ブログBLOG

【7月27日オンライン開催】「ビジネスゲームを活用した研修内製化」の特徴が分かる、3つのビジネスゲーム体験会


社内研修の全工程(研修の企画、研修教材の作成、研修の実施)を自分たちで行う、研修内製化。

一般的な研修外注と比べて、

・研修コストを抑えることができる

・自社に最適化した研修(自社業務に直結する研修)を実現できる

・社員育成ノウハウを蓄積できる

等のメリットや合理性が支持される形で多くの企業で実践されていますが、研修内製化によって目指すゴールに到達することは容易ではありません。

いざ、研修内製化を進めていくと…

「実際にどんな内容の研修にすれば良いのかを考えるのが難しい(研修プログラムの企画ノウハウが不足している)」。

「元々はコストメリットを感じて研修内製化を進めていたが、研修を外注していた頃よりも研修コストが高くなってしまっている」。

「社内講師の育成が難しい(社員には通常業務と兼任する形で社内講師を担当してもらう必要があるため、講師育成の時間確保が困難である)」。

等の問題にぶつかります。

そこで、私たちプロジェクトデザインでは、これらの問題解決の手段として「ビジネスゲームを活用した研修内製化」をご提案します。実際のビジネスゲームを体験会いただきながら、貴社の研修内製化への活用可能性を検討いただけますと幸いです(無料体験会となりますため、是非お気軽にご参加ください)。

ビジネスゲームとは

ビジネスゲームとは、ビジネスを題材にしたシミュレーションゲームです。

シミュレーションは模擬実験、または、模擬訓練と訳されます。日本にシミュレーションの概念を持ち込んだのは「坂の上の雲」で有名な日露戦争の海軍参謀 秋山 真之(あきやま さねゆき)です。秀才揃いではあるが、経験に欠ける士官候補生たちに模擬海戦を行わせることで、知識を現実に応用する力を磨かせました。

プロジェクトデザインのビジネスゲームは、現実の経済活動・ビジネスを、誰でもどんな業務にでも挑戦できるように『モデル化』しています。ビジネススキルや思考の成長を促すロールプレイング型の研修コンテンツとして活用いただけます。

ビジネスゲームの特徴

1. 参加者が自分自身で学べるデザイン

同じような経験・体験をしても成長する人としない人がいますが、その差は学習者が経験から学ぶサイクルを持っているかどうかだと言われています。

プロジェクトデザインのビジネスゲームはこのサイクルに沿って参加者が自分自身で学べるようにデザインされているので、より効果的な学びを提供可能です。

デービッド・コルブ「経験学習モデル」

2. 講義型の研修だけでは学びきれない、4つの学習スタイルを効果的にミックス​

人間には「講義」「議論・対話」「行動」「観察」の4つの学習スタイルがあり、人によって学びの効果が高い学習スタイルは異なります。

既存の研修スタイルである講義型の研修では「講義」中心であり、「議論・対話」 の時間を設けたとしても2つの学習スタイルしか満たすことができません。

一方、ビジネスゲームは4つの学習スタイルを効果的にミックスすることが可能であり、全ての人の学習効果の最大化に働きかけることができます。

3. 楽しさが主体性を生む

誰もがゲーム感覚で楽しく取り組むことができるビジネスゲームを活用した研修は、退屈でつまらないと揶揄される研修のネガティブイメージを払拭します。

「とにかく楽しい」。

この感情が研修受講者の主体性を生み出し、研修効果を大きく高めます。

オンラインビジネスゲーム「The 商社 Online」のプレイ中の様子

4. 様々な研修ニーズに対応可能

プロジェクトデザインのビジネスゲームは、ゲーム体験後の振り返り内容をカスタマイズすることで、管理職研修・新人研修・チームビルディング研修・リーダーシップ研修など、様々な研修ニーズへの対応が可能です。

ビジネスゲームを活用した研修内製化の特徴

1. ビジネスゲーム研修のノウハウを使える

いざ、研修内製化を進めようとした際に「実務に活きるノウハウを学べる新入社員研修を企画しよう」という具合に、研修テーマを考えること自体は難しくありません。難しいのは「実際にどんな内容の研修にすれば良いのか?」を検討することです。

どんな仕事にも「この仕事は、こういった手順で実施すると良い」というノウハウがあるように、研修の企画においてもノウハウがあり、それが不足していると自社独自の研修プログラムの企画に苦労します。

「ビジネスゲームを活用した研修内製化」では、私たちが10年以上の歳月の中で300社以上の企業・団体に提供してきたビジネスゲーム研修ノウハウを使用することができます。

2. コストパフォーマンスに優れる

私たちプロジェクトデザインは大きく3つの取り組みを進めています。

(1)ビジネスゲームメーカーとしての活動(年間10本以上のビジネスゲームを開発)

(2)ビジネスゲーム研修会社としての活動(企業・団体向けにビジネスゲーム研修を提供)

(3)ビジネスゲームの普及活動(ビジネスゲームの公認ファシリテーター制度を運用)

3番目の「ビジネスゲームの公認ファシリテーター制度」とは、企業・団体や個人を問わずに、ビジネスゲーム研修に興味のある方々が、ビジネスゲーム研修を自由に実施できるようになるための制度です。

