ブログBLOG

リモートワーク時代に生産性を向上させるための考え方とは(ビジネスゲーム開発日誌)


 

リモートワークは、COVID-19 の影響を大きく受ける形で急速に浸透しました。在宅勤務制度を拡充する動きは、トヨタ自動車、日立製作所、富士通、カルビー等、様々な企業に見ることができます。

 

リモートワークの浸透スピードには業界・業種による差はあれども、これから数年の間にはオフィスに出社して働くスタイルが少数派となり、リモートワークが当たり前の時代が到来することと思います。

 

ただ、今はリモートワークの過渡期であり、以下のような点で多くの企業が悩んでいる現状があります。

 

“感染対策としてリモートワークを推進したのは良いが、リモートワークで従業員の生産性をどのように高めれば良いのか”

 

そこで、私からは、従業員の生産性を高める方法の考え方を簡単にお伝えしたいと思います。

 

 

生産性向上の3つのレベル

生産性向上には『戦略レベル』『戦術レベル』『戦闘レベル』の3段階、3つのレベルがあると思っています。

 

『戦略レベル』の生産性向上は、経営陣、上級管理職の仕事です。商品やサービスの価格や提供形態を大きく変えていくこと(大きな方針転換)で生産性を向上させます。

 

<例>

・それまで売り切り型だった商品を定期購入に変える

・カスタマイズありきの商品の標準化を進める

・製品そのもので利益をあげるのではなくアフターサポートで利益を上げる

 

 

『戦術レベル』の生産性向上は、管理職の仕事です。

 

<例>

・管理ツールや営業ツールを変える

・プロダクトの開発方針を変える

・人材育成の方針や人事制度、チームの役割分担を変える

 

 

『戦闘レベル』の生産性向上は、個人レベルの仕事です。

 

<例>

・スケジューリングをしっかりする

・商談のクオリティをあげる

・集中できる環境で仕事をする

・コミュニケーションのクオリティを上げる

 

 

ちなみに、当社(プロジェクトデザイン社)が COVID-19 の影響を受けて実施した生産性向上は以下の通りです。

 

・戦略レベル:ビジネスゲームのオンライン化へのシフト

・戦術レベル:社内の会議体系の整理と頻度の見直し

・戦闘レベル:初訪から納品まで完全リモートで完了できるような商談・制作・納品プロセスの改善

 

 

さて、言わずもがなですが、通常は『戦略レベル』の生産性向上が最も効果が高く、戦術、戦闘レベルと続きます。

 

また、戦略や戦術レベルでの生産性向上施策の精度が高ければ、自然と『戦闘レベル』の生産性向上が実現されるとも感じています。

 

ただ、実際は『戦闘レベル』の生産性向上について議論されるに留まっていることが多く、『戦略レベル』や『戦術レベル』の議論がなされていないことはよくあります。

 

生産性向上を『戦闘レベル』に求めすぎることは、逆にメンバーの負荷を高め、内発的な動機を削いでしまう結果にも繋がりかねません。

 

そういう意味では『戦略レベル』での生産性向上を実現するビジネスゲームを開発し、多くの人に体験していただく必要があると、うっすらと感じています。

 

また、最近は個別に開発を依頼されるビジネスゲームのほとんどが、この『戦略レベル』での生産性向上を題材にしたものでもあるので、将来的にはどこかで、皆様にもお披露目したいと思います。

 

株式会社プロジェクトデザイン
代表取締役 福井信英

 

 

PD NewsLetter のご案内

私たちプロジェクトデザインでは『PD NewsLetter』というニュースレターにて、最新のイベント・セミナー情報やお役立ち情報のご案内をさせていただいております。

 

PD NewsLetter の配信(第2・第4水曜の月2回配信)を通じて皆様とのより良いパートナシップを築きたいと考えております。今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 

<PD NewsLetter の購読はこちら>

PD_NewsLetter_バナー画像

 


ビジネスゲーム体験会・関連情報

PAGETOP

お問い合わせ・ご相談はこちら