ホーム > イベント > 【1月26日14時】リーダー層に必要な長期最適・全体最適の視点の重要性を体感できる、ビジネスゲーム「ビールゲーム Online」体験会

【1月26日14時】リーダー層に必要な長期最適・全体最適の視点の重要性を体感できる、ビジネスゲーム「ビールゲーム Online」体験会

ビジネスゲームは体験型の研修ツールです。

お客様自身が参加者としてビジネスゲームを体験いただくことで、その本質的な価値を理解することができます。是非、ビジネスゲーム体験会にお越しください。

「ビールゲーム Online」とは

「ビールゲーム」は1960年代にMIT(マサチューセッツ工科大学)に導入されて以来、オープンソースとして提供され、世界中で使われています。

この「ビールゲーム」をチェンジ・エージェント社の監修のもとにオンライン体験できるようにしたものが「ビールゲーム Online」です。

この「ビールゲーム Online」では参加者がビールのサプライチェーンの4つの工程(工場、一次卸、二次卸、小売店)に分かれて4~8人でチームを組みます。

消費者から小売店、小売店から二次卸、二次卸から一次卸、一次卸から工場へと週単位でビールを発注する中で、各工程の在庫や受注残を減らし、サプライチェーン全体のコスト最適化を実現したチームの勝利となります。

「ビールゲーム Online」の最大の特徴はプレイヤーに委ねられる意思決定が『今週どれだけの発注をするか』の1点であることです。様々な要素を削ぎ落とした単純なゲームの中に、現代のリーダー層に必要な全体最適と長期最適の2つの視点の学びが隠されています。

リーダーが自部門の成果を上げるために全力を尽くすことは当たり前ですが、それが時と場合によっては他部門に負担を強いてしまい、組織全体の効率が落ちることがあります。自分たちの部門という部分最適に固執するあまりに会社全体が見えなくなってしまう。

そうならないためには全体最適の視点が必要です。

また、リーダーには常に目標達成のプレッシャーがその肩に重くのしかかっています。今期の業績・KPI達成のために無理をするあまりに業務改善(未来の自分たちを楽にするための仕事)をおろそかにしてしまう。あるいは、顧客満足度をないがしろにしてしまった結果、知らず知らずのうちに年々目標達成が難しい状況に追い込まれてしまう。

こういった状況を防ぐ上では長期最適の視点が重要になります。

「ビールゲーム Online」では、自分の工程で『今週どれだけの発注をするか』というシンプルな意思決定が他の工程やサプライチェーン全体に対して短期的・長期的にどんな影響を与えるのかについての体感的な理解を促します。その上で、意思決定の根拠になっている自身のメンタルモデル(自身の行動の前提となる価値観や考え方)は何なのかを考える機会をご提供します。

また、この全体最適と長期最適の2つの視点はシステム思考(複雑に絡み合う組織課題を解決する手法)で重要とされる視点です。「ビールゲーム Online」でも、ゲーム体験後の振り返り学習の中でシステム思考という実践的な手法を学ぶことが可能です。

システム思考は早い時期から学んだ方が良いと言われますが、その効果を発揮できるのは『自分の部門のことだけを考えるのではなく、他部門との協力体制を考える必要が生じる時期』であることを考えると、管理職手前のリーダー層や新任管理職層にこそ、お勧めです。

ビジネスゲーム体験会の場でお会いできることを楽しみにしています。

ファシリテーター紹介

株式会社プロジェクトデザイン 代表取締役 福井 信英

福井 信英(ふくい のぶひで)
株式会社プロジェクトデザイン 代表取締役

富山県立富山中部高等学校卒業、私立慶應義塾大学商学部卒業。 コンサルティング会社勤務、ベンチャー企業での営業部長経験を経て富山にUターン。2010年、世界が抱える多くの社会課題を解決するために、プロジェクト(事業)をデザインし自ら実行する人を増やす。というビジョンのもと、株式会社プロジェクトデザインを設立。現在は、ビジネスゲームの制作・提供を通じ、人材育成・組織開発・社会課題解決に取り組む。開発したビジネスゲームは国内外の企業・公的機関に広く利用され、英語版、中国語版、ベトナム語版等多国語に翻訳されている。課題先進国日本の社会課題解決の実践者として、地方から世界に売れるコンテンツを産み出し、広めることを目指す。 1977年生まれ。家では3人の娘のパパ。

株式会社プロジェクトデザイン 研修部マネージャー 亀井  直人

亀井  直人(かめい  なおと)
株式会社プロジェクトデザイン 研修部マネージャー

大学では情報通信工学を専攻。卒業後は店舗運営や企業内EUC推進に携わる。30歳からSE職にシフトし、インフラエンジニアとしてシステム導入を15年経験。2016年にSDGsと出会い、「2030SDGs」の第1期公認ファシリテーターとしての活動を開始。以来、年間50本程度のワークショップ登壇を続けてきたが、2020年8月末にそれまで所属していた富士ゼロックス福岡株式会社を退職。現在は株式会社プロジェクトデザインの研修部マネージャーとして、研修プログラム開発及び登壇と、ファシリテーターの成長支援活動を担当している。

開催概要

開催日時
2022年1月26日(水)14:00~17:00

プログラム

  • ビジネスゲーム体験
  • ビジネスゲームの研修活用事例のご紹介
  • 質疑応答

開催形式
オンライン開催(Zoomを使用) ※当日の参加用URLは申込後にお送りします

  • 当日使用するWeb会議ツール「Zoom」はこちらから事前にダウンロードをお願いします
  • 本ゲームはインターネットブラウザを利用しますが、企業様のVPN環境やセキュリティの設定によってはシステムに接続できない場合があります。ゲームシステムに接続できるか、接続テスト用URL(こちら)から事前確認をお願いします。

~接続テストに関するお願い~

  • InternetExplorerからは接続いただけません
  • 体験会当日と同環境(PC環境とインターネット環境)にてご参加ください
  • 接続不可の場合はお申込みフォームにてお知らせください

ご準備いただきたい環境とお持ち物

  1. PCからの参加を推奨します(スマートフォンの使用は非推奨です)
  2. ブラウザは、OSがWindowsの場合は「Edge、Chrome、FireFox」、OSがMacの場合は「Safari、Chrome」の中から最新バージョンの準備をお願いします
  3. WEBカメラ・マイク・イヤホンのご準備をお願いします

参加費
無料

定員
24名

お申込み
下記のフォームより申込みをお願いします。

ビジネスゲーム体験会

ビジネスゲームは体験型の研修ツールです。お客様自身が参加者としてビジネスゲームを体験いただくことで、その本質的な価値を理解することができます。是非、ビジネスゲーム体験会にお越しください。

Contact Us

サービスの見積り依頼や相談は
お気軽にお問い合わせください。

会社案内や各種サービス資料は
資料請求をご活用ください。