事例紹介セミナーについて

株式会社プロジェクトデザインでは、これまでインターンシップやセミナーで用いる体験型のグループワーク、ビジネスゲームを50以上製作し、導入してきました。
これらの企業さまに導入させていただいたビジネスゲームの内のいくつかを紹介し、実際に企業さまでご利用中のビジネスゲーム体験の場を設けます。ビジネスゲームを紹介・体験していただきながら、実施の効果や注意点、予算別導入方法等に関して製作者であるプロジェクトデザインの代表、福井自らお話させて頂きます。

導入実績

トヨタ自動車オムロン株式会社ファミリーマート株式会社
株式会社ジューテック株式会社島津製作所株式会社リクルートコミュニケーションズ
株式会社DMM.com ラボ株式会社オスカーJJ東京海上日動システムズ株式会社
株式会社シェイク豊島株式会社富士フィルムメディカル株式会社
凸版印刷株式会社オリックス銀行株式会社富士通エフ・アイ・ピー株式会社

(他多数)

これらの企業さまに導入させていただいたビジネスゲームの内のいくつかを紹介し、実際に企業さまでご利用中のビジネスゲーム体験の場を設けます。

事例紹介セミナーの内容

◯どんな説明よりも伝わる「体験」
人事採用分野で課題となるのは「いかにして自社の魅力や、仕事の内容を具体的に伝えるか」です。現在の主流となっているのはパワーポイントや映像を利用した事業内容の説明、先輩社員の話、ワークショップなどです。
ですが、それらを上回る訴求力を持ったツールとしてビジネスゲームが新しい潮流を生み出しています。本格的なビジネスのシミュレーションは、業務を仮想体験できます。ビジネスゲームを用いることで、経験を積んだ社員しか味わえないはずの仕事の醍醐味を志望者に体験してもらうことができるのです。伝達された情報のみでは伝えきれない「学びや気づき」を体験を通じて知ってもらえるのです。

◯企業理解に留まらない、ビジネスゲームの様々な副次効果
ビジネスゲームには企業や業務を理解する以外にも、様々な副次効果があります。
・ゲームプレイによって、参加者間の交流が飛躍的に増え、企業説明会が楽しくなる。
・単純な知識ではない体験であるため、記憶に残りやすい。
・業務に対する適正や興味を、本人も会社も、明確に感じることができる。
・総じて説明会が好印象で終わるので、次のステップへの志望度が高まり、志願者が増える。
・一度導入すれば毎年利用できるので、長期的な説明会のコストを下げられる。

実施日時・場所

●日程/2016年7月26日(火)09:30-12:00
●会場/エル・おおさか 本館5F 504会議室
●住所/大阪府大阪市 中央区北浜東3−14 大阪府立労働センター本館5F
(北浜東郵便局の隣のビルです。)
●アクセス/京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m、京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m
●料金/1,000円