【 5月31日13時30分】ビジネスゲーム「The 商社 Online」体験会

ビジネスゲームは体験型の研修ツールです。

お客様自身が参加者としてビジネスゲームを体験いただくことで、その本質的な価値を理解することができます。是非、ビジネスゲーム体験会にお越しください。

「The 商社 Online」とは

「The 商社」は参加者が1つの会社のメンバーとして3~6人のチームを組み、 他のチームと様々な交渉を行いながら、自分たちの会社の事業を立ち上げて会社を大きくしていくビジネスゲームです。

ゲームは計画→行動→決算という3つのプロセスを1ターンとしてカウントし、合計4ターン実施します。参加者に問われる能力が各ターン毎に変化する中、参加者は自身の強みや弱み(伸ばしていくべき能力)に気付くことができます。

1ターン目、ゲーム開始早々に経営資源を表すカード(資源カード・ビジネスカード・お金)が配られます。

それらのカードを目の前にした参加者は自分たちが持っているカードにどれだけの価値があるか分からない状況やどのように事業を立ち上げていくべきか分からない状況に戸惑います。

この時に必要になるものがチームとしてのビジョンです。ビジョンを基にチームの進む方向性を定めて役割分担するチームで動く力と、答えのない中でも考え抜いてヒントを得ようとする考え抜く力が必要とされます。

2ターン目は必要なカードを集めながら事業を立ち上げて会社を拡大していくことが求められます。

しかし、自分たちが欲しいカードは他のチームが持っているケースが多いため、他のチームから必要なカードを買ったり交換したりする必要があります。さて、どうすれば効果的に交渉をまとめることができるのでしょうか?

ここで必要になってくるのがコミュニケーション能力です。他のチームとWin-Winな関係性を築くために相手の立場に立った提案をしていく、あるいは、相手のニーズを引き出す、共創的コミュニケーションが問われます。

3ターン目、参加者はコミュニケーションを通じて事業を立ち上げ、会社を拡大していくことに面白さを感じ始めます。

しかし、事業を持続的に発展させることはできても、それだけでは2倍3倍の飛躍的な成長を望むには足りません。そこで、今までやってきたビジネスのやり方を一旦横に置き、どうすれば事業を2倍3倍にできるのかということを考えることが大事になってきます。

足し算のビジネスから掛け算のビジネスへと事業を飛躍的に発展させる。あるいは、ゼロベースで物事を考える。そんな戦略的思考が必要になります。

最終ターンとなる4ターン目では、市場(ゲーム内)の経営資源が枯渇していきます。

各チームは自社の経営資源が不足する中において、いかにクリエイティブに新たな事業を作り上げるのか? 創造性の発揮が求められます(「The 商社」では取引のやり方一つ、アイデア一つで、今まで考えてみなかったような事業を生み出すことができます)。

以上が、ビジネスゲーム「The 商社」の概要となります。

これまでにご説明させていただいた通り、この「The 商社」で問われる能力や学びの内容は多岐に渡ります。

事実、ビジネスゲーム「The 商社」はプロジェクトデザインのビジネスゲームラインナップの中でも最も汎用性の高い研修ツールとして、様々な研修用途に活用いただいております。

  • タニタ様:「The 商社」×営業力・組織力強化研修(URL
  • 第一実業様:「The 商社」×内定者研修(URL
  • ロフト労働組合様:「The 商社」×チームビルディング研修(URL
  • JSOL様:「The商社」×新入社員向けのチームビルディング研修(URL
  • 三井不動産リアルティ様:「The 商社」×次世代リーダー研修(URL
  • LIFULL様:「The 商社」×営業部キックオフ研修(URL

実際に、貴社のどのような研修に活用できるのかを試す意味でも、是非、 ビジネスゲーム体験会にお越しください。

ファシリテーター紹介

亀井  直人(かめい  なおと)
株式会社プロジェクトデザイン 研修部マネージャー

鳥取県立鳥取東高等学校卒業、福岡工業大学情報工学部情報通信工学科卒業。SE(インフラエンジニア)として長く経験を積む。プロジェクト遂行におけるチームのパフォーマンスを引き出すためにファシリテーション技術の習得・実践を続ける。特定非営利活動法人日本ファシリテーション協会では役員(2016年~2021年理事、2019年~2021年副会長)を務める。富士ゼロックス福岡在籍中にSDGsとビジネスゲーム”2030SDGs”に出会う。ビジネスゲームが持つ力の素晴らしさに触れ、2020年に研修部マネージャーとしてプロジェクトデザインに合流する。博多駅前”fabbit hakata ekimae”に福岡オフィスを構え、関わり合う方々との対話を楽しみにしている。鳥取県鳥取市出身。蟹と麦チョコが大好き。

開催概要

開催日時
2022年5月31日(火)13:30~16:30

プログラム

  • ビジネスゲーム体験
  • 質疑応答

※当日はゲーム体験からスタートいたします。事前の接続確認は必ず実施頂けますようお願いいたします。また、開始時間に遅れた場合、ご参加頂けないことがございますこと予めご了承ください。なお、終了後、別途質問等にお答えさせていただきます。

開催形式
オンライン開催(Zoomを使用) ※当日の参加用URLは申込後にお送りします

  • 当日使用するWeb会議ツール「Zoom」はこちらから事前にダウンロードをお願いします
  • 本ゲームはインターネットブラウザを利用しますが、企業様のVPN環境やセキュリティの設定によってはシステムに接続できない場合があります。ゲームシステムに接続できるか、接続テスト用URL(こちら)から事前確認をお願いします。

~接続テストに関するお願い~

  • InternetExplorerからは接続いただけません
  • 体験会当日と同環境(PC環境とインターネット環境)にてご参加ください
  • 接続不可の場合はお申込みフォームにてお知らせください

ご準備いただきたい環境とお持ち物

  1. PCからの参加を推奨します(スマートフォンの使用は非推奨です)
  2. ブラウザは、OSがWindowsの場合は「Edge、Chrome、FireFox」、OSがMacの場合は「Safari、Chrome」の中から最新バージョンの準備をお願いします
  3. WEBカメラ・マイク・イヤホンのご準備をお願いします

参加費
無料

定員
24名

お申込み締切日
5月30日(月)9:00

お申込み
下記のフォームより申込みをお願いします。

関連情報

Contact Us

問い合わせ

お問い合わせ

お見積り依頼の他、ちょっと知りたい・聞いてみたいことへの相談にも対応させていただいております。是非、お気軽にお問い合わせください。

<相談内容の例>

  • 数あるビジネスゲームの中から自社に合うビジネスゲームが何かを知りたい
  • 自社が抱える組織課題に対してビジネスゲームでどんなことが出来るのかについて情報交換したい
  • ビジネスゲームの共同開発について興味があるので少し詳しい情報を提供してもらいたい
資料請求

私たちプロジェクトデザインの会社案内やビジネスゲームのサービス紹介資料をダウンロード可能です。興味のある資料をお気軽にご利用ください。

<ダウンロード資料の種類>

  • 会社案内資料(収録内容:ビジネスゲームとは/プロジェクトデザインの強み/ビジネスゲーム一覧/私たちがお応えできるニーズ等)
  • サービス紹介資料(収録内容:ゲーム概要/コンセプト/学習効果/活用例/料金プラン等)