ゲームであるから、チームビルディング研修に使いやすい

ビジネスゲーム「The 商社」を利用したチームビルディング研修の様子

ビジネスゲーム「The 商社」を利用したチームビルディング研修の様子

チームビルディング研修としてビジネスゲームを採用することができるのはゲームという非日常的な世界を演出することで、現実の問題から一旦距離を置くことができるからです。現実のビジネスにおける問題が発見し辛い原因の一つは、日々の業務に追われてしまうために、あまりにも近視眼的になってしまうためです。つまり問題の一部は見えても全体像が見えないので、問題の本質に気づくことができなくなるのです。
 
ビジネスゲーム研修は現実の問題から距離を置きつつも、ビジネスのシミュレーションができるので、問題の本質に迫りやすいのです。特にチームビルディングという観点からビジネスゲーム研修を見ると、次の3つのポイントを備えているので、「チームビルディング研修にビジネスゲームは適している」と結論付けられます。
 
 

ビジネスゲームがチームビルディングを実現する3つの要素

1)シミュレーションの体験を共有できる
ビジネスゲームは実際のビジネスをカードゲームやコンピューターゲームに落とし込んだ、経営シミュレーションです。市販されているエンターテイメントのためのゲームとの大きな違いは、ビジネスゲームでは他者と協力し、お互いの能力を引き出すことが鍵になっていることです。このため、研修の参加者には「他人を倒そう、蹴落とそう」という発想ではなく「お互いがベストを尽くせるようにしよう」とするWin-Winのマインドを伝えることができます。
 
こうしたお互いに協力しあう体験を共有することは、参加者の間に連帯感を生みだします。連帯感、つまりは「自分たちは同じ目標のために協力し合う仲間なのだ」という認識はがチームビルディングの基盤ですよね。ビジネスゲーム研修はその土壌作りができる環境を提供します。
 
 
2)同じ条件で、平等な立場になれる
シルエット_チーム_mini先ほど『ビジネスゲーム研修は現実の問題から一旦距離を置くことができる』と書きました。その理由はビジネスゲームの世界では現実の社会での参加者の役職や立場から開放されるためです。社長でも新入社員でも、ビジネスゲームでは同じ立場の一参加者になります。また、研修実施の際には講師側がクライアントである人事担当者さまと相談して参加者のチーム分けを行い、チームに偏りが無いように工夫します。とあるチームには営業の得意な参加者ばかりが集まり、とあるチームには資産管理が上手い参加者ばかりが集まるような状態を避け、チームの人材を平滑化します。
 
このように、普段の業務とは異なる役職で、普段の業務とは異なるビジネスに臨むと、どうなるでしょうか?上手くチームビルディングを行うことができれば、自分の能力を最大限に発揮できるポジションにつくことができます。始めはビジネスゲームのルールに馴染むことにも難を感じる参加者もいらっしゃいますが、研修が進んでいくとビジネスゲームにも慣れていき、「チームのために自分は何をすべきなのか」を考えられるようになります。すると自然に-あるいはリーダーシップを取れる人が指示した役割分担により-各参加者は自分自身の長所を活かした役割、ポジションを発見します。
 
もちろん、チームビルディングに失敗してビジネスゲームでは大敗してしまうチームも出てきます。ですが、それはそれで良いことなのです。肝心なのは、その失敗から学びを得られるかどうかなのですから。目標はビジネスゲームの勝利ではなく、研修を通じてチームビルディングについて学ぶことなのです。
 
 
3)実際のビジネスにフィードバックを与えられる
シルエット_フィードバック_mini『チームビルディング研修で盛り上がり、その場の雰囲気は良くなったものの、職場に戻ると元通りになってしまった』というのはチームビルディング研修の典型的な失敗例です。この危険性はビジネスゲーム研修でも講師が運営を誤ると起こりうる事態です。いわば「研修がやりっぱなしになっている」状態です。
 
例えばビジネスゲーム研修を始めとするチームビルディング研修では、あらかじめ全員に共通のゴールが設定されています。ですがゴールの共有は実際のビジネスでは「暗黙の了解」や「暗黙知」となってしまっていることが多々あります。その「暗黙」であり明文化されていないため、ゴールがチームの一人一人の中では異なるという事態に発展します。ビジョン、戦略、価値観でも同じ問題が発生します。チームビルディング研修ではどのような工夫をすれば終了後にも学びが残り、参加者の成長、組織開発に繋がるでしょうか?
 
「研修をやりっぱなしにしない」ためには、きちんとした研修講師による、研修からの気づきと学びの提供が必要となります。そのためにビジネスゲーム研修では、研修後に講師からの問いかけを通じて参加者自身に考えてもらう時間を用意しています。コーチングのような、質問と対話を通じて参加者が自発的に考えられる技法です。これに研修講師からのチームビルディングについての講義を組み合わせることで、ビジネスゲーム研修での気づきと学びを実際のビジネスへのフィードバックに変え、参加者の翌日以降のビジネススタイルを改善します。
 
では先述の「暗黙の了解」という問題はどのように解決されるでしょうか?多くの研修で参加者自身の口から「ゴールへ至るための戦略を共有して、全員が努力していた」という振り返りが聞かれます。この時、参加者は「戦略をきちんと共有する」ことの大切さを、実体験から理解できています。この参加者の回答に一歩踏み込んで「では、普段の業務ではビジネスゲームとどう違いますか?」と聞けば、「暗黙の了解」の問題が発生しているかどうか、参加者がセルフチェックを行えるようになります。
 
 
なお、チームビルディング研修を「やりっぱなしにしない」ために行っている問いかけの具体例としては、コチラのブログを参照ください。
チームビルディングの研修効果を高める4つの問いかけ
 
 
このように、チームビルディング研修にビジネスゲームを用いることは多くのメリットがあります。ぜひ導入をご検討ください。
 
 

ビジネスゲームを使ったチームビルディング研修

達成感を共有できる「The 商社」

 

PDCAサイクルを学べる「The Team」


研修事例紹介
株式会社リクルートキャリアさま
パナソニック デバイスエンジニアリング株式会社さま
株式会社タニタさま
富山商工会議所青年部さま
富山新川青年会議所さま
※クリックすると、個別ページへジャンプします。



納品実績
・トヨタ自動車さま
TOYOTA Global Impact
(トヨタ自動車の公式サイトにジャンプします。)

・オムロンさま
+Action omron(営業職向け)
+Think omron(技術職向け)
(オムロンさまの公式サイトにジャンプします。)



お問い合わせ

電話メール
必須会社名
必須担当者名
必須電話番号
必須メールアドレス
必須お問い合わせ件名
必須お問い合わせ内容

弊社からの News Letter が不要の方はチェックを入れてください



ライター:【一等兵】竹島雄弥
富山県立富山中部高等学校卒業
東京大学農学部環境資源科学過程生物・環境工学専修卒業
大学卒業後、ふるさと富山に帰郷。プロジェクトデザインに新卒で入社。主に研修コンテンツのロジック開発および、研修用に使用するエクセルのマクロを構築している。またWebマーケティングも担当しており、サイトの管理運営、テキストの製作を行う。大学時代には地球環境問題を積極的に学び、その中で学んだ「俯瞰的視点」「論理的思考」「系をモデル化する思考方法」「情報技術」などを活かして活躍している。
事務所内でのもっとも重要な仕事はおいしい紅茶を淹れることである。
 
Q:【一等兵】って?
A:ゲームこそ人生。社内ゲーム研修で決定された社内ランクです。
クリックすると社内ゲーム研修のブログ一覧が表示されます。