ブログBLOG

ゲーム型研修に積極的な参加を促す工夫(ファシリテーターのお悩み相談室)


 

ファシリテーターのお悩み相談室では、ファシリテーターの方々の様々な悩み相談に対して、プロジェクトデザイン社の “中の人” が悩み解決のヒントをお届けします。

 

 

ファシリテーターのお悩み相談室

<質問>

私はファシリテーター(研修講師)としてゲーム型研修に登壇する際に、消極的な参加者に対して、もっと積極的にゲームに参加してもらうためにはどうすれば良いのか悩んでいます。何か工夫できることがあれば知りたいです。

 

<回答その1>

こんにちは、竹田です。

 

僕がゲーム型研修のファシリテーターとし、参加者の方々に対して積極的な参加を促す際には、以下のようにお伝えしています。

 

“とにかくゲームに楽しんでください。汗を流して大きな声をあげて走り回って熱狂してみてください。そうすると、そこには皆さん自身の価値観や考え方(メンタルモデル)が自然に顕れます。

 

現実世界でも、皆さんはメンタルモデルを自覚的に、または無自覚に持って生きています。

 

ゲーム体験で表出したメンタルモデルからゲーム中の行動と結果を振り返ることによって得られた学び。それを現実世界と紐づけて考えることによって座学では得られない腹落ちがあります。まぁ、難しいことは今は置いておいて、とにかく楽しんでください!”

 

上記の言葉をお伝えしたとしても、消極的な場になったり、消極的な参加者が多くいることはあり得ますが、積極的になっていない場(または、積極的になっていない受講者)を鼓舞することはしないです。

 

なぜなら、参加者の方々に対して、積極的ではない状態から作り上げられる行動や出来事をそのまま見つめて振り返ってもらうことが重要であるからです。

 

ちなみに、積極的ではない場があったり、積極的ではない人が一定程度混じっているのは、ゲームも現実も同じです。ファシリテーターとして「参加者がゲームに積極的になってくれない……」という悩みに拘り過ぎる必要はないと思います。

 

<回答その2>

こんにちは、亀井です。

 

私の場合は、参加者の方々が「自分で選んでもらえる機会」をなるべく増やす、ということをやっています。例えば…

 

・座席の場所を自由に選んでもらう
・名札の名前は自由に書いてもらう
・仲の良い方同士でいらっしゃった時には、一緒にいるか離れるかは本人に任せる
・休みたい時は自ら周囲の人に断って休みを取ってくださいと伝える
・周囲の人との間隔で、居心地が良いと感じる距離をとってもらう(自分で動いてもらう)

 

などです。

 

主体的に選択していくことに慣れていっていただくことと、この場には自分にとって自由がある場であること、そこを場づくりから伝えていきたいと考えています。

 

また、竹田さんの回答と近いのですが、私も参加者を煽るようなことはしないです。「頑張ってください!」も言わない。疑似的な世界の中ではおのずと起こることが起きるので、積極的であろうがなかろうが、特に気にしません。

 

「頑張ってください!」というと「あ、これは頑張らなきゃいけないんだ」となってしまいますよね。その時点でその人自身のいつもの姿が失われてしまうと考えています。

 

いつもの自分自身を改めてふりかえってみると、その時にその方が意識していないことが認識できるようになります。客観視した自分自身を発見するところから、人の変容は始まっていくものと捉えています。

 

 

PD NewsLetter のご案内

私たちプロジェクトデザインは、ビジネスゲーム研修のメーカーとして、ニューノーマルな働き方の中で必要になるオンライン研修を開発・提供しています。

 

私たちが、どのような考えのもとにどんな研修を開発・提供しているのかについては、PD NewsLetter にて適宜情報発信をさせていただいております(第2・第4水曜の月2回配信)。

 

宜しければ、ぜひご購読くださいませ(購読は無料です)。

 

<PD NewsLetter の購読はこちら>

PD_NewsLetter_バナー画像

 

 

 


ビジネスゲーム体験会・関連情報

PAGETOP

お問い合わせ・ご相談はこちら