ブログBLOG

リモートワークに向く組織文化とは?(ビジネスゲーム開発日誌)


 

企業の特徴を伝えるビジネスゲームを作る際に「当社らしさとは何か」ということが議論になることが多くあります。

 

議論の中で「うちっぽいよねー」「ウチの文化なんですよね」のように少し曖昧な言葉で表現される『社風や風土、組織文化』を丁寧に言葉で定義し、表現の方法を考える。これはビジネスゲーム制作における重要なプロセスです。

 

リモートワークの時代になり、以前にも増して『組織が持つ文化や風土』が業績に及ぼす影響が大きく なってきているな、と感じます。

 

組織が持つ文化や風土は、一般的に、下記の6項目によって育まれ、強化されます。

 

1. リーダー(創業者の意志、トップの言動)
2. 歴史(エピソード、神話)
3. 人事制度
4. 採用
5. 儀式
6. 社内用語

 

人事部門は1と2を除く、全てに関与できます。リモートワーク時代に『適した組織文化』を作っていくことは人事のひとつの使命にもなってきました。

 

リモートワークに向く組織文化とはどのようなものでしょうか。

 

おそらく、物理的に離れた環境に居ても、プロフェッショナルとして自分の責務を果たすという気持ちは大切になるでしょう。また、チームでする仕事が多くなるわけですから、チーム、ひいては会社の成果に貢献したい気持ちも大切になってくると思われます。

 

一方、チーム全体の動きは可視化されやすくなるため、レポートラインの重要性は下がるかもしれません。組織はフラットに近づき、機動性の高いタスクフォースとそれに責任を持って承認を出す役員で構成される必要があります。

 

パフォーマンスに対して、何をもってリターンとするかも変わります。

 

給与ではなく、 社用車や役員食堂といったものから階層構造を重層化することで(身分の差をつけることによって)生み出していた社員満足や向上意欲はまさに有名無実化するでしょう。

 

それよりは、仕事そのものの「価値」「楽しさ」「つながり」といった内発的動機を引き出していくような組織文化の醸成が求められることになりそうです。

 

私たちは現在、オフラインで提供していた『人事制度ゲーム』のオンライン化を進めています。 人事制度ゲームは組織文化を強化する6項目のうち、1及び3-6の重要性がよく分かるゲームとなっています。来月には体験会のご案内もできるかと思います。

 

また、すでにリリース済の『働き方改革ゲーム Online』はリモートワークの時代に組織文化を見直し、強化するきっかけを掴むのに使えるゲームでもありますので、まだ体験していない方は、是非ご参加ください。

 

体験会日程はこちら

 

株式会社プロジェクトデザイン

代表取締役 福井信英

 

 

PD NewsLetter のご案内

PD NewsLetter とは私たちプロジェクトデザインの活動報告です(PD は Project Design の略称)。

 

ビジネスゲーム研修のメーカーとして、社内に研修講師を擁する研修会社として、ビジネスゲーム研修の公認ファシリテーター養成機関として、私たちがどのような取り組みを進めているのか?

 

PD NewsLetter の配信(第2・第4水曜の月2回配信)を通じて皆様とのより良いパートナシップを築きたいと考えております。今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 

<PD NewsLetter の購読はこちら>

PD_NewsLetter_バナー画像

 

 


ビジネスゲーム体験会・関連情報

PAGETOP

お問い合わせ・ご相談はこちら