Googleアナリティクスの穴埋め致す

ここに注目Webマーケティングでまず気になるのが「サイトの来訪者数」。まずは人が集まらないことには始まりません。
続いて「PV数」や「滞在時間」「直帰率」が注目点です。来訪者が多くても『お前には失望した。もう期待はしない』などと思われてしまう内容では商売になりません。また、そのような低品質なサイトは検索エンジンからの評価も下がり、サイトの来訪者も減ってしまいます。
 
 
逆に言えば『このサイトは凄いですよ』とコメントしてもらえるほどの内容であれば、サイトの評価が高まり来訪者も増えていきます。つまりコンテンツ・マーケティングです。
そのため「どんな内容であれば、顧客に評価されるのか」を知ることが、マーケティングの基本であり奥義になります。
 
それを知るためのツールの筆頭が「Google アナリティクス」です。上記の「来訪者数」や「PV数」を測定してくれるだけでなく、問い合わせをした顧客の流入口や問い合わせまでのサイト内のフローも記録しておいてくれます。Webマーケティングは「Google アナリティクス」が教えてくれる数字のどれかをKPIとし、その改善を心掛けるところから始まります。
 
ですが、残された問題が一つ。
この「Google アナリティクス」が教えてくれるのは結果だけだということです。サイト上の課題を発見できても、なぜその現象が起きているのかは推測の域をでないのです。
教えてくれ。私は後、何回ページの改善方針をボツにすればいい?何円リスティング広告の犠牲を出せば、試行錯誤から解放されるんだ?「Googleアナリティクス」は何も応えてくれない・・・
 
なぜ来訪者は見てほしいページを見てくれないのだろう?すぐにページを読むのを辞めてしまうのだろう?わからない・・・わからないな・・・
 

答えを知っている人に教えてもらおう、ユーザー本人に!

考えても分からないものは考えるな!素直に知っている人に聞こう。
今回はGoogle先生が教えてくれない。だからサイトを使っている人に直接聞くしかない。
しかしながら個人の力では「サイトの感想を聞かせてくれる、ターゲット層にマッチしたテストユーザー」を集めるのは非常に困難です。
 
そんなお悩みを解決してくれるサービスとして
「ユーザーテストExpress」
を導入してみました。
https://usertesting.jp/express
 
「○○を××したことがある人」という問いを設定するだけで、該当するテストユーザーを1日で集めてくれます。あとはそのテストユーザーの中から、プロフィールを閲覧してターゲット層に最も近い人を選ぶだけ。それだけでユーザビリティテストを動画で納品してもらえます。
 
さてさて、どのような結果になったでしょうか?
 

『それを聞きたかった』欲しかった情報がようやく知れた!

今回はテストユーザーを「【社内研修、企業研修】を【外注】したことがある人」という条件で集めてもらいました。次のように、1日で8人のユーザーが集まりました。
テストユーザー一覧
今回は『具体的な状況』と『最後に外注した時期』から、弊社の想定しているターゲットである「社員向けのスキルアップ研修を探している人事部」に最も近い方を選び、ユーザビリティテスト動画を作成していただきます。
 
 
テスト動画こんな感じで動画が納品されました。
テストユーザーが実際に「【社内研修、企業研修】を【外注】する」つもりになってサイトを閲覧していきます。その間、ずっとパソコンの画面は録画され、感じたことは次々に口に出してくれます。
 
好印象なポイントとして
・ビジネスゲーム研修という商品が目新しく、魅力的
・高めらるスキルがきちんと説明されており、研修でのスキルアップができそう
・「依頼の流れ」が丁寧に説明されており、きちんとした打ち合わせが期待できる
・「研修動画」や「体験者の声」が載っているため、信頼感あり
・目的・使用する道具や「ビジネスゲーム研修の流れ」が載っており、好印象
・デザインがシンプルで見やすい
などが挙げられていました。
これらはサイト作成時に狙っていたことなのできちんと狙い通りに情報がターゲットに伝わっていることを確認できました。
 
一方で、マイナスポイントもきちんと指摘されました。
・「実績紹介」ページが時系列に沿って紹介されているのがネガティブ
・今の会社で探している、基礎的なマナー研修などがない
・価格が見つけづらい
確かに「実績紹介」のページは社内の人間でさえ見辛いと感じており、改善すべき課題と判明していました。しかしどう改善したらいいのか分からなかったので、手を付けられなかったのです。
動画での意見
 
 
しかし!今回の動画ではっきりと、どうしてほしいのかを教えてもらいました!
『時系列順ではなく、自社の業界でも適用できる研修なのかを見つけやすくするために、業界ごとに紹介事例を整理してほしい』
なるほど。このページはただ事例がたくさんあれば信頼感が得られるものだと誤解していましたが、実際のユーザーは「自分がターゲットになっているのか」を確かめるために見ていたのですね。
 

さながら襟元を正すように

さっそく直していきましょう。
まずは乱れている見た目を、評価ポイントであった=自社の強みである「シンプルなデザイン」に合わせます。
改装1
大分よくなりましたが、まだ足りない。これは私に求められているものの全てを出し尽くしていません。
 
 
そして本題。
業界順にソートします。
改装2
意外と手間でした・・・
ですが以前とは比べものにならない見やすさです。
ユーザビリティテストでページ改善の方針をはっきりと見定められたからこそできた改善です!
 
 
一か月も経てば、このページへの評価が「Google アナリティクス」で数値的な結果として現れるでしょう。それが楽しみですね。
 
 
 
ライター:【元帥】竹島雄弥
富山県立富山中部高等学校卒業
東京大学農学部環境資源科学過程生物・環境工学専修卒業
大学卒業後、ふるさと富山に帰郷。プロジェクトデザインに新卒で入社。主に研修コンテンツのロジック開発および、研修用に使用するエクセルのマクロを構築している。またWebマーケティングも担当しており、サイトの管理運営、テキストの製作を行う。大学時代には地球環境問題を積極的に学び、その中で学んだ「俯瞰的視点」「論理的思考」「系をモデル化する思考方法」「情報技術」などを活かして活躍している。
事務所内でのもっとも重要な仕事はおいしい紅茶を淹れることである。

Q:【元帥】って?
A:元帥杖を賜った経緯についてはコチラ