インターンシップや採用活動へ、ビジネスゲームの活用

2017年現在、就職活動市場は完全な売り手市場と言われています。
しかも「就活にインターネットを使うようになってから、初めて迎えた売り手市場」なのです。
その状況ではこれまで日本の採用業界が体験したことのない2つの問題が生まれました。


一つはご存知の通り、内定の辞退です。
高度経済成長やバブル期にもあった、好景気ではよくある問題だと思われるかもしれません。
ですが、この内定の辞退という問題はバブル期に体験したものとは本質的に異なるのです。
 

 
かつての内定辞退は、単純に売り手側である就活生が自分にとって好条件である方を選んでいました。
高給与であったり、高待遇であったりする会社を選んでいました。
しかし、情報社会では就活生が注目するポイントはそれだけではなくなりました。
「この会社で、自分らしさを出せるか」という着眼点を就活生が持つようになったのです。
 
今までは「入社後にどのように働いている姿をイメージしてほしい」というのは企業側のニーズでした。
ですが現在は就活生側に「入社後に自分の働いている姿をイメージしづらいから、もっとしっかり伝えてほしい」というニーズが生まれているのです。-もしかすると、かつての就職氷河期に企業が抱えていた不満も、実は企業側の伝達不足にあったのでしょうか-
 
どうやって同業他社や他業種と同種部門と差別化して、自社の魅力を伝えるか。
この問題が多くの採用担当者と広報担当者を悩ませています。
ともに企業の業務内容、自社独自の魅力を就活生にハッキリとイメージできる形で伝えられていないことに原因があります。
知ってもらえていないから、就活生は待遇や社会的知名度などの上っ面しか判断材料がなく、内定辞退に繋がるのです。

もう一つの問題は、就活生が自社に見合った人材かを見極めることの難易度が増していることです。
内定辞退を想定し必要数より多くの内定を出さなくてはならない都合上、選考を受けてもらう就活生の人数も増やさなくてはなりません。
ですが選考参加人数が増えることは、一人ひとりの就活生と向き合う関係性の構築とトレードオフなのです。
 

 
本当に自社に来て欲しい人材を見極めることができているのでしょうか?
「学生の素顔が見えない」とお悩みではありませんか?
企業側も「内定を出した就活生が入社後にどのようで自社で活躍してくれるか」をイメージすることが難しくなってきているのです。


ここまで読んでいただき、ありがとうございます。
2つの問題は実は同じ原因を抱えていることに、もうお気づきのことでしょう。
そう、「入社後に就活生がどのように働くか」を誰もイメージできていないことが本当の原因なのです。
 
その「入社後」を誰もがイメージできるためのツールとして、ビジネスゲームがあります。
ビジネスゲームは、実際の業務を再現し、数時間で自社業務を体験してもらえるシミュレーションゲームです。
業務をシンプルな構造で再現しているため、就活生にも採用担当者にも「入社後にどのように働くことになるか」が簡単に分かるのです。
ビジネスゲームでは、ゲームだからこそ、その人の人柄が明確に見えます。正解の行動が存在しないため、等身大の自分で勝負するしかないのです。
そのため、就活生と採用担当者がお互いを知る機会としては打って付けなのです。

最も成功した事例の一つとして、弊社がトヨタ自動車さまに納品させていただいた「TOYOTA Global Imapact」があります。
それまで、トヨタ自動車さまでさえ、内定の辞退率が問題になっていました。
ですが、「TOYOTA Global Imapact」を就活生に体験してもらうことで、大幅に他企業と差別化して自社独自の魅力を伝えることができ、内定承諾率を大きくカイゼンできたのです。

採用活動のコスト・パフォーマンスの改善

多くの企業さまで「内定辞退を見越して、本来必要な人数より多くの内定を出している」というお話を伺います。
また選考課程では多くの就活生に、外注の選考プログラムを受けてもらうために、外注費が膨れ上がっているとも伺っています。
 
さて、皆様が普段お読みのビジネス書のビジネス書には、こんなことが書かれていませんか?
「コストを抑えつつもリターンを大きくし、投資対効果を改善すべきである」
「成果が低いと分かっている投資は、避けるべきである」
「企業を大きくするためには、外注部分を内部で行えるようにし、固定費とするべきだ」
採用活動ではこのビジネス書で推奨されている方法を採ることができていないのではありませんか?
理屈ではそうした方が良いと思いつつも、もっと良い解決策が見つからないから、次善の策として仕方なく費用を掛けていませんか?
 
