ブログBLOG

【新入社員の読書感想文2-10】働いているだけではダメ?『金持ち父さん貧乏父さん』実践③具体的な行動を始めるためのヒント

2014/08/04

金持ち父さん貧乏父さん「金持ち父さん貧乏父さん」

前回

実践③具体的な行動を始めるためのヒント

「少額でリスクのある資産運用を試してみる」ことをお金持ちへの第一歩として前々回にオススメした。
例えば少額での為替取引や株式の購入だ。損をして痛みを覚えるが、致命的なダメージにはならない取引を経験してみるのがいい勉強になる。実際に私も今は為替市場にポケットマネーで乗り出して、経済の動きを体感から学んでいる。

資産を築くにはとにかく動いてみないと始まらない。
そして、その活動が習慣的であることも要求される。
ロバート・キヨサキがビジネスで成功するために習慣として行っていたことを参考までに書き上げていく。
お気に召したものを採用して、自分のビジネスに生かしてほしい。

○ファーストステップ
・いまやっていることをやめる
まずは「時間」という代替不可能な資本を手に入れなくてはならない。
職業としての稼ぎにも、ビジネスとしての収入にも貢献していない非生産的な経済活動はすっぱりやめてしまおう。
これまでの結果に不満があるのに、これまでと同じ手法を繰り返すのであれば、あなたは神の奇跡により救済されることを待っている敬虔なキリスト教の信徒さんなのだろうか?
私は救済を信じていないので、自分の無駄な行動にはキリステを心掛ける。

○インプット
・新しいアイデアを探す
今までと同じことをし続けて、今まで以上のものを得られることはない。むしろ手法が古くなり失うものも出てくるだろう。
イノベーション、創造的破壊が職業に求められるように、資産運用とライフプランニングにも改善が求められ続ける。
新しいアイデアに出会い、どんどん試してみよう。

・自分がやりたいと思っていることをすでにやりとげた人を見つける
先駆者からお知恵を拝借できれば、その人が通った道を見違えるような速度で進んで行ける。是非門戸を叩こう。

・講座に出席する、自習用のテープを買う
セミナーの情報は集めようと思えば簡単に集められる。探してみると、自分の興味深いテーマを、近場でしかも格安、時には無料で教えてくれるセミナーがかなりあることに驚かされるだろう。ここでこそ節約して溜め込んだお金と時間を遠慮なく使ってしまおう。かなり効率良く、資産家への道を駆け上がっていける。
私も上市町の雇用創造協議会が無料で提供してくれるセミナーに頻繁に参加している。まるで通い妻のようだ。

・ジョギング、ウォーキング、ドライブをする
健康のために。

というわけではない。
身近で起こった変化を敏感に肌で察知するためだ。注意してみると風景や人の流れが刻々と変わっていていることに気付く。
この変わり目にこそ価格の変動があり、ビジネスチャンスがあるのだ。

・歴史から学ぶ
資産家や大企業の歴史を紐解くと、ほとんど無一文から始まっていることの多いこと多いこと。今の私より遥かに貧しいのに、彼らはのし上がっていった。そして同じようなチャンスの原石が、気付いていないだけで、我々の前に転がる路傍の石コロの中に紛れているに違いないのだ。

○アクション
・株式を「バーゲン」で買う
これは勧めない。
要するに暴落した株式を買えということだが、経験の浅いものが急変した株に手を出しても火傷するだけだ。

・適切な場所でさがす
前回、良いブローカーにはたっぷりと支払うことを学んだ。もう一度同じことを言わせてもらう。
自分のビジネスを持っている、適切なブローカーを探そう!

・買い手を見つけてから売り手をさがす
ご存知の通り、まとめ買いは賢い買い方だ。
だから、欲しいものがある時はまとめ買いできるように状況を整える。
自分と同じものを欲しがっている仲間を探し、彼らと一緒に買うことで値引き交渉に繋げるのだ。仲間、その次に交渉相手の順だ。

・オファー(買付申込)をたくさんする
とにかくトライ、トライ、トライ。トライの3乗だ。
無茶と思えるほど自分に有利な条件で買付注文をしよう。下手な鉄砲と同じで、売り主の中にはその条件でも受けてくれる人がいる。
ただし、ごく稀な話だ。大概は拒絶される。だが、そこにどれほどの損失がある?言うだけならロハだ。
大学時代に遊び人の友人がこう言っていた。『ナンパを成功させるコツは、めげない心を持つこと』だと。
買付注文も、どんどん無茶なトライをしてみて、ごく稀な当たりを引ければそれでいいのだ。

色々な習慣を見てみたが、なんにせよ、楽しんで資産運用をしていこう。
ライフプランは苦しみながら進めるものではない。楽しみながら稼ぐ道というのが、よくよく探せばあるものなのだ。

ライター:竹島雄弥
富山県立富山中部高等学校卒業
東京大学農学部環境資源科学過程生物・環境工学専修卒業
大学卒業後、ふるさと富山に帰郷。プロジェクトデザインには新卒で入社し、主に制作するコンテンツのロジック開発および、開発したコンテンツのシステム化、webマーケティング等を中心に担当。
事務所内でのもっとも重要な仕事はおいしい紅茶を淹れることである。


ビジネスゲーム体験会・関連情報

PAGETOP

お問い合わせ・ご相談はこちら