り出す30のことば~」を用いたワークショップを通じて、ビジネスゲームの運営ノウハウ・テクニックを学ぶ講座です。

パターンカード「ゲーム型ワークショップ実践パターン ~ポケットから取り出す30のことば~ 」を用いたワークショップについて

弊社、株式会社プロジェクトデザインに在籍するプロフェッショナルビジネスゲームファシリテーター達の『ビジネスゲーム運営にあたっての立ち位置や進行方法、必要な準備・心構え』に関する暗黙知を言語化・体系化したパターン・ランゲージ(※)。

それがパターンカード「ゲーム型ワークショップ実践パターン ~ポケットから取り出す30のことば~ 」です。

このカードをヒントに参加者同士が対話することで、それぞれのファシリテーターの個別具体的なノウハウやテクニック学ぶことができる講座となっています。

※パターン・ランゲージとは、1970年代に建築家のクリストファー・アレグサンダーが住民参加のまちづくりのために提唱した知の記述方法です。うまくいった経験則(=パターン)を可視化された言語(=ランゲージ)にすることで、その言葉を活用し、認識・思考・コミュニケーションを促進します。

ワークショップの流れ

1. パターンカードを用いたワークショップ
作成されたカードをオンライン上で確認し、問いかけに沿ったワークを実施していただきます。(カードは、開催3日前ほどに、一部案内させていただきます、当日にならないと確認できないものもありますのでご期待を)

2. ふりかえりダイアログ
パターンカードを用いたワークの感想や、今後の使いどころをディスカッションしていきます。1回だけの利用ではなく、身近に置いて使い続けていただくことが可能です。

※講座参加者には、ある一定の制約のもと対象となるカードデータを閲覧していただくことが出来ます。自由にワークショップも開催いただけます(今後、印刷されたカードの販売を計画しております)。

得られる効果(1)プロファシリテーターのノウハウを知ることができる

ゲーム型ワークショップを運営するプロファシリテーターのノウハウを知ることができます。

みなさんは、ゲーム体験型ワークショップの運営経験をどのくらいお持ちでしょうか? また、実際の場づくりでどのようなことに注意をしていきたいと考えられていますか?

このカードは、当プロジェクトデザインに所属するプロファシリテーターの面々にヒアリングしたノウハウから生み出されています。ファシリテーターによって様々なファシリテーションスタイルがあるのですが、本質的にはいくつかの共通した「大切にする心得」が存在しています。

今回、その「大切にする心得」を明文化したのが、このカードとも言えます。

得られる効果(2)新たな共通言語を通じたコミュニケーションができる​

このカードを共有することで、記載されている状況をファシリテーターそれぞれの視点で観察し、捉えた内容を基に話し合いをすることができます。

価値観の違いを確認することで、ファシリテーションにも幅が生まれていきます。

得られる効果(3)日常の取り組みを、評価する指標になる

ワークショップの度に、これから取り組んでいきたいことのカードを決め、その日の自分にとっての目標として設定することができます。

そうすることで、何度も登壇を重ねたときに、自分自身の成長の過程として、確認していくことができます。積み重ねた実践が、場づくりの力になっていきます。

参加者の声

“運営上のポイントをまとめたパターンカードは、今後のゲーム研修で大いに活用できると思います。自身の運営方法の振り返りにもつながりました。参加してよかったと思います”

“日々ファシリテーターがどの様な事に気を遣い、改善しているかを知れて実践的です。皆さんが既に取り組んでいることだけではなく、その背景を知ることができた。今後も皆さんがどのようにビジネスゲームを活用されているか、定期的に情報交換をしていきたいです”

“対話を通じて自身がファシリテーターを行う上で足りない部分、少し意識しないといけないところがある部分に気づかされた”

“パターンランゲージからの対話で他者(他社)の方々の経験を聞くことができ、且つその経験からも学びがあったので良かったです”

開催詳細

開催日時
2022年2月15日(火)15:00-17:30

開催形式
オンライン開催(Zoomを使用)

※Zoomのダウンロードはこちら
※当日の参加用URLは申込後にお送りします

環境
PCからの参加を推奨(ZoomでサポートされているOSとブラウザ、必要な帯域幅(回線速度)はこちらからご確認ください)

お持ち物
WEBカメラ、マイク、イヤホン

参加費
3,000円(税込)

定員
15名

申込締切
各回開催日5日前まで

お申込み
こちらのフォームよりお願いします

ビジネスゲームファシリテーション探究講座とは

「我流のファシリテーションに⾃信が持てない」
「ファシリテータースキルを向上させる機会がない」
「ファシリテーター同⼠が研鑽する場が欲しい」

研修の場に関るファシリテーターの⽅々から、このような話をお聞きすることが度々あります。これは経験豊富の⽅からもお聞きする話であり、ファシリテーターの活動を続けてきた私⾃⾝の経験からも「確かにそうだな」と共感します。

また、共感するに留まらず、「⼀⼈の当事者として何とかしたい」とも思います。そんな背景から⽣まれた講座がビジネスゲームファシリテーション探究講座です(弊社のビジネスゲーム研修コンテンツを活⽤いただいている⽅向けの講座になります)。

弊社のビジネスゲーム研修コンテンツは “⾃動⾞” のようなものです。

⾃動⾞を運転するだけであれば最低限の知識と技術があれば⼗分ですが、⾃動⾞の運転性能のポテンシャルを引き出すには⾼度なドライビングテクニックが要求されます。

この⾃動⾞と同じく、ビジネスゲーム研修の場でファシリテーションをするには、養成講座を受講し、実際に数回の実践を経ることで⼀定のレベルに到達することができます。

ただ、そこから先の世界を⽬指す場合、つまり、受講者に対してより良い研修価値を提供することを追求していくのであれば、ビジネスゲームのポテンシャルを引き出すためのファシリテーションスキルを磨く必要があります。

冒頭でご紹介させていただいた、

「我流のファシリテーションに⾃信が持てない」
「ファシリテータースキルを向上させる機会がない」
「ファシリテーター同⼠が研鑽する場が欲しい」

これらの話をされる⽅々に共通するのは「ビジネスゲームのポテンシャルをもっと引き出せるようにファシリテーションスキルを磨きたい意思」ではないかと思います。

ビジネスゲームファシリテーション探究講座は、こういった思いのある⽅々に対して、講座に参加する価値をきちんと提供できるようにプログラム設計しました。

茶道や武道、スポーツや仕事における成⻑段階を⽰す「守破離」を⽣み出すことを⽬指し、ビジネスゲームファシリテーション探究講座のコースを構成しています。

  • 守︓場づくりを始める基本的な考え⽅の習得を⽬的としたフォローアップ編
  • 破︓ファシリテーター⾃⾝の場への関わり⽅を探求する⽬的のやり⽅とあり⽅編
  • 離︓こちらのコースの登場はもう少しお待ちください。

単⼀のコースでも⼗分に学びの効果を得られるように設計してあります。それぞれのコースは開催時期を分けて個別に告知してまいりますので、都度、ご検討をいただければと思います。

株式会社プロジェクトデザイン
研修部 ⻲井

ビジネスゲーム体験会

ビジネスゲームは体験型の研修ツールです。お客様自身が参加者としてビジネスゲームを体験いただくことで、その本質的な価値を理解することができます。是非、ビジネスゲーム体験会にお越しください。

Contact Us

サービスの見積り依頼や相談は
お気軽にお問い合わせください。

会社案内や各種サービス資料は
資料請求をご活用ください。