「ビジネスゲームを活用した研修内製化」では、この公認ファシリテーター制度の利用を推奨しています。研修の社内講師となる方がビジネスゲームの公認ファシリテーターの資格を取得いただくことで、ビジネスゲームを社内研修プログラムに活用することが可能になります。

<価格について>

下記は、私たちが「The Engineers Online」を活用した研修を企業・団体様にて実施する場合の研修コストと、研修の社内講師となる方が公認ファシリテーターになっていただき「The Engineers Online」を活用した研修を社内実施した場合の研修コストとの比較した表になります。

価格表の例

上記のように、市販価格と比較した際に研修コストを抑えることができるコストパフォーマンスが「ビジネスゲームを活用した研修内製化」の大きな特徴です。

3. どなたでも研修講師になれる

「社内に研修講師の適任者がいない…でも、研修講師を一から育てるのは大変そう…」。

研修の内製化を進める上では講師育成がハードルになるケースがありますが、「ビジネスゲームを活用した研修内製化」が推奨する公認ファシリテーター制度の資格取得条件となる、公認ファシリテーター養成講座(1日間のプログラム)を受講することで、どなたでもビジネスゲームを活用した研修のファシリテーションができるようになります。

※研修講師となる方への負担が少ない点はビジネスゲームのメリットの一つです。ビジネスゲーム研修は「ゲーム体験」と「ゲーム体験後の振り返り」のパートに分かれ、いずれも定型のやり方があるため、短期間で研修講師を担えるレベルに到達することが可能です。

体験可能な3つのビジネスゲーム

(1)オンラインビジネスゲーム「The 商社 Online」

「The 商社 Online」は、参加者(プレイヤー)が3〜6⼈程のチームを組み、他のチームと様々な交渉を行いながら、ビジネスを設立していくことで自社を拡大していくビジネスゲームです。

「リーダーシップ」「クリエイティビティ」「チームワーク」 「自律」「Win-Winのコミュニケーション」等の仕事の原理原則が問われるゲーム設計になっており、あらゆる役職や立場のビジネスパーソンに対して学びと気づきを提供可能です。

<こんなニーズにお応えします>

・毎年実施する管理職研修(や階層別研修)の中で、改めて、しごとの原理原則の重要性を伝えたい

・新入社員(や新任のリーダー職)に対してビジネスの基礎の大切さを腹落ちさせたい

・内定者や新入社員などの特定層に対してチーム意識を醸成させたい(チームビルディング研修を実施したい)

(2)オンラインビジネスゲーム「The Engineers Online」

「The Engineers Online」の画面イメージ

「The Engineers」は、ものづくり企業や研究職などで重要視されるチャレンジ精神と論理的思考に重点を置いたビジネスゲームです。

限られた情報から製品開発のヒントを読み解き、仮説を構築して、その仮説を元に様々な技術を組み合わせて新製品を開発し、会社の資産を拡大していきます。

新卒採用におけるインターンシップコンテンツや技術職の新入社員研修にご活用いただけるビジネスゲームです。

(3)オンラインビジネスゲーム「The Shop Online」

「The Shop」は経営を通じて実現したいこと(ビジョン)を設定して経営の打ち手を選んで進めていく、店長やマネージャー向けの戦略理解・実践のためのビジネスゲームです。

ゲームの目標は、様々な経営の打ち手を実施して収益を増やし、資産トップを目指すこと。しかし、場当たり的な打ち手を実施したり、ビジョンに合わない打ち手を実施してしまうと店舗の収益は減少してしまいます。

ビジョンの実現のためにふさわしい戦略を選び、場合によってはコミュニケーションを通じて自ら打ち手を創り出すといったマネージャーに期待される役割を伝えることが可能です。

開催詳細

【開催日時】

2021年7月27日(火)13:00~17:00(受付開始12時30分)

【体験会の流れ】

・オンラインビジネスゲーム「The 商社 Online」の体験(※短縮版)

・オンラインビジネスゲーム「The Engineers Online」の体験(※短縮版)

・オンラインビジネスゲーム「The Shop Online」の体験(※短縮版)

・弊社コンテンツの活用事例紹介・質疑応答

 【開催形式】

オンライン開催(Web会議ツール「Zoom」と「Unity」を使ったWebアプリを使用)

※1 当日はWeb会議ツール「Zoom」を使用します。Zoomはこちらから事前にダウンロードをお願いいたします

※2 事前に「Zoom」および「Unity」への接続確認をお願いしています。ご協力の程よろしくお願いいたします

【オンライン開催に際してのお願い】

1. PCからの参加を推奨します(スマートフォンの使用は非推奨です)

2. ブラウザは、OSがWindowsの場合は「Edge、Chrome、FireFox」、OSがMacの場合は「Safari、Chrome」の中から最新バージョンの準備をお願いします。ZoomでサポートされているOSとブラウザ、必要な帯域幅(回線速度)はこちらからご確認ください

3. WEBカメラ、または、USBプラグインカメラ(PCにカメラが内蔵されている場合は不要)、音声機器マイク付きイヤホンをご準備ください

 【参加費】

無料

【定員】

24名

【お申込み】

以下の「体験会参加申込フォーム」より申し込みをお願いします


ビジネスゲーム体験会・関連情報

PAGETOP

お問い合わせ・ご相談はこちら

MENU