ブログBLOG

【NEWS】ビジネスゲーム「SDGsアウトサイドインカードゲーム」のご紹介


ビジネスゲーム「SDGsアウトサイドインカードゲーム」のご紹介です。

 

 

アウトサイド・イン(Outside-In)とは、2015年9月に国連サミット採択されたSDGs(持続可能な開発目標)のビジネス指南書「SDGコンパス」にも記載されている公式のビジネス用語です。

 

この場合、アウトとは「社会」を、インは「企業や組織」を意味します。これまでのビジネスアプローチは、企業が自社の製品・サービスの強みを生かしてマーケットを開拓するプロダクト・アウト(Product-Out)や、市場のニーズに合わせて製品・サービスを開発するマーケット・イン(Market-In)が主流でした。

 

アウトサイド・インは、このマーケット・インのベクトルを伸ばすことで、顧客のすぐ後ろにいる「社会のニーズ」に応えようというものです。つまり「社会課題の解決を起点にしたビジネス創出」を意味します。

 

この「社会課題の解決を起点にしたビジネス創出」をテーマに、ビジネスの文脈でSDGsに取り組むことを学ぶ場としてビジネスゲーム「SDGsアウトサイドインカードゲーム」が生まれました。

 

ビジネスゲーム「SDGsアウトサイドインカードゲーム」とは

ゲームの概要

ビジネスゲーム「SDGsアウトサイドインカードゲーム」は各チームが手元にある資金(カネ)や資源(モノ)を使って新事業を創造・拡大することで、社会課題の解決と利益拡大を目指していただくゲームです。

 

※ゲーム終了時の資金の多寡によって順位が決まります。

 

ゲームの特長

学びを深めるための工夫

チーム対抗で資金総額を競い合うため、ゲームが盛り上がりやすく熱狂が生まれやすい。だからこそ、個人(や組織)のメンタルモデルがゲーム中に表出します。

 

このメンタルモデルが、ゲーム中に特定の行動パターンに陥らせることになり、ゲームの結果として顕になります。

 

ゲームから生じる熱狂と、そこから生じる素の自分。これを現実世界に置き換えることで「社会課題の解決と会社の成長を同時に達成するにはどうすればよいか?」について気づきを得ることができます。

 

・詳細:ビジネスゲーム「SDGsアウトサイドインカードゲーム」|株式会社プロジェクトデザイン

 

ビジネスゲームとは

プロジェクトデザインが開発・提供させていただいているビジネスゲームは、ゲームを通してビジネススキルや思考の成長を促すロールプレイング型の社員研修です。

 

実際の経済活動、ビジネスを誰でもどんな業務にでも挑戦できるように『モデル化』したゲーム形式のロールプレイング研修のため、普段はリスクを感じて躊躇してしまうような、奇抜で独創的なアイデアとアクションにも気軽にチャレンジし、成功体験を獲得できます。

 

ゲームを通じてこの体験を経ることで受講者は『自信のある振る舞い』を身につけ『リーダーシップや主体性』の成長が促されます。また、ビジネスゲームは複数人で『コミュニケーション』を取りながら行うので、ゲームの参加者がお互いの性格や長所への理解を深め、その上で打ち解けあった関係を築くことができます。

 

・詳細:ビジネスゲームとは|株式会社プロジェクトデザイン

 

 


ビジネスゲーム体験会・関連情報

PAGETOP

お問い合わせ・ご相談はこちら