ブログBLOG

【NEWS】ビジネスゲーム「The 介護」のご紹介


ビジネスゲーム「The 介護」のご紹介です。

 

 

介護事業は、少子高齢化の状況にある日本において今後も増える事こそあれど減る事は考えられません。言うまでもなく、介護という事業は重要です。そんな中、介護の現場では仕事や職場に関する様々な悩みを抱えている方々が多数いらっしゃいます。

 

ビジネスゲーム「The 介護」は、介護現場で懸命にお仕事をなさっている経営者および介護スタッフの皆様の多種多様なお悩みを解決し、日本の介護環境を底上げする目的で開発されました。

 

介護事業の施設責任者や経営者、介護現場のスタッフの方々が、自分たちの現場を一歩離れてゲームを通じて互いの仕事を体感できる内容となっています。

 

ビジネスゲーム「The 介護」とは

ゲームの概要

ビジネスゲーム「The 介護」は、地域や施設で暮らす高齢者の方が「その人らしく穏やかに過ごせる」ように、どのようなサポートができるかを考える介護施設の運営シミュレーションするゲームです。現場の昼ローテーションチームと夜ローテーションチーム、そして、経営チームの3チームで1つの介護施設を運営します。

 

介護施設の利用者や、そのご家族からの情報を元に、限られた介護現場の人手の中で利用者様への介護サービスを選択・実施。後のローテーションチームへの引継ぎも必要で、現実と同様に、その際の情報伝達や経営チームとのコミュニケーションが、利用者様の満足度と介護施設の運営品質に直結します。

 

ゲームの特長

1. 専門家が企画・開発に関わっている

ビジネスゲーム「The 介護」は、介護の現場経験者や介護現場の方々向けの講座提供者からの情報を元に開発されました。

 

介護施設の方々が違和感なくゲームに熱中いただける内容となっているため、受講者は「素の自分」の状態でゲームに取り組まれます。「素の自分」の状態での言動は、ご自身でも受け止めやすく、ゲーム実施後の振り返りや現実との接続演習において、内発的動機づけを伴った行動変容に繋がりやすくなっています。

 

2. 学びを深めるための工夫

ビジネスゲーム「The 介護」では、現場の昼ローテーションチーム・夜ローテーションチーム、そして、経営チームの3チームで1つの施設を運営します。現実と同じように組織の分断を作ることで、ゲームの中でも現実と同じ問題や課題が自然と出てきます。

 

この問題や課題に適切に対処する施設もあれば、逆に、問題や課題を大きくしてしまう施設も同じゲームの中で出てきます。ゲーム実施後の振り返りで「何故その違いが生じたか」をゲームで起きた事実(言動)を元に振り返ることで、現実の介護施設現場・運営に活きる実践的な気付きや学びを得ることができます。

 

・詳細:ビジネスゲーム「The 介護」|株式会社プロジェクトデザイン

 

ビジネスゲームとは

プロジェクトデザインが開発・提供させていただいているビジネスゲームは、ゲームを通してビジネススキルや思考の成長を促すロールプレイング型の社員研修です。

 

実際の経済活動、ビジネスを誰でもどんな業務にでも挑戦できるように『モデル化』したゲーム形式のロールプレイング研修のため、普段はリスクを感じて躊躇してしまうような、奇抜で独創的なアイデアとアクションにも気軽にチャレンジし、成功体験を獲得できます。

 

ゲームを通じてこの体験を経ることで受講者は『自信のある振る舞い』を身につけ『リーダーシップや主体性』の成長が促されます。また、ビジネスゲームは複数人で『コミュニケーション』を取りながら行うので、ゲームの参加者がお互いの性格や長所への理解を深め、その上で打ち解けあった関係を築くことができます。

 

・詳細:ビジネスゲームとは|株式会社プロジェクトデザイン

 

 


ビジネスゲーム体験会・関連情報

PAGETOP

お問い合わせ・ご相談はこちら