「遊び×学び」

「遊び」と「学び」の両立。
これが株式会社プロジェクトデザインのモットーになります。
一見すると、「遊び」と「学び」は相反するものに見えるかもしれません。
「遊び」は一時的な昂揚感のみをもたらし、「学び」には真摯に気を張り詰めて臨まねば定着しないと考えがちです。
しかし、実は自然界には「遊び」から「学ぶ」ことは多くの事例が実際に存在しているのです。
例えば、ネコ科の生き物は幼いころに兄弟とじゃれ合うことで、狩りの基本を学んでいます。
また、近年では、バーチャルのレースゲームのプレイヤーが現実でもレーサーとしてデビューしたルーカス・オルドネスの例もあります。
『たかが遊びで得られるものはない』『勉強は苦労するもの』という先入観は世界を大きく狭めているのです。

行き詰まった狭い世界に風穴を開け、突破口としましょう!
その先には愉快なステージが待っています。

プロジェクトデザインは、それを叶えるツールやプラン、そして情報を提供していきます!

このブログでは、担当の竹島の日々の「遊び」から得た心躍る「学び」や「考察」を書き綴っていきます。