「採用活動の費用を抑える」
「採用人数はしっかりと確保する」
両方を行えるソリューションとして、ビジネスゲームをご紹介します。
 
ビジネスゲームは一度制作すれば、何度使っても完全に自社のプログラムです。外部に支払う費用が追加で発生することはありません。
また自社の魅力と具体的な業務内容をしっかり伝えることで、採用人数の確保、内定承諾率のアップの効果も見込めます。

ビジネスゲームの代表例「The 商社」

今回の体験会では「実社会のビジネスをビジネスゲームは再現できている」ことを実感してもらうため、プロジェクトデザインで最も使用されているビジネスゲームである「The 商社」を実施します。
まずはご自身でビジネスゲームを体験して、ビジネスゲームの魅力と実力をご確認していただければ幸いです。

ビジネスゲーム「The 商社」について

経営の3大資源である「ヒト・モノ・カネ」を表現しています。「モノ」や「カネ」が表現されたカードを組み合わせて、チームメンバー(「ヒト」)と協力しビジネスを設立させ、資金と固定資産を増やしていきます。自分たちのチームだけではビジネスの設立は不可能です、他チームとの交渉やコミュニケーションを通じてビジネスを設立してください。


各チームには上図の様な赤いビジネスカード青い資源カードを配布します。これらは他のチームとの交渉によって、自分たちのチームに必要なカードを手に入れます。まずは他のチームがどんなカードを持っているのか、マーケティングリサーチを行い、リサーチ結果をチームメンバーと情報共有し、交渉を行うか判断します。他のチームとの交渉では、お互いが 「Win-Win」 になるような提案を行う必要があるでしょう。もちろん、お金の管理もビジネスでは重要になってきます。実際に交渉が成立し、ビジネスを設立することができて初めて資金と固定資産を手に入れることが出来るのです。
このようにTHE商社では、仕事を行う上で必要な力をゲームと、ゲーム後の振り返りを通して学ぶことができます。ゲームの結果と、チームメンバーからのフィードバックによって自分の強みや弱みを認識することができますし、チームとして仕事をしていく際に必要な役割分担、情報共有の重要性を学ぶことができます。

「The 商社」の詳しい案内はコチラ
株式会社タニタ様での実施事例紹介

体験会日程

●日程/2017年10月6日(金)
      2017年10月11日(水)
      ※日程による内容、時間、会場、料金の違いはございません。
●時間/13:30 ~ 17:30 (受付13:15~)
●会場/株式会社クイック セミナールーム
●住所/〒107-0052 東京都港区赤坂2-11-7 ATT新館3F セミナールーム
●交通手段/東京メトロ銀座線 溜池山王駅より徒歩5分(直結)
         東京メトロ南北線 溜池山王駅より徒歩5分(直結)
         東京メトロ千代田線 国会議事堂前駅より徒歩7分(直結)
         東京メトロ丸ノ内線 国会議事堂前駅より徒歩7分(直結)
         東京メトロ千代田線 赤坂駅より徒歩7分
●講師/株式会社プロジェクトデザイン 代表 福井信英
●対象/企業の採用・研修担当者
●料金/無料
●主催/株式会社プロジェクトデザイン、株式会社クイック

 

 

会社名*
参加者名*
電話番号*
メールアドレス*
参加希望日時*
【11月 6日(月)13:30-16:30】「The 商社」体験会(静岡市駿河区)別日程を希望 (新しい日程が決まり次第ご連絡します)
その他質問事項
弊社からの News Letter が不要の方はチェックを入れてください